プロジェクト概要

日韓国交正常化50周年の今年、初演から24年を迎える音楽劇「赤毛のアン」に、日韓両国のキャストが出演!劇を通して、互いの文化を分かち合い、交流を深めたい!

 

はじめまして、国連クラシックライブ協会理事長の小池雅代です。市民参加の音楽劇を始めて30年近く経ちます。舞台活動を通して、世界に羽ばたく人材を育成したいとの思いがあり、また活動している中で、国連大使と出会い、この国連クラシックライブ協会が出来ました。NPO法人国連クラシックライブ協会として、芸術文化を土台に、世界平和に貢献したいと考え、活動を続けています。

 

毎年恒例として国際フォーラムにて音楽劇「赤毛のアン」を上演して来ましたが、この公演で24年目を迎えます。その間、海外公演もこなし、通算100回以上の公演をして参りました。そして、今年は日韓国交正常化50周年記念公演として、韓国からもキャストを招いて交流を深めて行こうと実行委員会が出来ました。

 

この機会に双方の国が一緒になって舞台を作り上げて行きたいと思います。そして、10月16日にこの記念公演の式典を開催したく思いました。

 

(フィナーレの感動は参加した人にしかわかりません)

 

 

通算100公演を迎える音楽劇「赤毛のアン」

 

今回上演する音楽劇「赤毛のアン」は、著者ルーシー・モンゴメリの名作で、プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズに住むマシュウとマリラの兄妹のもとに、11歳の少女「赤毛のアン」が、孤児院から引き取られてくるところから、物語は始まります。アンを囲む人々の心温まる愛、そしてその愛に育まれ、美人ではないけれど、勇気と知恵を持って賢く元気に美しく成長していく、主人公アンの姿が、様々なエピソードを中心に“心と心のふれあい、優しさ、思いやり、そして夢”を描いた愛の物語のなかですすんでいきます。そしてグリーンゲイブルズの日常の楽しげな生活と、一生懸命生きる平凡な人たちがユーモアを持って語られていきます。

 

そして、劇中のバレエシーン、クラシック、ポピュラー音楽、オリジナルの”お母さん”等あらゆる場面で、音楽・ダンスが効果的に用いられ、歌手、俳優、ダンサー、オーケストラといった若手のステージ・パフォーマーと、一般市民参加のよく訓練された子役達とで、感動的な舞台作品が仕上げられていきます。フィナーレの参加者による各国語にてのメッセージは、アンの物語にふさわしい国際交流の場となっています。

 

(赤毛のアンの物語を心温まる舞台でみてみませんか。)

 

 

2002年に当会は、テグ文化芸術劇場というホールで、「セロ弾きのゴーシュ」という作品をすべて韓国語で上演いたしました。

 

今年は、日韓国交正常化50周年となります。当協会は日韓国民文化交流記念2002大邱JapanWeek事業の一環として、韓国大邱文化芸術劇場にて、宮沢賢治原作「セロ弾きのゴーシュ」をミュージカル作品として韓国語にて上演しました。お隣の国韓国に伺うには、韓国語で頑張ろうと思いました。

 

メンバーの中には韓国の方が5人いて練習の中心となり創造的な舞台を作り上げてくれました。公演は、韓国側のプロの劇団の公演から始まりました。見事でした。当協会もみな一丸となり、精一杯演じました。あの時の鳴りやまない拍手は今でも忘れません。しかしその後、何の進展もなく今年を迎えました。

 

(韓国からはAKZが参加します)

 

 

いつか機会があれば、今度は日本に韓国から出演者を招いて、公演したいとその時から考えておりました。


言葉の壁を越えての上演に、地元韓国の方も非常に喜んで下さり、日本からの総勢40名の出演者も両国の音楽、舞台を通しての交流を肌で感じる事が出来ました。

 

そして、日韓国交正常化50周年記念事業に、また自分で手を上げました。今度は韓国の皆さんに、日本語で「赤毛のアン」を演じていただき一緒の舞台を作りたいと思いました。たとえ血のつながりはなくても家族になれる。だから世界中は友達になれる、とメッセージを出していきます。応援してくれる方も増えて、韓国からは大学生の5人のチームが来てくれます。

 

 

★ 赤毛のアン詳細 ★

 

★ 出演者情報 ★

 

 

 

さらに、ゲネの日に日韓国交正常化50周年記念公演の関係者一同を招待し、記念式典を行いたいと思っています。皆様お手伝いいただけませんか?

 

舞台開催にあたって資金の余裕もなく、10月16日に式典と招待公演をやることは、無理かもしれないと思った矢先、READYFORを紹介されました。韓国からきてくれる大学生たちを考えると、頑張らなくてはと思います。

 

「今度は、日本語でやります。練習もしてください。踊ってください。歌ってください。会場のみなさんも日韓の政府の方たちもぜひ一緒に舞台に立って、アジアのこの2各国から平和のメッセージを世界に届けたいと思います。手をつなげる人たちから繋いでいきましょう。つながった輪はかならず大きく膨らんでいくと思います。」という夢を持ってこのプロジェクトを進めています。

 

ゲネの日に日韓国交正常化50周年記念公演の関係者一同を招待しまして、両国の友好を願って式典を行うのに費用50万円が必要です。

 

(キャスト発表の様子)

 

 

この記念式典を行う事で、両国の親善に寄与し、世代を超えた多くの人たちが参加する事により、一つの舞台を作り上げる事で生まれる絆や文化を分かち合い交流を深める事が出来ると確信しています。どうかよろしくお願います!

 

(元気な女の子たちも舞台を盛り上げてくれます)

 

 

★ 引換券の紹介 ★

 

(1) サンクスメール

 

(2)プログラム

 

(3)A席 招待券

 

(4)メインキャストサイン入りプログラム

 

(5)16日記念式典ペアご招待

 

(6)公演DVD

 

(7)メインキャストとの記念撮影

 

(8)他公演日S席ペアでご招待