皆さま、こんにちは!
東京は梅雨も明けて、とっても暑いですね…( 〇Д〇)

 

さてさて、プロジェクトが100%達成してからもまだまだ新着情報の方、更新していきますよ!
引き続きご覧いただけたら幸いです。

 


子どもたちとの環境教育では、子どもたちとBAJのスタッフのみならず、地域の大人とも一緒に活動を行っています。

 

「地域で子どもを育てる」こと、日本でもちょこちょこと耳にしますよね。

 

お父さん、お母さんだけでなく、その地域に住むいろんな方と出会い、関わることで、いろんな体験をしながら大きな大人へと成長していってほしいなと願っています。

 

先日は農家さんの畑にて、お野菜の収穫体験をさせて頂きました。

 

(私も訪れたPhuさん(写真左奥)の畑で、BAJスタッフのKhuongさん(写真中央)と一緒に、ツルムラサキを採ります。。。)

 


採ったお野菜は、農家さんのお野菜を卸している直売所のキッチンを借りて、料理!自分たちのお昼ごはんを作ることが、この日の目標でした。

 


「ここの部分は料理する前に取ってね。」 

「ここから下は食べられないから切るんだよー!」

 

環境教育活動にボランティアとして参加してくれている大学生のAnh(アイン)さん(写真中央)もこの地域の農家の娘さんです。

 


(お野菜も自分たちで洗って…)

 


(ヌクマム(タレ)も自分たちで作って…)

 


(無事ご飯にありつけました!)

 

 

その他、『地域の植物に関して』の活動にて、農家さんが植物の名前や使い方を教える先生になってくださったり…。

 

(青いシャツのThang(タン)さん、子どもたちの前でとっても良い表情ですよね!)

 


過去には、地域の方に教わって、伝統料理体験もしました。


(葉っぱに包んで蒸す、米粉を使ったフエ伝統の料理をみんなで一緒に教わりながら作りました)

 


(地域の人が楽しく作業をする様子も、きっと子どもたちの記憶に残る光景だと思います)

 

 

ベトナムの子どもたちのための環境教育、BAJだけでなく、地域の皆さんにもいつも活動を支えて頂いています。

 

日本の皆さんも、この活動を支えることができます(*´∀`)
7/31のクラウドファンディング期間終了まであとすこし!!

 

まだまだご支援お待ちしております♪♪

 

 

 

新着情報一覧へ