プロジェクト概要

今夏、被災地・宮城県と福島県にて、名古屋の中学生が演奏会を開催します。

交流と音楽を通して、人の温かさ、希望や勇気や笑顔を感じてほしいです!

 

はじめまして、こんにちは!名古屋市立汐路中学校吹奏楽部OB・OG、代表の

中啓(ひろむ)と申します。4年前、東日本大震災が起こり、その翌年から私達は毎年東北へ出かけ、東北復興支援の交流演奏会を開催することを、先輩方

から引継ぎ、音楽を通して東北の方々と交流を深めてきました。東北の皆さん

は私達のつたない演奏を聴き、「感動した」と涙を流してくださったり、「勇

気をもらった」と言ってくださいました。

 

被災地の皆さんを励ますためにも、自分達が震災のことを忘れないためにも、

東北へ支援演奏に行くことはとても大切な事だと思っています。是非後輩達に

も、楽器を運ぶトラツク代や遠路のためかかってしまう交通費などの大きな壁

につぶされることなく、東北への支援演奏を続けて欲しいのです。

 

総額で100万円となる、この運営費。そのうち30万円を募ります。

私達の活動を応援しては頂けないでしょうか。

 

(音楽の力は本当にすごいです)

 

(演奏会の様子です)

 

 

被災地の復興には、まだまだやるべきことが山積みなのです。

現場しか知らないことが、経験でしか語れないことがたくさんあります。


先日、仙石線の全線復旧、仙台うみの杜水族館の開業と、東日本大震災の被災

地での喜ばしいニュースが続けて入ってきました。しかし、多くの東北地方太

平洋岸では思うように復興が進んでいないのが現状です。今もまだ、仮設住宅

に暮らし、あるいは故郷に戻れず大変な思いをしている方々がたくさんいます

。復興には、まだまだやるべきことが山積みです。


被災地の現状は、私達OB・OGが、自ら実際に東北に足を運んだからこそ感じ

られたことです。実際に東北へ行き、そんな状況を肌で感じることは、震災に

対する記憶の風化が起こりつつある現在、大切なことだと思います。まだ何も

できない中学生ですが、音楽を通してそんな方々の力になれれば、それは私達

にとってこの上ない喜びです。

 

(お揃いの絆Tシャツです)

 

(みんなで集合写真!)

 

 

中学生だからこそ、やるべきこと、できることがあります。

私たちにとっては、それが音楽でした。

 

私たちが今できることは何だろうか、中学生だからこそできることは何だろう

か。そう考えたとき、被災地の現状を知り、音楽で東北に貢献することならき

っとできるとひらめきました。少しだけでも東北のためになることをすること

が、支援交流演奏4年目につなげる私達の役目であると思います。

 

(演奏楽器たちです。毎回自分たちで運びます!)

 

私は東北に行って、そこに住んでいた人の話を聞いて、メディアなど他の人の

目線のものではなく、自分自身でこの地に何が起きたのか深く考える事ができ

ました。また、復興にむけて努力している人達を見て、「人間の強さ」、「仲

間の大切さ」、「人と人との絆の素晴らしさ」も同時に実感しました。当たり

前のように「行ってきます」と言い、当たり前のように「ただいま」と言える

ことがどれだけ幸せなことか!

 

私は今まで言葉の重みを考えて言ってきたのだろうか?と考えさせられました

。自分がいかに平和で温かい所にいるかがわかったし、何のために音楽を、吹

奏楽をするのか?音楽をする事のできる一瞬一瞬が本当に宝物であるというこ

とがわかりました。百聞は一見にしかずなので、東北支援演奏を汐路中吹奏楽

部の伝統として引き継いでいって欲しいです。

 

(相馬市内の音楽仲間たちとパシャリ。元気いっぱいです!)

 

 

音楽には、人を元気にして勇気づけて、笑顔にさせるパワーがあります。

そのパワーを、私たちと一緒に、感じてみませんか。


私達の演奏を聴いて下さった方から、「東北の事が日本の社会の中で薄れて来

てしまっている今、皆さんの演奏を聴いて、私達は忘れられていないんだとわ

かって嬉しかった。」というお言葉を頂きました。私達は東北に行くまで自分

達の演奏で本当に東北の方々を元気づける事ができるのか正直不安でした。で

も少しでも力になれたことを実感でき、私もすごく嬉しくなりました。

 

震災の記憶は絶対に風化させてはいけないと思います。汐路中が行く事で、周

りの人に現状を伝える事もできます。後輩達にも行って、東北の方たちを元気にして欲しいと思います。「音楽の力を信じ、こころを届ける」この活動に、寄り添っていただけたら・・!と祈ります。

 

(初めて東北に行ったときに撮りました。よろしくお願いします!)

 

 

=イベント詳細=

 

日時:2015年8月21日〜23日

場所:21日(金) 大川小学校慰霊、女川町視察

           22日(土) ふれあいコンサートin 南三陸さんさん商店街

        with 志津川中・歌津中・志津川高校合同バンド
           22日(土) ふれあいコンサートin南相馬
          南相馬イオンジャスモール内 フードコート
            南相馬市立原町第一中学校
           23日(土)   ふれあいコンサートin相馬 part1(相馬市立向陽中学校)

        with相馬市立向陽中学校吹奏楽部
            ふれあいコンサートin相馬    part2(相馬市総合福祉センター)

        with エルシステマ ジャパン(オーケストラ)

 

概要:復興支援活動の一旦として中学生を中心に被災地の同世代の子どもたち

との交流と友情、絆を音楽を通して繋ぎ広め、次世代の日本を共に考えてゆく

機会

 

=引換券詳細=

 

■サンクスレター

 

■活動報告書

 

■東北の野菜(全て無農薬です!)

 

■演奏会の音源

 

■演奏会の様子をまとめたDVD

 


最新の新着情報