プロジェクト概要

北海道の日高町で、年齢や、障害の有無にかかわらず、生きずらさを抱えた方々が、お互いを 生かしあい、分かち合い、赦しあいながら、共に居場所を創ってゆく、富山形デイサービス+未来に繋げる共生のプロジェクト。

 

はじめまして、デイサービス風のカノン(宅老所)代表の小野康徳と申します。私は、馬の産地、北海道沙流郡日高町に住んでいます。40歳で、親しくして頂いた方がご病気になられ、これからどう寄り添って行けば良いのかと思慮し、介護に目覚め、理想の介護を目指し、今年、デイサービスを自宅で開設しました。

 

しかし、開設から5ヶ月たった今、運営費が不足しています。

デイサービスの存続のためにみなさまの力を貸して頂けませんか?

 

 

 

■日本を代表するデイサービスを融合した風のカノン

 

風のカノンは、千葉の宅老所井戸端元気さん(多様性<障害の有る方も、無い方も>のある居場所で、どなたが利用者でどなたが職員か分かりづらく、皆様がそれぞれの役割をしておられる所。)と富山型(高齢者のデイと障害のあるお子様のデイの複合型で、それぞれ介護保険や障害保険を使っている所もあれば、どちらかだけ保険を使っている所、両方自主事業の所も有り、介護事業所だけでなく知的障害の施設でも注目されている形態)のデイを目指しました。

 

現在の風のカノンの特徴は、高齢者介護保険を使ったデイと、自主事業の障害を抱えた方のデイ、プラス、就労支援、職員の多様性(一人ひとりの個性を生かし、分かち合い、赦しあう)、代表もその中の一人であるという形態を取っています。

 

 

■多くの方に、立ち上げまでの長い道のりを支えて頂きました

 

自分で増築、開設、運営をしている間に感じたのですが、一人では何も出来ないことに、大勢の方の協力のお陰で此処まで来れた事に気づきました。

 

その中には病気を抱えた方もいました。その方は、利用者様であり、一緒にいる時に、沢山の大切な事を勉強させて頂きました。

 

増築に関しても経験少ない自分に、元気と勇気と技術を与えて下さった棟梁、前職場の社長様や、建築業界の知り合いの仕事以上の支援。開設では、ボランティアで知り合った皆様や、他事業所の社長、友人、前職場(介護施設)の同胞の方々です。

 

 

 

■北海道の大地でデイサービスを発信します

 

そしてここは風景も良く、美しい眺めも一望でき、地球の美しさを感じられる場所です。この美しい星に守られて生かされている事に気付きました。このプロジェクトは、今の行き詰った日本に、地球環境に、世界に、未来に繋げる願いがあります。自分だけの価値観ではなく、多様性における調和とバランスを大切にし、皆が、お互いの個性を生かしあい、分かち合い、赦しあって、みんなを調和させるにはどうすればいいかと、すべてを包み込むような優しさで、人々をひとつにまとめていく、はじめの一歩です。

 

ここを一つの発信地点とし、高齢者介護を通して、障害を通して、生きずらさを通して、弱さを通して、世界に発信して行きます。

 

 

現在の風のカノンは、6名の方にご利用いただいております。しかし、開設5ヶ月を過ぎ、経営が安定していません。ここで、諦める訳にはいきません。

 

今回、ご支援頂いた、お金は4カ月分の運営費(職員3名の4ヶ月分の人件費、光熱費)として充てさせて頂きます。

 

■障害を問題と捉えず、受け入れる空間作り

 

未来の子供たちに繋げるために、このプロジェクトは続けてゆきます。

増え続ける高齢者問題は、問題として捉えるのではなく、老いることの素晴らしさとその役割を分かち合い、知的障害と言われている方は、障害ではなく個性なんだと、その個性を生かす場所として、皆様がそれぞれの個性を生かし、一つの居場所を創り合い、小さなモデルとして世の中に、お互いの違いを認め合い、個性を生かすことの大切さや、赦しあうことの大切さを、此処から発信していきます。

 

偏った個性の集合体ではなく、多様性の個性の集合体から生み出される、新たな価値観の創築を目指します。

 

プロジェクトの実現に向けてみなさまの力を貸してください!

 

 

◇◆◇◆◇引き換え券について◆◇◆◇◆

ご支援頂いた方には、引換券をお送りします。

 

◆サンクスレター

 

◆活動報告書

 

◆昼食・コーヒー付施設体験チケット(交通費は含まれておりません)

 

◆名木(イチイ)で作成したメッセージ小物

 

◆手作りまな板~2バイ材使用 横500縦280厚35mm(先着9名様)

 

◆2バイ材を使ったダイニングテーブル。卓面自然塗料使用。椅子無し。送料込み。幅1830奥行き815高さ650(先着1名様)

 

◆名木(イチイ)で作ったメッセージの置物+エゾシカの角1本(テーブル

希望以外の方先着
4名様)        

 

 


最新の新着情報