プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

皆様のおかげで、目標設定金額の30万円を達成することが出来ました。

 
今回初めての試みでしたが、ご支援をいただいた方をはじめ多くの方にご支援並びに応援のコメントをいただき大変感謝しております。より多くの障がい者の就労、社会進出の支援をしたいと思い今回ネクストゴールに挑戦させていただくことになりました。

 

今までご支援いただき3台の障がい者用のパソコンが購入できますが、是非5人一緒に講義が受けられる様にできればと思います。4月より東京都立川市に現在より広い場所を商工会議所さま経由で確保できることになり、より多くの障がい者に学ぶ機会を提供できればと思っております。
 
ぜひ皆さんと一緒に目標を達成できればと思っております。 1人でも多く方にのご賛同、ご支援いただけると嬉しいです!


 

障がいのある人たちに向けたパソコン教室で、保護者の負担を軽減したい!

 

はじめまして。特定非営利活動法人(申請中)SOUの友田由香と申します。私はこれまで20年間、障がいを持った息子のサポートをきっかけに、障がいのある人とその保護者を応援する様々な取り組みを行ってきました。初めは小さな活動からスタートしましたが、徐々に活動の輪は広がり、現在では多くの障がい者・保護者の方々から前向きな声をいただくことが増えました。

 

活動の中でも、就職や創作活動に役立つ「パソコン教室」は特に力を入れていますが、今後安定的に運営していくためには、パソコンの台数が足りていません。

 

パソコンを新たに購入し、今後さらに充実した支援活動を行っていくためには、みなさまの応援が必要です!ぜひお力を貸してください。

 

 

 

 

創・奏・想・走 4つの思いを込めた団体を立ち上げました。

 

私は約3年間、NPO法人生活支援センターでの職業指導員勤務経験(自身の身内とのかかわりを入れると18年以上) から、現状地域に不足している就学中・就学修了障害者の職業活動、自立支援のサポートをしっかり行える施設、設備を設立することによって、その保護者も一緒に、日々の悩みを解決するお手伝いや機会の創出を行うためにSOUを立ち上げました。

 

団体の名称でもあるSOU(そう)は障害者の方々と共に創造活動を行い(創)、夢を奏でながら(奏)、想いやりの心を忘れずに(想)、走り続けたい(走)という思いが込められています。2016年1月現在特定非営利活動法人(NPO法人)を東京都へ申請中です。

 

 

 

生活支援センターで勤務するようになったきっかけ

 

知的障害のある息子の高校卒業後の進路として、通所施設の作業所を考えていましたが、見学はしたことはあったものの、漠然と作業所とは?と思っていました。どこか作業所でボランティアででも携われたらなあと思っていたところ精神障がい者、知的がい者の方が通う作業所の求人があり、勤務することになり、今月で4年目になります。今後自分の息子ももちろんですがその人の個性に合った環境や機会、将来に役立つことを教えたり、教えられたりすることに携わっていきたいと思っています。

 

 

 

障がい者の子をもつ保護者たちと関わって、ショックを受けました

 

私自身や息子に対してはあまり意識していませんでしたが、障がい者の子を持つ他の保護者の方と話をするようになってから、こんな話に大きなショックを受けました。

障がい者として他の人から差別されていることを常に感じている。15:30に作業所での活動が終わっても、人目を気にして帰ることが出来ず、18:00まで時間を潰している

思春期に発症してしまい、仕事についたこともない、恋愛もしたことがない、結婚もしたいが出会いがない

障がい者の就労収入は非常に低く、(平均月収10,000円)なかなか社会進出できない

スマホ・パソコンを持っている人は少なく、ネットで調べたいけれど分からない人や、親が依存症になることを恐れて子どもに持たせないことが多い

障がいを持つ人自身はもちろんですが、保護者にも大きな負担・ストレスがのしかかっています。私自身障がいのある子どもを持つ親として、保護者の方々の気持ちが理解できる分、みなさまの力になりたいと思うようになりました。

 

 

 

小さな活動から、少しずつ活動の輪を広げてきました。

 
SOUは、立川市及びその周辺地域の障害者(特に就学中、就学修了者)への学業過程終了後の受け入れ先(作業所、雇用先等)が少ないことが障害者本人のみならずその家族にとっても大きな悩みとなっていることについての問題解決機会やスペースの提供、ふれあい、楽しい体験の機会、成人しその後の雇用機会、賃金の向上、その他活動機会の創生、またその障害者保護者に対しても雇用、時間などの創生活動を行い、障害者及びその保護者に対して地域と一体となった支援活動を行っております。

 

 

 

利用者の方々からは、前向きなご意見をいただいています。

 

まだまだ団体の活動自体は小規模ですが、今まで体験出来なかったことに触れられて嬉しいという声はもちろん、障がいのある人やその保護者が集うコミュニティとしての役割にも、期待していただく声が寄せられるようになりました。

 

活動を通じて、障がい者の方々は余暇の過ごし方がわからず時間を持て余してしまっていることがわかりましたので、今後はこちらから地域などに積極的に発信を行い、イベント等を通じて障がい者の方々の余暇を充実させ、満足していただきたいです。

 

 

 

個人ベースで行ってきたパソコン教室


様々な活動を行う中で、障害者の就職、自立支援活動援助の一環として就学終了障害者に対して企業就職及びビジネス機会の向上のためにパソコン操作教室を開いてきました。

 

現在個人のパソコン2台のみでインターネット検索・ワード・エクセルなど基本的な操作をレクチャーする活動を行っていますが、口コミで希望者が増えてきており、複数の障がい者が一堂に集まって一緒に講義を受けるのは難しい状況です。今後はさらに多くの方に、イラストレーターやフォトショップなどの操作も教えることで、就職の手助けだけでなく、障がいのある人自身の創作活動支援も行えるような環境を作りたいと思っています。

 

今回のクラウドファンディングでご支援いただいた金額は、教室で使用するパソコンの購入費用に充てる予定です。

 

 

 

この講義を継続的に展開するきっかけをつくりたい!

 

現在は立川市の個人的なつながりの障がい者さんにのみ講義をしていますが、規模を少しでも大きくできることで地域で同様の悩みを持っている障害者及びその保護者に喜んでいただくことができます。またパソコン操作の知識や技能を身につけることで障害者自体の自立支援や賃金の向上にもつながり、地域社会の活性化や就労機会の創造により健常者と障害者の相互理解がより深まります。

 

みなさんのご支援で、このパソコン教室を安定的に多くの方に届けていくことができます。ぜひ応援よろしくお願いします!