プロジェクト概要

子どもたちにより充実した練習環境を届けるために、体操教室に新たに平均台を増設したい!

 

はじめまして、赤山桂子と申します。17年前、体操競技指導の経験を活かし「子供たちの夢を実現したい」という思いから、生徒数は我が子と友人のお子様のわずか2人というところから、体操教室をスタートしました。その後、参加者は増え続け、現在では136名もの子供たちが集まってくれています。さらに、昨年には特定非営利活動法人として認められ、“NPOエアボーンスポーツクラブ”として活動を行っています。しかし、子どもたちの数が増えたことで練習に必要な体操器具が不足しています。

 

そこで、今回は新たに平均台1台と練習で使用する平均台のカバー等を購入したいと考えています!みなさま応援お願い致します。

 


 (日々、子どもたちが練習に励んでいます!)

 

 

130名もの子どもたちが通っているため、使用できる器具の数が不足しています!


教室がオープンした当初から、スタジオを借りて練習教室を開催してきましたが、130名程の子どもたちがのびのびと練習をすることができる、十分な広さを確保することができず、去年11月には、工場地帯ではありますが、空き倉庫を改修し大きなスタジオとして運営しています。

 

しかし、スタジオの維持費用も高額なため、これまで何とか自分達の手で工面してきましたが、機材の購入費用の中には、一部ですが、子どもたちが十分に利用できるだけの台数分の機材の購入が、追いつけていないものもあります。そこで、子どもたちにより充実した練習の機会を届けるようにするためにも、平均台の購入を行いたいと考えています。

 

(新たな練習スタジオでは、これまでよりも広い中で子どもたちものびのびと練習しています!)

 

 

練習場には、将来内村航平選手のようなオリンピック選手になることを夢見て、毎日練習に励む3歳〜14歳の子どもたちがたくさんいます。


練習内容も、バク転や降り技などとても厳しいなか、それでも「頑張るんだ」や「降り技は、次どこどこの高校に行ってやるしかない!」と言って、練習に励む子どもたちのためにも、早く平均台を使って練習をすることができる環境を整えてあげたいと思います。

 

いま、私たちの教室には平均台は小さなもの2台しかなく、練習することができる子どもの数は、136名のうち15名程です。これでは、まだまだ必要な台数には及びません。いまでは、平均台がわりの木材を設置し、その上で練習しています。しかし、秋には大会も控えているため、高さが十分にある正式な平均台での技の練習が必要になります。

 

(実際に使用している木材です。)

 

 

1人でも多くの子どもたちの夢が叶うように。

 

練習環境が整うことで、子どもたちの練習にもさらに熱が入り、「将来はオリンピック選手になる!」というその夢に、また一歩近づくことができるようになると思います。毎日練習に励む子どもたちの背中を、より一層強く押してあげるためにも、今私たちができることをみんなで力を合わせて実施していきましょう。1人でも多くの子どもたちが、大きな夢に向かって全力でチャレンジすることができるようになることを強く願っています!

 

みなさま、応援よろしくお願い致します!

 

 

★ 引換券のご紹介★


1)サンクスレター


2)HPヘのお名前の掲載


3)オリジナルグッズ


4)オリジナルTシャツ


5)平均台を使っての特別レッスン(30分)
*2015年12月15日〜2016年12月15日までの間で、1回限り利用可能。

 

6)出張体操特別レッスン(60分)
* 2015年12月15日〜2016年12月15日までの間で、1回限り利用可能。
* 兵庫県内限定とし、現地までの交通費は支援者様の負担とする。