プロジェクト概要

閉幕から8年。昨年復活を遂げた「全日本選抜剣道七段選手権大会」。

剣道七段日本一を決める大会を絶やすことなく、来年2月に再び開催したい!

 

はじめまして、月刊「剣道時代」編集長の小林伸郎です。20年前、当時、熊本県錦町で開催されていた「全日本選抜剣道七段選手権大会」を取材しました。剣道七段日本一を決める大会には、かつての全日本選手権大会や世界選手権大会で活躍をする選手が多く参加しており、そのしなやかな動きと闘志みなぎる選手の迫力に圧倒されたことを覚えています。

 

しかし、その「全日本選抜剣道七段選手権大会」も、平成18年に諸般の事情により今から8年前に幕を閉じました。閉幕については私自身とても寂しく思っていましたが、その後の取材を通して、剣士の方々も同じ思いでいたこと知りました。そこで、雑誌「剣道時代」の創刊500号を記念し、昨年より、「全日本選抜剣道七段選手権大会」を神奈川県剣道連盟と共催で復活させたのです。

 

しかし、開催費用は全体で400万円程かかります。これまで何とか資金を集めてきたのですが、あと少しがどうしても不足しています!

そこで、皆様のお力をお借りできないでしょうか?

 

(迫力ある試合を再び皆様にお届けしたいと思います!)

 

 

現在剣道七段のエキスパートが試合をする舞台は、この大会しかありません。

 

剣道には段位があり、初段からはじまり八段まであります。その中でも、七段は最も上の八段から二番目の位置にあります。狭き門を突破した者の中でも、さらに自分と同じくらいのレベルの者たちと競い合うことは、剣士にとって自分の実力を図る機会になるだけではなく、弱点の発見や自分よりも上の者の強みを学ぶ場にもなります。

 

さらに、強者が集うこの大会で結果を残すことは、七段剣士にとっても大きな目標になります。今後の剣道界を背負う彼らが、頂点を目指して集い、日頃の成果を披露することで、剣道界の質向上にもつながります。

 

(白熱した攻防戦が繰り広げられています!)

 

 

戦いの場を失った剣士からは、「七段戦を再開してほしい」や「身近な目標がない」といった復活を望む声も多く聞かれました。

 

大会が終了した後も、剣士を取材する中で七段剣士からは「七段戦を是非とも再開してほしい!」や「身近な目標がない」といった声が多数あがってきました。こうした取材を通して、「剣士にとって大切だったこの試合を、もう一度復活させたい!」と強く願うようになり、実現に向け私は歩を進めることにしたのです。そして、大会を復活させようと奮闘した結果、昨年ようやくその思いが実を結びました。

 

(剣士の思いが詰まったこの大会をもう二度と絶やすことがないように。)

 

 

日本剣道界を代表する蒼々たる剣士が、静かにそしてしのぎを削る。
迫力満点の大会を皆様も是非一度ご覧ください!

 

昨年の第1回大会は横浜の神奈川県立武道館で開催され、16名の剣士が参加をし、頂点を目指し闘志みなぎるその姿を披露しました。第2回大会を開催した今年も昨年同様に16名の剣士が参加し、頂点をめざしてしのぎを削りました。

 

今年の第3回大会は、2月7日(日)、神奈川県立武道館で開催予定です。当日は、4人1組のグループでリーグ戦を行い、各組の1位が決勝トーナメントに進出します。予選リーグとは言いますが、大会のコンセプトは「第一試合から決勝戦」です。どの試合も目を離すことができない著名な剣士が対戦するようにしています。

 

(1試合1試合目が離せません!)

 

 

剣道七段日本一を目指して日々精進する剣士たちがその成果を発揮する場を、私たちと一緒に守って頂けないでしょうか?

 

昨年の2月に、8年ぶりに復活した「全日本選抜剣道七段選手権大会」ですが、開催後剣士たちからは「充実した試合ができた」や「緊張感がたまらなかった」といった歓喜の声をもらいました。さらに、剣道ファンの愛好家の方々からも「やはり七段戦はおもしろい」や「継続してほしい」といったコメントをもらいました。こうした声に私たちは突き動かされ、来年も開催すべく奮闘しようと決意しました。

 

さらに、この大会は剣士の方々にとって大切な場であるだけではなく、ファンにとってもトップを目指して奮闘する剣士の姿を直接観ることができる大切な場でもあります。剣士とファン、それぞれにとって大切な場をみんなの力で守っていきませんか?

 

来年2月、あの大舞台が再び日の目を見ることができるように、私たちの力をもう一度集結させましょう!

みなさま、ご支援どうぞよろしくお願い致します!

 

 

★大会概要★

開催日時:2016年2月7日(予定)

開催場所:神奈川県立武道館(http://kanagawakenritsu-budokan.com/

*是非みなさまお越し下さい!

 

 

★ 引換券のご紹介★

【3,000円】

①サンクスレター
 

【10,000円】

①サンクスレター
②大会プログラムを謹呈
③大会プログラムにお名前を掲載
④大会終了後、剣士を含む大会関係者との記念撮影(希望者のみ)
 

【30,000円】

①サンクスレター
②大会プログラムを謹呈
③大会プログラムにお名前を掲載
④大会終了後、剣士を含む大会関係者との記念撮影(希望者のみ)
⑤【READYFOR支援者様限定】特等席での観覧


最新の新着情報