プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

徳島県三好市の「マチトソラ芸術祭」を多くの方に知って頂けるよう、資料集を作成したい!

 

はじめまして。地域づくりのNPO法人マチトソラに所属しております、元木です。マチトソラのある徳島県三好市は「マチ」と呼ばれる中心市街地と「ソラ」と呼ばれる山間部があります。

そこに残る古民家をいかした取り組みの一環として、2015年までの3年間「マチトソラ芸術祭」を開催してきました。しかし、なかなか知名度が上がらず、集客に苦労しています。そこで今回、アーティストインレジデンスやイベントの様子などをまとめたマチトソラ芸術祭の資料集を1,000部作成することを計画しています。

 

しかし、資料集1,000冊を作る製作費と、郵送費その他合わせて10万円が足りません。皆様、どうかお力を貸して頂けないでしょうか。ご支援よろしくお願い致します。

 

​​

 

古くからのうだつの町並や独特の文化が残る地域だからこそできる芸術祭を企画しています。

地域の魅力の再発見、魅力発信、交流人口の増加を目的として2013年より始まったこの活動。最初は、東祖谷落合にあるNPO法人ちいおりトラストのスタッフと、池田町にあるNPO法人マチトソラのスタッフの交友があり、「山間部と街とを繋いで、なにかイベントができたら良いね!」という話からスタートしました。お互いのまちには古くからの町並や文化があるので、それを活かし、「古いモノと現代アートの融合した芸術祭」というかたちで開催を決めました。


 

三好市の様子

 

三好市池田町は、古くはタバコ栽培で栄えた町で、今尚うだつのある町並みが残っています。また、祖谷地区には平家落人伝説が残っており、屋島の合戦から逃れた安徳天皇がこの場所でご逝去されたという言い伝えがあります。現在は古民家再生で知られ、アレックス・カーというアメリカ人が理事長を務める「ちいおりトラスト」(持続可能な観光産業と農業により祖谷を再生するために作られたNPO法人。http://www.chiiori.org/index.html)が、古民家篪庵の修復と維持、祖谷の再生などに取り組んでいます。加えてこの土地は、四国の真ん中という場所柄、かつての宿場町としての賑わいもあり、人口比に対する飲み屋の数が全国で5本の指に入るほど多い土地柄でもあります。加えて、酒蔵もあることから毎年二月に四国酒祭りというイベントを行い、全国各地から多数の人が訪れています。また、同日にうだつマルシェというイベントもあり、四国中の美味しい食べ物やこだわりの手作り雑貨などが販売され、にぎわっています。もう1つの芸術祭の会場である山城町には、妖怪の言い伝えがあり、こなきじじいの故郷としても有名です。毎年地元の方が主催する妖怪祭りが行われ、多くの人でにぎわっています。このように、それぞれのエリアに、さまざまな特徴がある土地柄です。

 

これまで地道に開催してきた、地域資源を活かした芸術祭をもっと多くの人に知って欲しい。
 

これまで3回、毎年特徴あるイベントを芸術祭のために企画し、実施をしてきました。この積み重ねを活かして、次回以降の開催時にはより多くの方に足を運んで頂きたいと思っています。これまでに行ってきた芸術祭の内容は以下の通りです


《第一回》 
「古民家に灯る音、山に木霊する明かり」をテーマに開催しました。東祖谷のアレックス・カー所有のちいおりにて半野喜弘さんとAOKI takamasaさんのライブ、池田町の築150年の町屋を改装したスペースきせるにて、よしいいくえさんの「マチトソラモビールつくり」などを行いました。その他、約20人の展示作品や映画上映やワークショップ、地元の方がマルシェやソーセージ作り、天空の落合集落のガイド等を行いました。

《第二回》 
・アーティストインレジデンス利用者によるアート製作・ワークショップ
夏の時期に滞在製作を行う赤嶺智也さんにご協力頂き、徳島県を代表する祭りである阿波おどりをモチーフに作品を製作しました。また、池田町の地元住民の家のシャッターアートや、子供たちとのワークショップも開催しました。

・food scape!ワークショップ—美味しい祖谷の風景― (食をテーマにしたイベント)
堀田裕介さんに風土とfoodを融合させた食のモザイクアート「foodscape」をみんなで作るワークショップを実施頂きました。

・池田スナック来夢来人トークショー
スナック乱立地帯の池田町にちなみ、スナック文化に造詣の深い写真家・編集者の都築響一さんに、徳島在住のヒップホップミュージシャンにレクチャートークを繰り広げて頂きました。

その他イベント 野菜を使ったブーケづくりのワークショップ、スナックを舞台にしたお茶会なども実施。22人のアーティストが参加し、作品を展示して頂きました。
 

説明: https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/143564/content_2c3159e305bdf75a98feb79014d0acf7cef4eba7.jpg
マチトソラ芸術祭に出店された作品

《第三回》

・アーティストインレジデンス利用者によるアート製作・ワークショップ
東祖谷落合で製作滞在を行う 「くうのき」さんに参加を頂きました。祖谷の写真にイラストを添えた作品をふすまに印刷した作品や、「ニシユキ」仏像をモチーフにした作品も製作頂きました。

・狸千年マツリプロジェクト
この地域に残るたぬき伝説をモチーフに作品を製作しました。山城町に滞在し、妖怪伝説を元にワークショップを行いました。併せて、たぬき提灯をワークショップで地元の子供たちと共に制作する機会も設けることができました。

 

・マチトソラ芸術祭アートツアー 
各会場を巡るアートツアーを開催しました。アーティストの方自らが作品についての説明を行う機会にもなりました。


・宮脇慎太郎 祖谷を一年間撮り続けた写真集「曙光」出版記念トーク&ライブ 
天空の集落の祖谷地区を一年通して撮影した写真集の出版記念イベントです。スライドで写真を流し、地元のガイドとともに撮影秘話を語るトークショーや、音楽家渡邉和三郎さんによる池田と祖谷でフィールドレコーディングした音楽を使ったライブを行いました。

 

その他、たゆたうのお月見ライブや田中祐子身体表現ワークショップも開催しました。18人のアーティストが参加し、作品を展示して頂きました。

このように、昨年まで3回毎年特徴あるイベントを企画し実施をしてきました。しかし、なかなか知名度が上がらず、集客に苦労しています。

 

説明: https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/143558/content_90aaebcf9423c6f8378d8c3b99e58b6980414a58.jpg
マチトソラ芸術祭の様子

これまでの芸術祭の資料集を作り、より多くの方に芸術祭の魅力を伝えたい。ご協力をお願いします!
 

そこで今回私たちは、「今までの展示作品やアートイベント・アーティストレジデンスの様子などをまとめた資料集があれば、もっとたくさんの人に知ってもらえるきっかけになるのでは?」と思い、作成を決めました。芸術祭のことや、この地域の魅力をより多くの人に知っていただきたいと思っています。

 

昨年度のマチトソラ芸術祭には、1,500人の方が足を運んでくださいました。次回開催時には、今回作成する資料集を活用し、3,000人の集客を目標にしたいと考えています。皆様のご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

地域の魅力溢れる芸術祭で多くの人に私たちの街を知ってもらい、次世代の若者に繋いでいきます。

 

説明: https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/143571/content_ed32bbad9f65a0a89bf440b068b8951bb605e873.jpg

 

私たちは芸術祭を通じて、自然豊かな祖谷地域・町の人々が活気あふれる池田地域の魅力をより多くの人に伝えたいと思っています。そして、またさまざまな人がこの場所に集うことで、次の世代を担う若者たちが地域に魅力を感じ、交流を深め、新しい可能性を作る場にしていきます。

そのためにこれまでの芸術祭の成果を活かし、より多くの方がこの地域を訪れ、魅力を感じて頂けるよう芸術祭の資料集を活用していきます。どうか、皆様のご協力をお願いいたします。

 

★リターンについて★

・サンクスメール
・マチトソラ芸術祭チラシ・パンフレット
・マチトソラ芸術祭記録資料集
・三好市お土産詰め合わせセット
・アーティストグッズ