READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

こころ笑(kokoroe)

ラポール

ラポール

こころ笑(kokoroe)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月12日(金)午後11:00までです。

支援総額

10,000

目標金額 2,500,000円

0%
支援者
1人
残り
11日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
6お気に入り登録
6人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月12日(金)午後11:00までです。

6お気に入り登録
6人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

初めまして。私はホームサロンopisを営んでいる石川浩美と申します。サロンと言っても高級エステではなく身体と心のケア中心に二時間ゆっくりお話を聞きながら日々の疲れを少しでも心地よくなって頂ける様携わり、私自身も元気を貰っています。

一方で早朝は障碍者見守り、夜は食事作りと相談役をさせて頂き一日一日大切に生きています。

同時に保護猫のボランティア活動もしてこれまで多くの里親さんと出会えました、現在家には障害があったり仔猫だけもらわれ母猫だけが行き場がない、そんな子を育てています、大変に思うこともある中で日々の疲れなどは、85%は癒されてます。小さな生命に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

日々お客様と触れ合う中、色々な悩みや苦悩を聞き、誰にも打ち明けられない事、人間関係や夫婦間、家族間、恋人、さまざまなお話を聞かせて頂きます。中には精神障害を受け入れるべきか、何故生きているのか?何故自分だけが?自分を消してしまいたい、もう限界、ギリギリまで我慢して身も心もボロボロになり泣きながら話されたり、時間が過ぎても部屋にいる人もいます。私なりにただ寄り添い心が軽くなればと、ずっと背中をさすり側にいます。そんな中でも自然と笑みがこぼれたのは、猫がゴロゴロ言いながらすり寄って行ったときでした。猫には不思議な能力があり人間の感情を察知します。動物を飼った人であれば何度も救われたと感じた方もおられるのではないでしょうか?

先月24日クリスマスイブの早朝40年付き合いのあった友人が、アパートで自らの命に終止符をうちました、、「ひとりでいたくない」「全てがいやになった」「生きてても意味がない」と少し前から言うようになり、病院に行くようになり最近では「コロナで会社も失ったけどもう一度挑戦してみるから見守ってくれの」と前向きの様に思えてました。その日何がおきて心が壊れたのかは分かりません、覚悟の終わりだったのでしょう床屋も行き、身なりも正装してました。友人の生きざまを受け入れる事にしました。

同時にこんな世の中だからこそ、他人でもいい苦しむ人が苦しいままの心でいてほしくない、ほんの少しでも自然に微笑みが溢れる、心の拠り所を自分の側に作りたい。ただただひとりで悩まず寄り添えば光が見えるはずだと信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

自宅の横に誰でも気軽に来れる癒しの空間を作ります。そんなに広いスペースでなくてもいいんです。中には緑や静かに流れる音楽等を取り込み、中には猫も自由に生活しただその空間にいてそれぞれが心が落ち着けばそれでいいんです。部屋の中なのにどこか自然を感じられ、ここに来たら落ち着く、癒されるそう思って、苦しみを少しでも感じた時に「kokoroe]に行きたい、話を聞いてもらいたい、そんな温まる家に来てほしい。

基本飲食は提供しませんが、ウォータサーバーのみ設置。必要と思う物は各自持参して頂きます。猫カフェではないので料金は発生しません。障害者の方が作品等展示しますので、そちらを販売します。お気持ちがございましたらお買い上げ頂けたら、作者さんの励みにもなりますし、「kokoroe]運営資金にも充てさせて頂きます。皆様のお気持ちで成立させたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

今現在心の病気で苦しむひとは、コロナ禍のなか急増しているのは確かです。しかし現状1人で悩み壊れていくしまう方、打ち明ける勇気も、話せる相手も、拠り所も無い。理解してもらえないのが本当のところだと思います。この世に生を受け生きると言う選択肢を与えられます、そして終わりが来るまでの長い道のりには、さまざまな困難や苦しみも数えきれないほどあるでしょう。その途中で進むことが出来なくなる人もいます。支えがある方は多からずも救われているかもしれませんね、でも寄り添う相手がいない人の苦しみは計り知れないと思うのです。

このプロジェクトが達成した際には、生の声、心の叫びに自分なりに真剣に取り組みます。

自分の経験や体験を元に、将来的にはGHを設立出来たらと考えています。どこまで出来るか未知ですが、一日でも早く「kokoroe」を運営したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの終了要項

・オープン完了予定日    
2021年3月31日

・建築・改修場所    
富山市田畑1667-81

・建築・改修後の用途    
心や生活に不安を抱える人達のいこいの部屋を増築し安定する場所、相談ルームを地域の皆様に提供したい

 

 

プロフィール

リターン

10,000

こころ笑(kokoroe)

こころ笑(kokoroe)

感謝のお手紙をお送りいたします。立ち上げ完成の写真や実際の利用者様からの感想を活動記録と共にご報告させて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

【令和2年7月豪雨】緊急災害 段ボールベッド支援

keikakeika

#医療・福祉

9%
現在
91,000円
支援者
10人
残り
30日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする