今日はトモダチプロジェクトを陰で支えてくれるスタッフからの

新着投稿です。

 

 

彼女は、南相馬に「トモプロハウス」という、

杉並から南相馬にレッスンなどにいく講師達の

泊まる場所をつくってくれた女性です。

その他、東京にも来てくれて、一緒にミュージカルの制作の

細々としたお手伝いもしてくれました。

震災後、縁あって南相馬に移り住み、

縁あって杉並のこどもたちと「みんなのうた」で出会い、

繋がっていま、一緒に本プロジェクトに関わってくれている彼女。

こうやって、一人一人スタッフや仲間が繋がり合いながら、

本プロジェクトは前進していきます。

そんな彼女「さとこっち」の目線からの記事を、とくとご覧ください☆

 

 

 

 

<ワタシナンデ、ココニイルンダロウ?>

話せば日がくれてしまいますが、ハナシマスカ?キキタイデスカ?
ま、そこはどうでもいいので省きますけど…(笑)
ただ、楽しいから。

一番の理由があるとすれば、それだけです。


これは、南相馬と杉並の子どもたちが繰り広げるミュージカルです。
舞台にあがるのは、子どもたち。

 

 

 

だけれども、その周りにはそれをサポートする大人たちがたくさんいます。
去年よりずっと、多くの人たちが関わってくれています。
そして、今も増えていっています。
どこからともなく、、やって来ます?!(笑)

 

 

類は友を呼ぶ?
楽しい場所に集まるエネルギーや、人は、やっぱり「楽しい」を持っています。
だから、大変なことも多いけど、笑いが絶えません。
耐えられません?!かもしれません(笑)

 

 

 

どう楽しいか?
それは。。

来て見て、話して、触れて、感じてみて。
目で、耳で、手で、足をつかって…みて欲しいです。

どうぞ、それぞれの場所に行ける方は、どんなことをやっているのか?
遠慮なく確認しに行って見てください。

南組、杉組の稽古に参加してみてください。


 

「ほんとのトモダチになりたいんだ」

このミュージカルのテーマの言葉です。

 

 

子どもたちを通じて、ミュージカルを通じて、歌や、踊りを通じて…
生まれるご縁があります。
子どもたちだけじゃないんですよ。
ここに関わらなければ、出会うこともなかった人たちとの出会い。
歳も違う、住んでる場所も違う、仕事も、環境も全く違う。
何となく会社と家の往復をしているだけだったら、出会うことのなかった人たち。

 

 

 

 

 

会うべき時に、会うべき人に出会う。
そんな気がしている毎日です。
一週間、東京に行ってきました。
子どもたちのレッスンを見たり、商店会への募金箱を作ったり、ポスターやチラシの準備を手伝ったり
etc…

 

 

ひとつの舞台をつくりあげる為に、やることは山ほどあるのです。

たくさんの方々にお力になってもらいつつ、日々前進します。

 

 

まだまだ、私たちだけの力では足りません。
皆さまのお力も必要です。
そして、この活動を通じて、全国にトモダチが出来たら嬉しいなーって思ってます。

 


何でかわからないけど。。

 

トモダチプロジェクトに関わりながら、
ワタシイマ、ココニイルンデス。

 

笑ってる。
だから、それでいいと思って。

 


トモダチプロジェクト

南相馬事務所 兼トモプロハウス管理人
                                               

サトコ

 

新着情報一覧へ