プロジェクト概要

時には人に被害を与えるかもしれません。でも動物も必死に生きようとしています。だからこそ少しでも何かの為になるように鹿を資源化します。

 

初めまして、北海道で酪農を経営しながらエゾシカの有害鳥獣駆除を行っているハンターです。蝦夷鹿の有害駆除の会員としても活動しています。増え続けるエゾシカを資源と捉え、地域の新たな物産を作るために「エゾシカ資源化プロジェクト」を3年ほど前から進めています。

 

今回、一般販売も視野に入れた商品開発を行うこと、そしてそれを本気で村のためになるようにと考え、エゾシカからフランクや、サラミ、ハムを作るプロジェクトを行うことにしました。

 

 

しかしそのための、肉の解体費や加工費が不足しています。どうか皆さまのお力をお貸しいただけないでしょうか。

 

(凛としたエゾシカ)

 

 

一人のハンターとしての挑戦。

 

改めまして、北海道で酪農を経営しながら、エゾシカの有害鳥獣駆除を行っているハンターです。ハンターは住所や名前等を公に晒してしまうと、銃を扱う職業のため、それを目当てに悪い人に狙われてしまうことがあります。そのため、どうしても今回、地域名と名前を出すことが出来ません。申し訳ございませんが、私にも大切な家族がいるため、一人のハンターとして挑戦させていただきます。どうかご理解の程よろしくお願い致します。

 

私は増え続けるエゾシカとエゾシカによる食害・交通事故を少しでも減らしたく日々活動しています。また多くのハンターの収益につながる産業になるようにと思い3年ほど前から個人的に活動を始めました。

 

 

 

エゾシカがもたらす被害は社会問題となっています。

 

エゾシカは林縁を主な生存場所とし、ほとんどの植物を食べるという幅広い食性を持つことから農林業被害を引き起こしやすく、生息密度が極めて高くなると植生の著しい退行など森林生態系に大きな影響を及ぼします。特に私たちが住む北海道でのエゾシカの被害は、社会問題の一つになっています。

 

 

こうした問題を解決したいという気持ちが強く

今回のプロジェクトを行うことにしました。


実は私は3年ほど前から、捕獲したエゾシカを使用した鹿肉加工品を自家消費用として製作してきました。(ジャーキー・フランク・ハム・スペアリブ等)そして、数年前から希望者に自己責任(販売しているわけではないので)で提供していましたが、嬉しいことに好評を頂き、販売してほしいという要望を頂くことが出来ました。そういった経験もあり、今回自家消費用だけでなく、正式に商品として一般の方にお渡しする事に決めました。

 

 

しかしそのためにはプロの方のご協力が必要です。解体費や加工費など妥協せずにお作りしたいと思っております。どうかご支援頂けないでしょうか。

 

(走り回るエゾシカ)

 

 

動画の方に質問で狩猟で生活は出来ますか?と聞かれたこともあります。
現段階では狩猟で食べていくことは難しいですが、少しでも今後の狩猟者の礎になればとも考えています。更に、狩猟者では無い方にもエゾシカに興味を持って頂く事・知って頂きたいと思っております。

 

動物と生きていくためには狩ることも必要です。多くの人が良い生活を送っていくためにも私は狩猟を続けていきます。それが私の役目であると思うのです。皆さんのお力添えお待ちいたしております。よろしくお願いいたします。

 

 

☆☆☆☆☆☆引換券内容☆☆☆☆☆☆

 

 

3,000円
・サンクスメール

 


10,000円
・サンクスメール
・エゾシカフランクA(約200g×5本)
・エゾシカフランクB(約200g×5本)

 


20,000円
・サンクスメール
・エゾシカフランクA(約200g×5本)
・エゾシカフランクB(約200g×5本)
・エゾシカサラミ(約200g×3本)
・エゾシカハム(200g)

 


40,000円
・サンクスメール
・エゾシカフランクA(約200g×5本)
・エゾシカフランクB(約200g×5本)
・エゾシカサラミ(約200g×3本)
・エゾシカハム(200g)
・エゾシカトロフィー(三段角以上限定5)

 

 


最新の新着情報