マレー語のエピソード

移動でタクシーに乗った時、運転手さんがマレー系シンガポール人でした。

子供達に運転手さんはマレー系シンガポールの人だから、パーティーで使ったマレー語で話してみようといったところ。

皆自己紹介と「日本の石巻から来ました、シンガポールが好きです」等々と話しました。運転手さんは、「どのくらいマレー語を勉強したの?」と尋ねられたので、「ほんの数時間勉強しただけです。」と話したら、すごく驚かれていました。マレー語を話す日本人はあまりいなく、印象深かったようです。

子供達の適応には、例年驚かされるばかりです。

子供達も話した事が通じた嬉しさで、満面の笑みでした。

小さな国際交流ができたひとこまでした。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています