応援レポート第三弾!今回は、なんと、劇団ハタチ族からいただきました!!昨年、前代未聞の365日間連続で演劇をする「365日公演」を達成したハタチ族。今後、三江線で演劇という新しいチャレンジを予定しています!ぜひ読んでみてください!!!

 

>>>

 

皆さん、こんにちは! 島根県雲南市を拠点に活動中の劇団ハタチ族です。 昨年は雲南市で『地方でも毎日演劇を楽しめること』を目標に“365日公演”に挑戦をしました。たくさんの皆さんのおかげで成し遂げることができました。本当にありがとうございます!

 

そんな私たち、劇団ハタチ族。 吉田さんのプロジェクト、人ごとだとは思えないのです。

 

“廃止の危機にあるJR三江線をみんなが笑顔で集う場所にしたい!”

“4月から1年間、全52週にわたって毎週、三江線沿線でイベントを開催するか、既存のイベントの応援をします。”

”「人口が減るから仕方ないよね」”

 

江津市と雲南市。 鉄道と演劇。

場所や手法が違っても思いは同じです。 応援しない訳がありません!

 

そこで!ご縁あって、私たち劇団ハタチ族も三江線で演劇をさせて頂くことになりました。7月に計画しています。

 

ハタチ族メンバーも参加してくれた昨日の鉄子列車の様子

 

三江線×ハタチ族(演劇)=無限大!!

どんな1日になるのか、私たちも楽しみで仕方ありません。

 

雲南市には開線100周年の木次線があります。 吉田さんの三江線プロジェクトを知ったことをきっかけに、以前よりもっと木次線のことを考えるようになりました。 そして思ったのです。 より多くの皆さまに、吉田さんのプロジェクトのこと、過疎地域の鉄道がかかえる問題、地方でだってたくさんの可能性があることを知ってほしい。

 

三江線の魅力、演劇の魅力をお伝えできれば幸いです。

このプロジェクトに関われることが嬉しい!! ハタチ族、全力で応援協力いたします!!