プロジェクト概要

yahoo!ニュース、東京新聞、めざましテレビ等、他多数出演

 

初めまして、四葉少女こと生澤愛子と申します。信じ難いかもしれませんが、私は物心ついたときから、四葉のクローバーは光ってみえるような、吸い込まれるような、そんな感覚があります。そして、幸せの象徴である四つ葉のクローバーが大好きです。3歳から四つ葉探しを始めて、17年間で6万本を超える四つ葉を見つけてきました。7分間で100本の四葉を見つけることもあります。ただ、見つけた四葉を全て自分のものにするのではなく、誰かにプレゼントしたり、作品を買っていただいたりして、多くの人に幸せを届けたいという思いが強くあります。なので、四つ葉のクローバーを使った栞やストラップを始め、オブジェや絵などアート作品を作成してきました。

 

/Users/aiko/Downloads/S__65454084.jpg
 (特技と好きを生かして、世界で活躍できる人になりたいと思っています。そのための一歩として、個展を開催したく思っています。)

 

もっとたくさんの方に、四つ葉の作品をみて感動していただきたい、より多くの人に四つ葉を通して幸せを届けたいと思い、2016年6月17日~18日、渋谷のアートギャラリーくるくるグローバルハブにて、四葉個展を開催します。作品を見た方には、四つ葉のクローバーを見つけたときのような、ほっこりした温かい気持ちを味わっていただき、一つ一つの作品に込められたストーリーを、ご自身の経験や価値観と照らし合せて、懐かしさや幸せに生きるためのヒントを得ていただけたら嬉しいなと考えています。

 

/Users/aiko/Downloads/S__65454086.jpg
(身近な幸せに気づけますように、という想いをこめて創った作品です。)

 

しかし、展示作品づくりのための材料費や、展示会場費が不足しています。ひとりでも多くの方に四つ葉を通して幸せを届けるため、ご協力いただけないでしょうか。

 

(これまで制作した作品です。)

 

 

3年前、高校3年生まで周りの目を気にして、四つ葉が好きという事を隠して生きていました。しかし、悩んだ末、いつまでも自分に嘘をついて生きるのは嫌だなと思い、素直に発信するようになって、毎日がずっと楽しくなりました。

 

私にとって四つ葉は特別な存在です。3歳の頃から何をするよりも四つ葉探しが楽しくて、ずっと集めてきました。ですが、胸を張って四つ葉が好きだと言えるようになってのは最近のことです。引っ越しが多かった私は、いつも周りの目を気にして生きていました。「周りに変に思われたらどうしよう」「仲間に入れてもらえないのではないか」という思いがずっとあり、高校3年生までは四つ葉が好きなことを隠して過ごしていました。心からやりたいとは思えない部活動に膨大な時間を割いたり、人に嫌われるのが怖くて、苦手な人たちとも遊んだり、自分に嘘をついて生きていました。「なんか心から楽しめてないなぁ」「自分がやりたいことはこれではないんだよなぁ」という思いが心の底にあり、苦しい毎日でした。

 

ですが、たくさん悩んだ末、いつまでも自分の心に嘘をついて生きるていることはやめたいなと思うようになりました。自分の好きなことをやっている人と話してみたいと思い、ニュージーランドの大自然の中で生活している四角大輔さんという方の講演会に参加しました。そこで、「好きなことを仕事にしたかったらまずは極めることから。好きなことを発信したほうがいいよ。」というアドバイスをいただき、親しい人以外にも四つ葉が好きなことと、1時間に300本の四つ葉を見つけられるほど変わった力を持っていることをカミングアウトしました。

 

/Users/aiko/Downloads/20151108_9465.jpg
(発症率が2億5000万分の1とも言われている七つ葉のクローバーも人生で9回見つけたことがあります。)

 

四つ葉が好きなことをバカにされてしまい辛かったこともあったのですが、幸せなことに、それ以上にたくさんの方が応援してくれるようになりました。好きなことに素直に生きられるようになってから、毎日がずっと楽しくなりました。どんなにマイナーなことが好きでも、多くの人と何かが違っていたとしても、自分の好きなことに自信と誇りを持てる人を増やしたい、そのためにまずは自分が好きなことに一生懸命になろうと思い、四つ葉のクローバーを軸に様々な活動を始めました。

 

/Users/aiko/Downloads/S__61906948.jpg

 

 

幸せの象徴「四つ葉のクローバー」を1000本使って、個展を開催します!

 

2016年6月17日~18日、渋谷のくるくるグローバルハブというアートギャラリーで、私が制作する四つ葉のクローバーとアートの個展を開催します。クローバーが四つ葉になる確率は10,000分の1と言われていいます。意識して探すことがないと、あまり目にすることのできない四つ葉のクローバーを1,000本集めて、幸せをテーマに、切り絵や水彩画、ドライフラワーなど、様々なアートとコラボした作品を創ります。

 

温かさや幸せ、奇跡をイメージして、桜を始め、たくさんの花々が咲いている春先の公園のような、ちょっとワクワクした暖かい雰囲気の展示にする予定です。1本1本心を込めて詰んだ1,000本の四つ葉のクローバーを専用の機械で押し葉にして、絵の具やペーパーアート、ガラス瓶など、様々なアートとコラボさせて作品を創ります。

 

/Users/aiko/Downloads/S__65454083.jpg
 (1本1本、心をこめて集めています。)

 

 

たくさんの四つ葉に癒され、誰もが自分の好きな事に胸を張って生きていける多様性を認め合える社会にしたい!

 

四つ葉のクローバーは幸せの象徴であり、人を温かい気持ちにしてくれる魔法のような植物です。そんな四つ葉とたくさん出会える個展で、私の作品を通して幸せに触れ、心が癒され、「今日からまた頑張ろう」「やりたいことをやろう」など、ひとりでも多くの方にポジティブな気持ちになっていただけたらなと思っています。

 

/Users/aiko/Downloads/S__65454085.jpg
(全て本物の四葉を使って作成しています。)

 

また、過去の私のように、自分の好きな事ややりたいことをなかなか人には言えない方にとって、四つ葉のクローバーというとてもマイナーなものが好きでそれを軸に活動している私自信のことを知っていただくことにより、自分の好きなことや、やりたいことに、自信や誇りをもって欲しい。多様性を認めあえる、すべての人が自分らしく生きることのできる社会に少しでも貢献することができたらなと思っています。皆様、ご協力、よろしくお願い致します。 

 

四葉少女 生澤愛子

 

 

 

リターンについて

 

■手書きのサンクスレター

 

■四葉のクローバーのお守り

(画像とは異なるデザインの可能性がございます)

 

■四葉のクローバーの栞

(画像とは異なるデザインの可能性がございます)

 

■四葉のクローバーのポストカード

(画像とは異なるデザインの可能性がございます)

 

■四葉のクローバーの作品(B5サイズ)

(画像とは異なるデザインの可能性がございます)

 

■四葉のクローバーの作品(A4サイズ)

(画像とは異なるデザインの可能性がございます)

 


最新の新着情報