こんにちは。3keys理事の三谷宏治です。3keysの取り組みを、ふだんは理事というかたちで応援しています。

 

でも、その応援の輪を、もっともっと拡げたい!みんなで子どもたちの未来を支えたい!補助金や一部の財源ではできないこともしていきたい!そう思っています。

 

このクラウドファンディングはそのための、素敵な仕組みです。3keysを持続可能な活動とするために、そして、いま困っている子どもたちが未来への扉を見つけられるように、ぜひ、ご参加ください。

 

今回、リターンにもなっている私の本の紹介をしておきます。

 


・『お手伝い至上主義でいこう!』(プレジデント社):子育ては有期・予算限定の人材育成プロジェクト。その目的は子どもの自立と幸せのハズ。親のすべきは過干渉でなく任せることと応援すること。

 

子どもたちには、いっぱいのお手伝いとヒマな時間、ちょっぴりのお小遣いを。それが自由な発想と決める力、行動力につながります。

 

 


・『親と子の「伝える技術」』(実務教育出版):ムリ・イヤ・ビミョーといった「ワンワード」でのコミュニケーションをやめ、「文章でお話をする」だけで、コミュニケーション力は劇的に上がります。

 

心が伝わり、気持ちが優しくなります。ケンカが減り、ふだんは仲よくないお父さんとの会話が増えたり……。『脱ワンワード』週間のワークシートとシール付き。他にも『1分間スピーチ』など親子でできる実践の書です。

 

 

 

・『ルークの冒険』(実務教育出版):小学高学年生以上が自分で読める、科学的思考を伸ばす本です。その基本は「座って悩まない」こと。

 

円柱を探せ、グラスや紙コップのカタチのヒミツなど、大人でも目から鱗のお話がいっぱいです。子どもと一緒に取り組みましょう。主人公はイワトビペンギンのルーク。彼には実は一族の将来を担った秘密のミッションがあるのです。

 

新着情報一覧へ