プロジェクト概要

熊本で、音楽とアートが融合した子どもの学び

+楽しい家族の在り方を考え、応援するイベントを開催したい!

 

はじめまして!九州は熊本にて実施予定の「天草こどもフェス2016」実行委員長の、後藤かよ子と申します。私はアートペインンターならびに、子ども達の出張絵画教室を10年続け、これまで数多くのアートと絡めた子どもイベントを多数開催してきました。この10年を節目に、「音楽とアートを融合し、子どもだけじゃなく、楽しい家族の在り方を考え、応援するイベントを開催したい。」そんな思いから「天草こどもフェス2016」の実行委員会を立ち上げ、今年の5月開催に向けて日々準備を進めています!として開催したいと思っています。

 

今年は、これまで熊本に数少なかった音楽やアートを親子で楽しめる機会を提供することで、子どもの学びを支援すると同時に、家族も共に楽しみ絆を深められるイベントを目指しています。親子参加型のキッズディスコ、プロのアーティストと楽しむアートペイントや子どもファッションショーコンテストなどを通じ、地域ぐるみで子どもたちの感性を磨くとともに、お母さんたち自身も楽しめるプログラムにすることで日々の疲れを癒してもらえたらと考えています。

 

しかし現在、地域での協力者や会場は決定しているものの、音響設備やスタッフ、会場設営費など実施に不可欠な費用70万円が不足しています。皆様のご協力を頂きたいと思っております。

 

子どもお仕事体験 お店屋さん

 

 

子ども中心の生活であるお母さんたちが同時に癒されるイベントがあればいいのにという自身の思いをきっかけに

 

私がこのイベントの実施の決断に至ったのは、これまでの活動経験に加えて、自分自身の母としての経験も大きく関係しています。現在私自身も2児の母で、仕事と育児の両立の苦労があり、「子どもたちが学びを得られると同時に、世の中のお母さんたちが癒されるようなイベントができたらいいな。」と、多くの方に話していました。そこに共感してくださる方々が集まり、実行委員会を立ち上げることができました。

 

 

音楽やアートは、

ときに生きる喜びを与えてくれたり、ときにパワーの源になったり

人間が作り出した最高のものの1つだと思います

 

実際に以前海外に住んでいた際に、自分自身が大変なときは音楽とアートに救われてきました。その後日本に帰ってきて、音楽とアートに触れて癒されたり、パワーを貰えたりする機会や場所が、熊本には意外と少ないことに気がつきました。また私だけでなく、多くのお母さんたちにとって癒される時間の必要性というのも感じることが多くあります。私の場合、子ども達にアートを通じて様々な体験をさせるという仕事を通じて、親御さんのお悩みを客観的に聞く立場になることも多いです。そこで耳にしたお母さんたちの様子は、子育て、仕事、人間関係など、それぞれ悩みを持っている一方で、子ども中心の生活でリフレッシュがなかなかできず、疲れが溜まっている方が非常に多いのが実情です。そうしたさまざまな実感から、「子どもも、おとなも、ゆっくりできて一緒に音楽やアートを楽しめるイベントが熊本にあったらいいのに。」と長らくイメージを膨らませてきたのです。

 

みんなで町を作ろう 子どもアートイベント

 

 

「キッズディスコ」を中心に、

子どもの学びと大人の癒しを両立するイベントを実施します。

 

これまで熊本で身近に参加できる音楽やアートのイベントといえば、夜行われるライブなどの機会くらいでした。しかし、親子連れで遅い時間のイベントに参加するのは現実的には無理です。そこで、「夜の大人しか楽しめなかったイベントを、子どもにもちょっとおませな気分で参加してもらって一緒に楽しめないかな。」と考えていたところ、久留米で、こどもの為のクリエイティブな音楽イベントをしていらっしゃる方々にご協力を頂き、まだ地元熊本では馴染みの無いイベントを立ち上げる事となりました。

 

 

 

たくさんの家族にアート・ファッションに触れる、

クリエイティブな感性をくすぐられる一日にしたい

 

イベント実行に向けて、具体的なプログラムは既に計画済みです。メインイベントである親子参加型のキッズディスコでは、音楽を通じてダンスに興じることで、子どもの自己表現や、感受性の向上、もしくは子ども同士のコミュニケーション形成などの効果を期待しています。また、画家/ペインターの原口正治と子どもたちによりアートペイント、子どもファッションショーコンテストの実施も予定しています。そして、お母さんたちも主体者として参加をしてもらおうということで、熊本発でTV他メディアにて取り上げられ今や全国からの発注で予約待ちのおんぶ紐「おんぶもっこ」を使用したママフッションショーも実施予定です。さらに、今回はより多くの子どもたちとお母さんたちが楽しめるよう、走行型ロボットを動かすことを通して初めてでも簡単に体験できる「ロボット・プログラミング体験」も同会場内にて実施をします。会場は、熊本を代表する観光名所である天草に今年オープンした「リゾラテラス天草」。イベントとして、たくさんのファミリーにアート・ファッションに触れるクリエイティブな感性をくすぐられる一日にしていただきたいと思っています。​

 

 

 

プログラム計画等は順調な一方で、運営に不可欠な費用が現在不足しています。どうか応援をお願いいたします!

 

多くの方のご協力のおかげで、これまでに具体的なイベントの内容、実施会場は決定しているものの、音響機材やスタッフに関連する費用、会場設営に関連する費用を中心に、運営に不可欠な費用が現在足りていない状況です。

 


《費用詳細》計700,000円
DJ謝礼:60,000 円(10,000円×6人)
DJ交通費:30,000円(5,000円 ×6人)
施設使用料:30,000円 
音響機材関係費レンタル:200,000円 
DJ機材レンタル費:100,000円 
各イベント案内看板:40,000円 (10,000円×4)
アートペイント用ペンキ:40,000円

薄め液:10,000円 
刷毛関係:10,000円 
養生シート:10,000円 
会場デコレーション資材:60,000円 
アート会場盤面:16,000 円(20,000円×8)
ファッションショー赤パンチ:10,000円      
ファッションショーの控え室にする目隠し等その他雑費:84,000円


 

親子で共に体験し、学び、笑いあうことで家族の絆を深める

地域の方と一緒にイベントを作り上げ機会を子どもたちに

 

今回のイベントを通じて、これまで感じてきた「お母さんたちも一緒に楽しむことで、癒されてほしい。」という思いを実現するだけでなく、音楽やアートを中心としたこのイベントを通じて子どもたちの自由な創造性を育み、感性豊かな子どもを熊本にも増やせたらと考えています。また、親子で共に体験し、学び、笑いあうことで家族の絆を深めることにも繋がったら、これまでの子どもだけに目を向けたイベント以上に子どもも、大人も得るものの多いイベントになるのではと思っています。

 

加えて、子どもたちにとっては、地域社会の大人とのふれあいというのも重要なテーマです。今回のように地域の方と一緒にイベントを作り上げ、子どもたちにもそうした機会へ接点を持ってもらうことで、持続的な地域活性の一翼を担えたらという気持ちで、イベントの実行を実現したいと思っています。是非皆様のお力をお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

リターンをご紹介!

 

 

◎サンクスレター
◎会場限定ポストカードプレゼント!

◎当日看板にお名前を記載。

 

本番の会場はここが入口です!

当日の看板に支援していただいた方のお名前を記載させていただきます。

 

◎当日作成したアート作品を記念品としてプレゼント!

 

当日子どもたちと一緒に作成したアート作品を

記念品としてプレゼントさせていただきます!

 

◎アーティスト原口氏とのアート体験コラボ作成※A5もしくはA4から。

(一緒に作った作品は、後日作品として送付します。)

 

原口 正治

(Shoji Caliañga Haraguchi)

「自分の生き様を絵に刻みつけるんだ」

師の言葉に強く心打たれ以降独自の制作を展開。

19歳でフィリピンに渡り周りを一切遮断して絵画の修練に励む。

帰国後、2009年初個展を開催。

熊本県内ギャラリー及び美術館やBarなどでも展示会活動。

2014年から原口祭りを開催。山鹿市教育委員会からの後援も受け、

子どもたちメインに絵を描くことの楽しみを伝えつづけている。
 

◎リゾラテラスお食事券(5000円分〜10000円分)
◎天草食材詰め合わせセット

 

熊本天草の美味しい食材とリゾラテラスお食事券をお届けします。

 


最新の新着情報