READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

環境問題を改善!エコな生活を届ける「亜臨界アミノ酸液肥」促進

橋本昭夫

橋本昭夫

環境問題を改善!エコな生活を届ける「亜臨界アミノ酸液肥」促進

支援総額

26,000

目標金額 950,000円

支援者
3人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

エコに元気な作物を育てる「亜臨界アミノ酸液肥」

新しい技術を広め日本全国を元気にしたい!

 

橋本昭夫と申します。バイオマス廃棄物の資源化技術専門家をしています。自治体のごみ固形燃料化、水産廃棄物のアミノ酸液肥化、木材チップ化等の事業化の他、札幌市リサイクル団地の建設計画を策定という内容のお仕事です。

 

この度「亜臨界アミノ酸液肥」という「エコに元気な作物を育てる」新しい技術を導入し、この技術の促進に取り組んでおります。

 

この技術への研究費、宣伝活動費にコストが多大にかかります。ぜひ皆様のご協力で日本の農業の成長にご協力くださいませ。

   

(亜臨界アミノ酸肥料の栽培効果を確認している旭川農家の田口さん夫妻と旭川JA朝倉さん)

 

 

世界初の技術!!

高価な肥料「アミノ酸液肥」が廃棄物から生成出来る技術


今年8月、橋本が、世界初のバイオマス廃棄物を高価なアミノ酸液肥に転換する亜臨界アミノ酸液肥化製造技術特許を収得しました。
  

この亜臨界アミノ酸液肥化技術を活用し、生ごみ、下水道汚泥資源化・処理で苦労している全国各地の市町村に対し、地元市民、農家と共に、それらのごみの亜臨界アミノ酸液肥化工場建設を促します。
 

まずは、地元市民、農家の皆さんに、亜臨界アミノ酸液肥の試作品を提供し、亜臨界アミノ酸液肥の有効性を確認いただく広報活動から開始します。

  

(亜臨界アミノ酸液肥試作試験装置(3㎥1基)

200℃20気圧の高温高圧で廃棄物原料から高濃度のアミノ酸を抽出する装置です。)

 

亜臨界アミノ酸液肥とは??

「安心」「うまみ」「収穫高アップ」の農家必見スーパー肥料!!

 

・天然100%で安心

・濃度が高く、より良い作物ができる!

・収穫高アップ! 1.6倍に!

・リーズナブルな価格でつくれる!

 

(現在水産廃棄物を原料にモデル試験製造している亜臨界アミノ酸液肥)

 

(亜臨界肥料化概略図)

 

 

高価な肥料を低価格で提供!

環境問題の改善に関心のある市民に使って頂きたい

 

ごみリサイクル等地球環境問題の関心のある市民が多いが、地元自治体市町村のバイオマス廃棄物の資源化が進んでいません。アミノ酸液肥の栽培効果は知っているが、高価なため購入できない農民が多い現状です。

 

地元で廃棄されているバイオマス資源を原料として短時間で大量にアミノ酸液肥を製造できる簡単なリサイクル技術(亜臨界アミノ酸液肥化)を開発し、市民、農家、自治体市町村に提供しようと考えた。

 

 

(多くの自治体では、大量のごみが資源化されることなく、日々、焼却・埋め立て処理されている。)

 

 

この「新しい肥料」開発事業に掛かる膨大なコスト

スタートするための資金確保のため皆さまの理解を得たい


当NPO北海道資源循環研究所は、リサイクル技術の開発を目的としており、リサイクル事業の執行まで考えていなかった。


このままでは、折角の亜臨界アミノ酸液肥化技術の普及が進まないので、世界初の亜臨界アミノ酸液肥化技術の普及を自ら率先して行うことにしたが、普及経費が確保されていない。

 

下記写真は、浜松市の公益財団から要請で行った県下企業・農家・自治体等を対象に亜臨界アミノ酸液肥化技術説明会の様子。

 

(平成26年10月 愛知県豊橋市 ものづくり博2014in東三河「バイオマスリサイクル事業の北海道との地域間連携」)

 


(平成26年11月 旭川市農家への亜臨界アミノ酸液肥説明会)

 

 

あなたは以下のどれかに当てはまりますか?

「最新技術の肥料」なんて関係ない話に思うかもしれませんが、実は皆さんの生活と密接に繋がっています。

 

・地球環境問題に関心のある、市民、企業、農家。

・ごみ処理・資源化に悩んでいる自治体市町村。 
・廉価な健康有機野菜の確保を求める消費者。
・廉価で栽培効果の高い有機肥料を求める農家。
・廃棄物排出の企業、漁業組合、水産加工組合、農家
・過疎に悩む自治体に新たな亜臨界資源化産業の創出と雇用
・新たな亜臨界資源化事業創出への参加効果環境装置企業。

 

皆さまの支援が、将来的に様々な形で皆さまに還元できるよう努め、研究開発をさせて頂きます。どうか応援よろしくお願い致します。

 


(亜臨界肥料の効果により、例年よりも花が高価で売買できたと喜びの声を寄せてくれた美唄農家の土屋さんご一家)

 

 

<橋本昭夫 これまでの主な実績>

(世界初の亜臨界アミノ酸液肥製造特許・平成27年8月14日登録)

(左:橋本が計画建設した札幌市ごみ資源化(燃料化)工場)  

(右:橋本が計画した全国初札幌市リサイクル団地)

 

 

 

---引換券(お礼のお品物)---

 

◆感謝状

 

◆アミノ酸液肥を使用して栽培された北海道有機健康野菜

 

◆各地説明会・視察見学会招待券

 

◆アミノ酸液肥試作品の提供

もっとみる

プロフィール
橋本昭夫
橋本昭夫
バイオマス廃棄物の資源化技術専門家。 札幌市のごみ資源化工場やリサイクル団地などの設計、建設を手掛ける。

リターン

3,000

・サンクスレター

支援者
1人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスレター
・アミノ酸液肥を使用して栽培された北海道有機健康野菜
・各地説明会・視察見学会招待券

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000

・サンクスレター
・アミノ酸液肥を使用して栽培された北海道有機健康野菜
・各地説明会・視察見学会招待券
・アミノ酸液肥試作品の提供

支援者
0人
在庫数
制限なし
プロフィール
橋本昭夫
橋本昭夫
バイオマス廃棄物の資源化技術専門家。 札幌市のごみ資源化工場やリサイクル団地などの設計、建設を手掛ける。

あなたにおすすめのプロジェクト

国際協力サロンで開発について学び情報交換をしたい仲間を募集!

国際協力サロン(代表:田才諒哉)国際協力サロン(代表:田才諒哉)

#国際協力

累計支援者数
262人
継続会員数
112人

被爆体験と平和への願いを次代へ-継承プロジェクト、スタート!

北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道被爆者協会事務局次長北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道...

#子ども・教育

50%
現在
352,000円
支援者
37人
残り
67日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする