3x3バスケ女子プロチームを新設して能登に活気を呼びたい!

3x3バスケ女子プロチームを新設して能登に活気を呼びたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月31日(土)午後11:00までです。

支援総額

828,000

目標金額 3,500,000円

23%
支援者
49人
残り
48日
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月31日(土)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/3x3-noto?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

 

▼自己紹介

 

 

 ページをご覧くださりありがとうございます。石川県輪島市の合同会社Break through代表の谷遼典と申します『てて鍼灸整骨院』院長として働きながら、能登に3x3バスケ女子プロチームを作るべく奔走しています。

 

 私は中学校入学のタイミングでバスケットボールを始め、プレー中にケガをしたことがきっかけで鍼灸師、柔道整復師を目指し京都の大学へ進学しました。

 

(学生時代)

 

 2年間、金沢の整骨院に勤務した後、2016年に地元の輪島市門前町にて『てて整骨院門前店』を開業しましたが、2024年1月1日に発生した能登半島地震で自宅と職場が被災しました。

 

(被災前の店舗入口(左)・被災後の待合室(右上)・被災後の施術室(右下))

 

 私と妻、スタッフの3人で、約7年間診療し、本当に多くの患者さんに来院していただきました。これからも多くの方に来院していただき、多くの悩みを解消していきたいなと考えていました。しかし、被災したことで門前町のテナントは継続ができなくなり、約7年一緒に働いてくれたスタッフも引っ越すことになりました。門前町で移転先を探しましたが、無事な建物が少なく、住民が住む所もない状態です。長期で仕事ができないことは想像以上にしんどかったです。どうしたらいいかわからない中、ボランティアで避難所を回り、できる範囲での施術をしていました。そこでいろんな人と話しましたが、楽しい話題はほぼありません。体調や、この先の生活の不安を話す人がほとんどでした。それでも「来てくれてありがとう、再開したらまた行くわ」と本当に多くの方が言ってくれましたし、これまでは患者さんとして来院されたことがなかった方からも「再開したら行くね」という言葉をいただきました。私はやはり、この仕事を早く再開し、少しでも心身が楽になる人を増やしたいと思いました。それと同じくらい、能登全体で何か明るい話題があればいいなと考え、3x3プロチーム創設をすすめることにしました。

 

 1月の終わりころに、前職からの知り合いが、4月から空く予定のテナントを教えてくれました。店舗再開の目途がたち少し安心しました。再開までの間、少し時間があるので避難所へのボランティアや門前町商工会青年部での炊き出し、往診、シャンティ国際ボランティア会(SVA)で業務委託を受けるなど、普段はできないこともしていました。これもいい経験で、多くの人と知り合うことができました。

 

(門前町商工会青年部での炊き出し(上)

/シャンティ国際ボランティア会(SVA)での足湯介助業務(下))

 

 

 一度、整骨院をたたみ、5月に同じ輪島市内で移転してリニューアルオープンしました。

 

(新店舗外観(左上)・新店舗入口(右上)・新店舗受付前(左下)・新店舗施術室(右下))

 

 現在は、整骨院での業務のかたわら、3x3女子プロチームのオーナーとなって地元能登に活気を呼び起こすべく、日々奔走しています。

 

輪島高校に名称募集のチラシを持参

(チーム名募集のチラシを石川県立輪島高校へ持参した際に撮影)

 

 

(チーム名投票のチラシを地元のミニバスチームへ持参した際に撮影)

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 能登半島は少子高齢化が進み、統廃合で学校が減っています。石川県学校基本調査*1 によると、小学校は2013年65校から2023年は49校になりました。中学校は2013年29校から2023年21校になりました。減っている中でも、女子のバスケットボールは、ミニバスではレッドイーグルス、七尾ブルドッグ、輪島中学校、七尾中学校、日本航空高校石川、と全国大会に出場することもある強豪チームが多く存在します。七尾市から日本代表の赤穂ひまわり選手も輩出しています。

 

ミニバス

 

 それでも学校卒業とともに、燃え尽き症候群になる子どもがいるという現実があります。その子たちがずっとバスケを楽しむことができるように、去年からプロという進路の選択肢、目標、夢を作りたいと考え動き出していました。3x3バスケの利点として参入障壁が低いため、能登でスポンサーを募ることで運営してゆけるだろうと想定していました。

 

 そのように考えていた折、1月1日、能登半島地震が発生しました。

 

(震災前は釣り人でにぎわっていましたが、地震の影響で大きく段差ができています(上)

/震災の影響で飛び出たマンホール(下))

 

 練習場所が使えなくなった学校もあります。家の倒壊や家族の仕事の都合で、遠方に避難した家族もいます。数多くヒアリングを重ねてゆくなかで、これから地域のスポーツがどうなっていくのかという大きな不安があることが浮かび上がってきました。

 

 不安や悩みが多い中、プロチーム創設を1度はあきらめようかと考えましたが、バスケを通じて能登の人々に明るい話題を提供したいと考え、実行の段に移ることにしました。

 

*1 石川県 総務部 行政経営課 統計情報室,「いしかわ統計指標ランド」, https://toukei.pref.ishikawa.lg.jp/search/min.asp?sc_id=113

 

 

▼現状分析

 

 石川県にプロスポーツチームはいくつかありますが、ほとんどが金沢市周囲に集まっています。その理由は、一般的に、スポンサーになることができるほどの資金力のある企業が金沢市周辺に多いからだと考えられます。(参考:能登地方の企業数4,075社*2 なのに対して、金沢市内は企業数9,672社*3 と2.37倍もの開きがあります)また、金沢市から離れた地域にはプロ基準に適合する施設がないことも、現状、金沢市周辺にチームが集中している理由の1つだと分析しました。

 

*2 ツギノジダイ,「能登地方に本社のある企業は4075社 大手の生産拠点の一部も地震の影響」, https://smbiz.asahi.com/article/15103259

*3 上場企業サーチ,石川県金沢市の上場企業, https://j-lic.com/cities/172014

 

 

▼チーム設立へ向けての課題/問題点(カッコ内は当方の見解)

  1. 日本国内において3x3という競技自体の知名度が高くない。
     (→これから伸びてくる分野であるため、現状の知名度が低いのは致し方ないと思います)
  2. 10年ほど前と比べるとバスケは能登で人気が低迷している。
     (→このチームを作ることでバスケ人気を再燃させたいです)
  3. 地震の影響でスポンサーになってくれる企業が少ない可能性がある。
     (→まずはクラウドファンディングで資金を調達し、それ以外にも地元企業からスポンサーを募る予定です)
  4. 現時点では能登地方での練習場所が確保できない。
     (→3x3.EXE PREMIER規定により、チームの拠点と練習場所は離れていてもOKです)
  5. 地元選手を入れたいが現時点では候補者がいない。
     (→いないものは致し方ありませんが、後々実現してゆきたいです)
  6. 地元以外の選手だと住む所がない。
     (→事務局が手配するか、地元企業が雇用して寮生活ということも考えられます)

 

▼プロジェクトの内容

 

バスケ 大人

 

 ここまでの諸条件を鑑みてもなお、私たちは能登に3x3の女子チームを創設したいと考えています。

 3x3はオリンピック競技になるなど、現在注目度が上がっているスポーツの1つであり、バスケットボールは、全世界での競技人口は4.5億人にも上ります(サッカーは2.7億人)。プロの3x3は10年前に始まり、当初は42人のプレイヤーでしたが、2024シーズンはプレイヤー1,000人を目指しています*4 。

 この競技を通じて、少子高齢化の波と地震による被災という二重苦に陥っている能登の人々を元気にし、明るい話題を提供していきたい……この一心で当プロジェクトを実現するべく行動を起こしています。

 各地での試合の際には、能登の復興の進み具合をお知らせすることで、能登に関心を持ち続けてもらい、長期間にわたる復興を広くスポーツで応援する構図を創出します。

 

*4 クロススポーツマーケティング株式会社 3x3.EXE PREMIER 事務局,「3x3.EXE PREMIER 2025新規加盟オーナー概要資料」

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 このチームを作り、活動をしてゆくことで、今よりも競技人口が増え、3x3について知らなかった人々が知る機会が増えます。そうすると、地域の子どもたちのロールモデルとしても認識されるようになり、たとえ学校卒業を機にプレイヤー生活が一度止まったとしても、その続きもあり得るのだと考えられるようになるでしょう。このような道筋を見せることで、燃え尽き症候群のような状態になる子どもを少しでも減らすことができると考えます。

 チームロゴやグッズ、キャラクターなどのデザインについては金沢美術工芸大学の学生に依頼することで、地元に根付いたチームとなることを目指しています。

 バスケ好きの地元の人々が試合会場へ足を運んだり、SNSで自発的に発信したりすることで、経済的にもコミュニケーション的にも活性化を見込むことができます。試合の際には、屋台やキッチンカーによるフードの販売、事務局によるグッズ販売をすることで、お祭りのような特別感や一体感を味わうこともできます。

 能登を離れてしまっている人々や、一度も能登へ来たことがなくてもこのチームをきっかけに能登とのかかわりを始める人々、みなが同じチームを応援することで、心が能登と繋がり続けるようになります。

 震災後の復興についてはどうしても忘れられてしまいがちですが、試合で他の地域をまわる際に、能登の現状をSNSだけではなくリアルに伝えることで、能登への関心を持ち続けてもらうことができます。

 現在、女子は6チームであるため、TOPを目指しやすいです。話題になれば能登の宣伝にもなるでしょう。

 すべては能登を活性化させ、関係人口を増やすことにつながると考えています。

 

 

▼予算

  • プレミア参入にかかる費用  500万円
  • グッズなどの製作費 50万円
  • ロゴデザイン代  10万円
  • 選手の引っ越し費用や雑費 200万円
  • 能登のクラブチームや学校に3x3のボールを寄付する。ボール1個6,380円

 上記に加え、READYFORへ支払う手数料(税別)と消費税分が必要になります。

 今回のクラウドファンディングでは、3x3.EXE PREMIER JAPANの参入にかかる費用のうち、300万円をみなさまからご支援いただきたいと考えておりますので、手数料(12%)と税(10%)を考慮して目標金額は350万円に設定いたします。

 被災した能登の活性化のためにも、是非ご支援賜りますようお願い申し上げます。

 

 

▼リターンについて

リターン品ありのコースと、リターン品なしのコースをご用意しています。

 

 

 

▼チーム創設へ向けての動きを各種メディアに取り上げていただきました

 

北國新聞

(株式会社北國新聞社さまより許諾を得て掲載しています)

 

MRO北陸放送

 

 

 

▼応援メッセージをいただきました

 

 

 

▼ご支援に際してのご留意事項

 

 ●本プロジェクトへのご支援は寄付控除の対象にはなりません。

 ●ページ内に使用しているお顔がわかる写真は全てご本人・保護者に掲載許諾済みのものです。

 ●自己紹介動画と、自己紹介にある内容につきましては、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」及び関連する広告規制(施術所の広告)の観点で、管轄保健所の能登北部保健所および石川中央保健所へ確認を仰ぎ、いずれも掲載に問題がないとの回答を得ました。

 ●リターンにつきましては、プロジェクト達成後は、既にご支援いただいたコースから別のコースに変更することはできませんので、ご了承ください。

 ●ご支援確定後にアカウント情報を変更した場合でも、ご支援時に入力したお届け先の宛名と住所は変更されません(個別にご連絡いただかない限り、原則としてご支援時に入力いただいた宛名と住所にリターンをお送りさせていただくことになります)のでご注意ください。

 ●支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトの活動報告やSNS等発信などに利用させていただく場合があります。

 ●ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

 

プロジェクト実行責任者:
谷遼典(合同会社Break through)
プロジェクト実施完了日:
2024年10月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

谷遼典(合同会社Break through)が、3x3プレミア登録をする際に使用します。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は、地元スポンサーからご支援いただくか、それがかなわない場合は自己資金で補填いたします。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/3x3-noto?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

1989年1月17日 輪島市生まれ。 中学校入学のタイミングでバスケットボールを始める。 プレー中に怪我したことがきっかけで鍼灸師、柔道整復師を目指し京都の大学へ進学。 2年間金沢の整骨院に勤務後、2016年地元の輪島市門前町にて『てて整骨院』を開業。2024年1月1日能登半島地震で自宅と職場が被災。5月に輪島市内で移転してリニューアルオープンしました。3x3女子プロチームのオーナーとなって地元能登に活気を呼び起こすべく、日々奔走中です。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/3x3-noto?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

リターン

3,000+システム利用料


alt

【サイン色紙】 | 3,000円

●感謝のメール
●選手のサイン色紙

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

3,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 3,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

5,000+システム利用料


alt

【サイン色紙】 | 5,000円

●感謝のメール
●選手のサイン色紙

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

5,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 5,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

10,000+システム利用料


alt

【公式グッズ】えんぴつ・ボールペン・タオルの3点セット

●感謝のメール
●チーム公式グッズ(えんぴつ・ボールペン・タオル)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

10,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 10,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

30,000+システム利用料


alt

【公式グッズ】Tシャツ・キャップ

●感謝のメール
●チーム公式グッズ(Tシャツ・キャップ)
※キャップはフリーサイズのみとなります。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2025年3月

30,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 30,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

50,000+システム利用料


alt

【公式グッズ】Tシャツ・キャップ・輪島箸

●感謝のメール
●チーム公式グッズ(Tシャツ・キャップ・輪島箸)
※キャップはフリーサイズのみとなります。

支援者
1人
在庫数
19
発送完了予定月
2025年3月

50,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 50,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

100,000+システム利用料


alt

【公式グッズ】全部乗せ(えんぴつ・ボールペン・タオル・Tシャツ・キャップ・輪島箸)

●感謝のメール
●チーム公式グッズ全部乗せ(えんぴつ・ボールペン・タオル・Tシャツ・キャップ・輪島箸)
※キャップはフリーサイズのみとなります。

支援者
0人
在庫数
20
発送完了予定月
2025年3月

100,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 100,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

300,000+システム利用料


alt

【TIP OFFパーティーご招待】+【公式グッズ】全部乗せ | 300,000円

●感謝のメール
●チーム公式グッズ全部乗せ(えんぴつ・ボールペン・タオル・Tシャツ・キャップ・輪島箸)
※キャップはフリーサイズのみとなります。
●TIP OFF パーティーにご招待
開催の詳細(日時・場所)は未定です。今のところ2025年8月ごろの開催を予定しています。ご支援いただいた方向けに、詳細につきまして2025年5月ごろまでに、READYFORにご登録のメール宛て(それが不達の場合はご登録いただいたご住所へ封書)にてお知らせを差し上げます。

支援者
1人
在庫数
4
発送完了予定月
2025年5月

300,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 300,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

500,000+システム利用料


alt

【TIP OFFパーティーご招待】+【公式グッズ】全部乗せ | 500,000円

●感謝のメール
●チーム公式グッズ全部乗せ(えんぴつ・ボールペン・タオル・Tシャツ・キャップ・輪島箸)
※キャップはフリーサイズのみとなります。
●TIP OFF パーティーにご招待
開催の詳細(日時・場所)は未定です。今のところ2025年8月ごろの開催を予定しています。ご支援いただいた方向けに、詳細につきまして2025年5月ごろまでに、READYFORにご登録のメール宛て(それが不達の場合はご登録いただいたご住所へ封書)にてお知らせを差し上げます。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2025年5月

500,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 500,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

1,000,000+システム利用料


alt

【オリジナル輪島塗パネル】(限定品)

●感謝のメール
●オリジナル輪島塗パネル(限定品)
※完成までに時間がかかるため、納期を2年ほどいただいております。

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2026年9月

1,000,000+システム利用料


alt

全力応援コース【リターン品なし】 | 1,000,000円

●感謝のメール
※こちらはリターン品なしで、全額支援になります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年12月

プロフィール

1989年1月17日 輪島市生まれ。 中学校入学のタイミングでバスケットボールを始める。 プレー中に怪我したことがきっかけで鍼灸師、柔道整復師を目指し京都の大学へ進学。 2年間金沢の整骨院に勤務後、2016年地元の輪島市門前町にて『てて整骨院』を開業。2024年1月1日能登半島地震で自宅と職場が被災。5月に輪島市内で移転してリニューアルオープンしました。3x3女子プロチームのオーナーとなって地元能登に活気を呼び起こすべく、日々奔走中です。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る