プロジェクト概要

    『手延べオリジナル麺』で

       伝統技術を持った製麺所を倒産や廃業から守りたい。

 

初めまして。私は島原手延べ麺の卸業をやっており、地元で生産される美味しい麺だけを各素麺組合や個人経営の製麺所から直接買い付けて販売しています。370年以上の歴史を持つ伝統製法の手延べ麺は今、消滅の危機を迎えています。そこで今回、そうめんに代わる新しい麺を開発・製造し、新たな市場を開拓して、弱小な素麺組合や製麺所を倒産や廃業から守ります。その第1段として、北海道・利尻昆布麺、沖縄ゴーヤ麺、沖縄ウージー麺、シルク麺のオリジナル麺を先祖代々伝わる熟練した匠の技をも持つ製麺技術士が心を込めて作ります。

 

しかし、開発・製造費用50万円が不足しています!みなさまのお力をお借りし、島原の手延べ麺を守りたいです。どうかご支援よろしくお願い致します。

 

東京の会社に勤務していましたが、素晴らしい製麺技術が失われる現状を知って、転職を決意!

 

おいしさの秘密は「370年の歴史を持つ伝統製法」

 

島原の手延べ麺は370年の歴史を持ち、伝統製法でゆっくり時間をかけ生地の熟成を繰り返し、手で1本1本にヨリをかけながら徐々に細く引き延ばし、約450mの長い一本の麺にして、切り揃えます。そのため、表面はツルツルとして、食べるとモチモチ感があり、手で延ばしていくので茹でた後も延びにくくコシの強い麺になります。

高品質な原材料で作る麺が美味しいのは、もちろんの事ですが、それと同様に大切なことがあり、熟練された製麺技能士は長年の感覚で季節や天候、時間、気温、湿度により原材料の配合を微妙に変えながら麺を作っていきます。

この熟練した匠の技を取得するのも、失敗や努力を重ねながら20年以上かかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

地元を離れ、気づかされた島原手延べそうめんが持つ魅力!!

 

私は20代~40代までの25年程、東京のIT企業で働いていました。夏になると食欲も低下するので、実家のある島原からそうめんを送ってもらっていました。ストックがなくなるとそうめんを求め、スーパーに走りましたが、購入した麺を茹でるとお湯が白く濁って麺自体も溶け出し、茹で上がったそうめんもコシがなく食感もあまり良くありませんでした。

 

小さい頃から地元のそうめんしか食べていなかったので、そうめんにもこんな違いがあるのだとその時に初めて気づきました。そもそも島原の手延べそうめんは、品質が高いことから、三大そうめんの一つである三輪のブランドで販売されていました。我が家の先祖も島原の乱の時に小豆島の池田町より来たそうなので、もしかすると小豆島そうめんも食べていたのかも知れません。(この島原の地にも池田と言う地名が数多く残っています)

 

廃業した製麺所の機械

 

■日本三大そうめん

  奈良県の「三輪そうめん」

  香川県の「小豆島そうめん」

  兵庫県の「揖保乃糸」

 

 

 

島原そうめんの歴史

誕生から生産量全国第2位という実力を誇る一大そうめん産地になるまで

 

1637年に起こった島原の乱により、ほぼ無人化した島原半島に江戸幕府は移民政策を行い、全国各地から入植者が集まりました。入植者の中にはそうめんの製造が盛んだった三輪地方(奈良県)の人々や小豆島(香川県)からの人々もいて、彼らによって手延そうめんの製法技術の基礎が伝えられたそうです。一方、中国の福建省から当時の貿易によって伝来してきたという説もあります。

 

買取金額を叩かれると、設備投資が出来ないために老朽化した機械を使うしかない!

 

島原の乱によって島原一帯の地が荒れ果て、幕府は救荒作物として小麦の栽培を奨励し、その小麦栽培の副業として入植した彼らにより手延そうめんの製造がなされ、子から孫へ伝統技術として代々受け継がれてきました。島原地方は国立公園・雲仙岳の肥沃な土地が育んだ良質の小麦、名水百選にも選ばれた雲仙岳山麓からの美味しい湧き水、そして温暖で晴天日の多い内海性の気候、美味しいそうめんをつくるための好条件が揃っています。

島原手延そうめんは品質に優れていたので、生産量の8割を三輪地方へ供給し、これまで三輪そうめんとして販売されていました。全国には手延べ麺の産地が沢山ありますが、業界では一流の三輪の販売元が製造産地として選んだのは島原の手延べそうめんでした。それ故に島原手延そうめんとしてのブランド化は遅くなりましたが、伝統と高度な技は連綿と受け継がれています。こうして、長い苦難と努力の末、島原手延そうめんは生産量全国第2位という実力を誇る一大そうめん産地へと成長しました。

 

あまり知られてはいませんが、島原で生産される手延べ麺はそうめんだけではありません。うどん、ラーメン、パスタ、そば、中華麺、ゴマ麺、雑穀麺、ちゃんぽん麺など様々な麺が手延べ製法で作られ、近年では『手延べ麺の里』とも呼ばれています。

例えば、私が販売しているパスタは世界初のディラム小麦粉100%の手延べパスタで特許取得の商品です。麺の茹で時間も3~5分位で、しかも従来の押し出し方式のダイス製法(小さな丸い穴が開いた型)のパスタよりも麺のゆで延びがありません。

 

 

全盛期には450軒程あった島原の製麺所は、現在は約300軒まで減少!

 

衰退した理由として、2000年(平成12年)に法の改正があり産地偽装の問題が発覚してしまい三輪へ供給できなくなってしまいました。生産量の8割が三輪へ供給していた為に島原手延べそうめんとしてのブランド化が遅くなってしまい、しかも長年続いていた販売ルートもなくしてしまいました。その結果、ブランドの知名度が低いために安価で取引されたり、中には販売価格をを下げる為に(原価率を抑えた)安い原材料を使う製麺所も現れています。

 

個人経営の製麺所は30社程ある大小の各素麺組合に所属して、小麦粉や原材料の共同購入や出来上がった麺の出荷をしています。5~6軒で組織する小さな組合や大手の販売ルートを持たない組合は発注元より買取金額を叩かれ、安価で商品を引き取ってもらうしかありません。また、売れ残ったそうめんや製造過程で出たB級品の一部は沖縄へ原価に近い価格で販売され、それらの麺にも手延べ独特のコシがある理由で『そうめんチャンプル』として食べられているそうです。

今回のプロジェクトでは沖縄の方々にも満足頂ける麺を食べて頂きたい想いで、沖縄ゴーヤ麺や沖縄ウージー麺、シルク麺を新たに開発するきっかけとなりました。

 

 

 

 

島原そうめんにも品質や値段などの様々な違いがあります!!

 

①手延べ麺、機械麺の違い。

②小麦粉の国産品、外国産品の違い。

③国産小麦でも北海道産、福岡産、佐賀産、ブレンド、その他の違い。

④食用油(オリーブ油、キャノーラ油、綿実油、ごま油など)の違い。

⑤食塩(ブランド塩)の違い

食べ比べてみると、色や臭い、食感などでその差はハッキリと分かります。

 

ブランド力が弱く商品の価格競争になると、仕方なく原材料の品質を下げて製造する組合や製麺所は、他産地のものより安価で販売するしか方法がありません。

こんな状況ではいくら仕事を頑張ったり、技術を磨いても生活は決して楽にはなりません。

 

高品質な第一級品のオリジナル麺で新たな市場を開拓して、伝統技術を持った製麺所を倒産や廃業から守りたい!!

 

そうめんに代わる次の新しい麺を開発・製造することで、新たな市場を開拓して、弱小な組合や製麺所にオリジナル麺の生産を依頼して出荷金額を安定させ、伝統技術を持った製麺所を倒産や廃業から守りたい。例えば、全国から30種類のオリジナル麺を受注すると、30社程ある各製麺組合に1種類づつ製造依頼が出来て、各製麺所での生産が可能になります。もし、その中に人気が出てヒットする麺であれば、1年を通して生産出来ます。

 

まず、その第1段として北海道・利尻昆布麺、沖縄ゴーヤ麺、沖縄ウージー麺、シルク麺の4種類のオリジナル麺を作りたいのです!

今回のオリジナル麺は手延べ製法により厳選された北海道産小麦粉とバージン・オリーブ油で製造しますので、高品質な第一級品の麺になります。

 

同じ麺でも冷麺や温麺、つけ麺、だし麺、サラダ麺などにして色々な食べ方があります。

 

■北海道・利尻昆布麺

現在、利尻昆布パウダーの入った麺の商品は北海道産のラーメンがあります。
しかし、利尻昆布100%のパウダーをシンプルな味のそうめんやうどん麺に練り込むことで、過度な調味料がなくても麺の内部から独特の昆布風味が染みだして、さらに豊かな味になり満足して頂けるものと確信しています。

 

■沖縄ゴーヤ麺

沖縄には有名な『沖縄ソーキそば』があります。そのソーキそばに替わる新たな沖縄の特産品としてゴーヤ麺を作り、全国に住んでいる沖縄出身の方々へ届けたい。また、代表的なチャンプル料理には『ゴーヤ・チャンプル』や『そうめんチャンプル』がありますが、その二つの要素を併せ持ち、しかもゴーヤが収穫出来ない冬場でも簡単に食べられる『ゴーヤ麺チャンプル』の料理を提供したい。

 

■沖縄ウージー麺

ウージーとは沖縄の方言でサトウキビのことを言います。沖縄の唄(かりゆし58の「ウージの唄」やTHE BOOMの「島唄」)にも歌われるほど身近なものですが、そのウージーを使った麺がまだ存在しません。ウージー麺を作ることで、沖縄の方々に新たな食材での町興しの一環として使って頂きたい。また、沖縄出身の方々には故郷の風景を懐かしみながら食べて頂きたい。ウージー麺は食物繊維や鉄分、ポリフェノール等が豊富なので健康志向の方々におすすめです。

 

■シルク麺

健康志向の昨今、シルクを使ったサプリメントや健康食品、化粧品などがブームになっています。シルクに含まれるアミノ酸が肝機能の強化、コレステロールの低下、脂肪燃焼の促進、糖尿病治療なども力を発揮すると言われ、油脂を物理的に吸着し消化吸収しにくくする作用や、食物繊維様の働きなどで中性脂肪の低下、血糖値の低下、肝機能の向上が期待できるそうです。

これらの効果があるシルクパウダーを練り込んだ手延べ麺を食べて頂きたい。

シルク麺の太さはそうめんと細うどんの中間くらいなので、夏場は冷たいシルクそうめんで、冬場は暖かい出汁で1年を通して食べられます。また、シルクには抗菌性,吸湿性,放湿性,保温性,紫外線カット,静電気防止等の機能があります。

 

370年の手延べの伝統製法でつくる【北海道・利尻昆布めん】【沖縄ゴーヤ麺】【沖縄ウージー麺】【シルクめん】の味は保証致します!

 

新しい特産品で製麺所を救うためにはみなさまのお力が必要です。何卒、ご協力よ

ろしくお願い致します。

 

 

◇◆◇◆◇リターンについて◇◆◇◆◇

 

■幻のめんつゆ【味道楽】(リターン商品)

いくら美味しい麺でも、その出汁やめんつゆが美味しくなければ何の意味もありません。逆に食材にこだわり一流の美味しい出汁があっても、麺自体が美味しくないと2流の料理になってしまいます。そうめんやうどん麺はめんつゆとのハーモニーでお互いの美味しさをより引き出してくれ、高級料亭の味に近づけことが可能です!

地元では『幻のめんつゆ』と云われているものに【味道楽】があります!南島原市役所で長年そうめんのPRを担当していた方が作った絶品で、入手の難しさからそのように呼ばれています。開発者は役所に勤務する前は高校で数学や化学を教えていた方で、それ故に醤油(本醸造)・昆布・かつお・しいたけ・みりん・その他のこだわりの食材を緻密な計算方式で調合・配合して製造されています。もちろん、保存料無添加で万能調味料として多様に使えます。

保存料無添加で万能調味料の絶品のつゆ!

■村木養蜂場の純粋蜂蜜(リターン商品)

  昭和24年の創業以来、高品質な純粋ハチミツにこだわった島原の老舗養蜂場です。

  健康志向の方に、是非お勧めしたい逸品です。

 ・櫨の密(はぜのみつ)・櫨の密
    櫨(ハゼ)の蜜は全国的にも珍しい上質の蜂蜜で、山レンゲとも言われています。
   山吹色で独特の風お味があり甘味が強く、古くから体に良いとされ珍重されています。

   ・みかん密
     温暖な気候の島原半島で育まれたミカンの花の蜜です。
     柑橘系特有の香味が特徴です。

   ・百花密(ひゃっかみつ)
     クリ・ツゲ・モチの木・タニワタシ・カボチャその他複合されたビタミンやミネラルに

     富んだハチミツです。
   ・アカシア密
     味は淡白でクセがなくレンゲ蜜に似ており、他の蜂蜜に比べて果糖が多いため冬季

     でも結晶しにくいのが特徴です。果実漬け等に適しています。

                 村木養蜂場HP: http://www.shokokai.or.jp/42/4236210059/

 

 ■あなたがう発案者! オリジナル麺を作れる権利

 

  ◎オリジナル麺の開発・製造費

      ・50g×5400束(9kg×30箱 270kg)

       ・販売可能価格 :1kg 2000~2500円(約54万~67.5万円相当分) 

    ・リピート・オーダーも可能です(開発がないので、価格も下がります)

 

   <使用例>

   ①冠婚葬祭時の引き出物や香典返し、出産時の内祝いとして

    ・1kgの引き出物の場合 50g×20束(2000~2500円相当)  270人分

    ・2kgの引き出物の場合 50g×40束(4000~5000円相当)  135人分

    ・3kgの引き出物の場合 50g×60束(6000~7500円相当)   90人分

 

   ②自社オリジナル製品の販売品として

    ・4束200gの商品(400~500円相当)   1350個

    ・5束250gの商品(500~625円相当)   1080個

        ・8束400gの商品(800~1000円相当)   675個

    ・20束1kgのギフト商品(2000~2500円相当)  270人分

    ・40束2kgのギフト商品(4000~5000円相当)  135人分

    ・60束3kgのギフト商品(6000~7500円相当)    90人分

    *当社で販売している手延べ十六雑穀麺の販売価格は4束200gで

       税別価格で520円です。

   

   ③地方の町興し事業品として

   ④多様な粗品として

  *商品化パッケージのデザイン及び製造・梱包、ラベル等の費用は含まれません

  *詳細はお問い合わせ下さい。

 

  ■お礼のメッセージカード 

  ■幻の麺つゆ【味道楽】 500g×12本

  ■国産蜂蜜 500g×3本セット

   (ハゼ密、みかん密、百花密)

  ■特別ご優待券 オリジナル商品を50%off

   で購入していただけます。

  ■オリジナル麺セットを店頭で販売できる権利