プロジェクト概要

野菜をメインディッシュに!野菜の王様が集結する「東京ベジフードフェスタ」2016年秋、2日間限定で代々木公園ケヤキ並木道にて開催します!!

 

初めまして、こんにちは。東京ベジフードフェスタ実行委員長中村 高徳です。東京ベジフードフェスタ(通称「ベジフェス」)は100%植物性食品を提供する店舗が、なんと約100店舗代々木公園に大集合する日本最大の野外フェスです!来年のベジフェスにて、なんと14回目のイベントとなります。毎年秋に開催され、3万2千人もの来場者様が来てくださるイベントです。しかし頂いた収入の90%がテントのレンタル代で消えているのが現状です。

 

今回そして出店していただける方の負担にならないベジフェスを作りたいと企画しています。弊害となっていたテントを今回購入し、もっと幸せな「ベジフェス」を目指します!どうか皆さん、ご協力いただけないでしょうか?

 

(毎年多くの方が来場し、ここでしかたべれない野菜料理を味わっています)

 

 

13年前、ベジフェスは駐車場の片隅から始まったんです。

 

今ではベジフェスも13回もの回数を重ね、日本最大のベジタブル料理のイベントに成長しました。しかしそのスタートは、なんと駐車場から始まりました。当時は「国際菜食フェスティバル」そんな名前でした。駐車場に車が一台。菜食料理の屋台を行っているというものでした。まだ日本に「ベジタリアン」なんて言葉すらなかった。そんな時代までベジフェスの歴史はさかのぼります。

 

(当時は狭い駐車場で移動者で販売をしていました。)

 

 

2009年、景気の上昇とともに、ベジフェスが一気に大きくなりました。

 

細々と開催していたベジフェス。そんなベジフェスが一気に大きくなりました。2009年に株価や景気が急上昇し、イベントの需要が急増し、ベジフェスにもその波が押し寄せました。当時の2009年には出店数、参加者も過去最高を記録しました。120もの店舗が参加しました。農家の方や飲食店を営む方は大きな自信を掴み、会場は子供たちの笑顔や笑い声に包まれていました。

 

多くの方がお野菜料理を食べていただくことができ、ベジタリアンやビーガンという言葉も世に出始めていきました。しかし景気の下落とともにベジフェスを取り巻く環境も激変していきました。

 

(2009年のベジフェスの様子。過去を大きく上回るお客様が来てくれました)

 

 

急激に大きくなったベジフェス。しかし出店者には大きな負担が。

 

2009年以降急激に注目度や規模が大きくなりました。毎年多くの方が来客いただき、「楽しみにしてたよ。」そんなお声も常連様からかけていただきました。しかし、出店者には大きな問題が出てきてしまったのです。

 

大きく出店者を苦しめたのがテント料金でした。今までは景気の好循環でテント代は気にせずに出店が可能でした。しかし今では売り上げのほとんどがテント代に消えてしまっている悲しい現状があります。出店を志した方もそのせいで泣く泣く出店を辞退してしまう。出店しても大きな赤字になってしまう。そんなデメリットが大きくなってきました。どうにかして出店者も。そしてお客様も笑顔になれるベジフェスは作れないか?そう考える日々が続きました。

 

(沖縄からの出店も。そんな出店者のためにできるをしたかった)

 

 

ベジフェスは大きな挑戦をします。出店者の皆様を苦しめたテントの一括購入を目指します。

 

これからのベジフェスを考えた時に、これからも出店者の売り上げの多くをテント代にいただくことはどうしても避けたかった。もっと自由に原点に立ち帰ったベジフェスを行いたい。そう思い、問題を解決するために今回ベジフェスは出店者のテント代500万円を集めるという大きなチャレンジをします!

 

もっと多くの方に自由に負担なく出店してほしい。そして美味しいベジタブル料理をお客様に届けたい。そんな願いを叶えるため、どうかご協力いただけないでしょうか?

 

(ベジフェス実行委員長の中村です!私も実際に出店しています!)

 

 

14回目を迎える「第14回東京ベジフードフェスタ」魅力満点のイベントを振り返ります。

 

なんと植物性100%!!の様々な種類のお弁当がベジフェスでは食べられます!

 

・親子連れの来場者達にも楽しんで頂けるよう、「キッズブース」や授乳室も設けております。

 

(ハンバーガーやパエリアも!全てお肉や魚介は使ってない。でもすごく美味しいんです!)

 

 

東京で自分たちの作った野菜を食べてくれる。その喜びが農家さんのモチベーションになっています。

 

これまでの出展者たちの声「東京ベジフードフェスタで買った採れたてのセロリを生かじりしながら渋谷の街頭を歩いているのを見て、近くを通りがかった方でイベント会場に駆け付けた方がいらっしゃいました。都会のど真ん中でうちの野菜が注目を浴びて頂いて大変光栄です。」
 

「雨の初日にもかかわらず、ベジフードフェスタではお昼頃にはほとんど完売となりました。翌日は多めに作りましたが午前中で完売の兆しがみえ、慌てて作りましたが、予約待ちとなり10分でなくりました。本当にたくさんの人がいらしてくださり、必要とされている方が多いことにびっくりいたしました。これからも精進して頑張りたいと改めて思いました。」

 

(3万2千人もの来場者様が来てくださいます。野菜好きの方!ぜひ!)

 

 

ベジフードフェスタで、来場者様も、出展者様も野菜の力で笑顔にしたい!

 

出展者様にご負担して頂く、出展費が高く、せっかくお客様がたくさん買って下さっても、収益に繋がりづらいという声をよく聞きます。私たちはベジフードを広めて、文化としたいと考えていますので、もっと出展費を安くし、頂きもっと多くの店舗様に出店して頂き来場者様にも楽しんで頂きたいのです。

 

このプロジェクトが成功すれば、出展費が下がり、そのおかげで多くの出展者にご出展いただき、世の中にもっとすごいベジ料理が出ると、私たちは考えています。イベントで広告ができ、よりベジの料理開発やネットワークを構築する場を提供できると考えています。どうか、よろしくお願いいたします。

 

(会場でみなさまをお待ちしています!)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ 引換券について ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記引換券をお送りします。

 

500円を支援していただいた方対象

・ベジカルチャーネットワーク事務局から、印鑑付のポストカードが届きます。

 

1,000円を支援していただいた方対象

・お礼状
・ベジフェスマスコットキャラ「果実ちゃん」のステッカー

 

 

3,000円を支援していただいた方対象

・お礼状

・ステッカー
・ベジフェス当日のレストランのメニューを記事にした、ニュースペーパー

 

5,000円を支援していただいた方対象

・お礼状
・ステッカー
・ベジフェスニュースレター
・ベジフェスの出展者様のメニューを記事にした写真集第一弾

 

10,000円を支援していただいた方対象

・お礼状
・ステッカー
・ベジフェスニュースレター
・ベジフェスの大手出展者様のメニューを記事にした写真集
・「やさいのお兄さんが作った」東京ベジフードフェスタのイメージソングCD

 

50,000円を支援していただいた方対象

・お礼状
・ステッカー
・ベジフェスニュースレター
・「やさいのお兄さんが作った」直筆サイン入り、東京ベジフードフェスタのイメージソングCD
・平成28年度、東京ベジフードフェスタの無料回数券

 

100,000円を支援していただいた方対象

・お礼状
・ステッカー
・ベジフェスニュースレター
・「やさいのお兄さんが作った」直筆サイン入り、東京ベジフードフェスタのイメージソングCD
・平成28年度、東京ベジフードフェスタ当日、無料食べ放題券

 


最新の新着情報