プロジェクト概要

はじめまして。私、1990年代に、仕事でHawai‘iオアフ島に滞在した事で「Hawai‘iの素晴らしさ」を知りました。その後、休暇の度に「Hawai‘i 帰省」をするようになり、『リゾート地の快適さがありながら、東京レベルの便利な環境が共存するのは、Hawai‘iオアフ島だけだ』と実感しました。

そんな私、友人からよく「Hawai‘iのおすすめを教えて」と聞かれます。そこで、Hawai‘iを好きな人たちが持っている情報をアーカイブし、公開できる Hawai‘iの情報まとめサイト「HI Mahalo  ハワイ•マハロ」の制作を考えました。

 

プロジェクトの概要

 

Hawai‘iの情報は、書籍や雑誌が数多あり、インターネットには公式ホームページから個人Blogまで、情報が氾濫しています。情報収集者は「情報過多による選択の困難」に陥り、休暇で「Hawai‘iに行こう!」と思っても情報が多すぎて困ります。

この『 HI Mahalo ハワイ•マハロ 』は、「グノシー」+「食べログ」のようなHawai‘i版の情報まとめサイトです。検索者は「自分の求める情報が得られる」、紹介したい人は「自分の情報を掲載し情報拡散できる」といったような、Hawai‘iコミュニティWebサイトを構想しています。このサイトで「快適で、便利なHawai‘i」を伝えます。
 

Webサイト Topページのイメージ画像

 

 

なぜ、Hawai‘i か?


はじめて私がHawai‘iを訪れたのは1990年代、仕事でオアフ島に7ヶ月間滞在しました。実際に住んでみると、大衆リゾート的な一般イメージとは異なり、文化的に深い魅力がある事を知りました。

 

そしてその10年後に休暇で再びHawai‘iを訪れ、その素晴らしさ4つを実感しました。


① Hawai‘iは、今までに渡航した海外(米国の西海岸 東海岸 中部、欧州、アジア、オセアニアなど約12の国と地域)と比べ、他のどの地域よりも「安全、便利、近い」 という旅の好条件が揃っている
② 王国時代の移民政策で多くの日本人が移り住んだHawai‘iは、歴史的に日本との繋がりが深く、人種的マイノリティー感がないため、日本人に馴染みやすい
③ 伝承されるHawai‘i文化(土地の恵みに感謝するチャントが由来とされるHula、西洋人が持込んだ楽器が独自に進化したウクレレを基調としたHawaiian Music等)は、とても魅力的である
④ Hawai‘iの波は ”Gentle"で、波乗りが最高に気持ちいい!

 

そして、Hawai‘iの素晴らしさを広く知らせるべく、昨年、電子書籍「心ゆさぶるHawai‘iを発行しました。

 

電子書籍「心ゆさぶるHawai‘i」の表紙

 

 

Webコンテンツ案

 

Webコンテンツとして、以下を予定します。

・メンバーで創るWeb Hawai‘i辞典

Yes/No形式のアンケートにお答え頂き、旅程を提案する「 HI Check 」

・おすすめのHawai‘i書籍、CD、DVDを紹介する「 Cozy Mele 」

・Hawai‘i情報の掲示板「 F.Y.I  HI 」
   ※各情報を、facebook  twitter  google+  との相互リンクを設定します。


Hawai‘iリピーターはもとより「Hawai‘iって有名で良さそうなんだけど、なんで皆が良いっていうの?」「昔行ったけどゴルフと観光ツアーだけだった」というビギナーや、「2、3回行ったけどほとんどワイキキに居てアラモアナに買い物に行った事しか覚えていない」というライト•ユーザーにも、使いやすく、わかりやすいコミュニティーWebサイトを目指します。
 

「HI Check」のサンプル•イメージ画像



そんなHawai‘iを、キーワードでまとめると「C. C Hawai‘i(Comfortable 快適、 Convenience 便利)」。これが、Hawai‘iに人々が惹きつけられる理由です。

 

Comfortable : 気持ちがいい

・一年を通して気候は23度〜26度で温暖で、湿気がなく過ごしやすい

・樹齢100年のバニアン樹や約300種の熱帯植物が生殖し、生命力が島中に溢れている

・火山のホットスポットの真上にあり、大地の氣が漲る“Power Spot”

・重工業産業が無く、排気ガス等の淀んだ大気は貿易風で島内に滞留しない

・山と海の大自然バランス

・訪れた者を拒まない民族性、自然や家族への博愛主義 “Aloha Mind”


☛ Convenience : 便利な環境

・移民の食文化を背景に発展した「多種ローカル•フードのB級グルメ」から、「パシフィック•リムの高級料理店」まで、食の選択肢が豊富である

・Shopping施設や、日本語フリーペーパーや新聞などが充実している

・「ワイキキから車で30分離れると数十年前のOld Hawai‘i」という、都会と昔のままの自然や風景が共存する "Town & Country"(東京の日比谷公園に鎌倉が隣接しているイメージ)。
・リゾートという非日常ながら、日常の「便利な消費環境と情報」が共存する



私の知る限り「東京レベルの安全で便利な日常」と「快適なリゾート環境」がある旅先は、Hawai’i州ホノルル以外にありません!
 

Lanikai Beach


 

未来に向けて

 

Hawai‘iは、毎年約150万人の日本人が訪れます。そのリピート率は58.1%という、他に類を見ない観光地で、JTBの調査では「行きたいディシティネーション16年連続No.1」です。Hawai‘iは日本人が最も愛する旅先であり、旅行カテゴリーでは最も大きな市場なので、Webサイトの受容性は高いと思います。

本プロジェクトの中期計画として「5年後のWebサイト•ユーザー10万人」を目指します。中期には、Web調査会社マクロミルのような「アンケート機能」を増強を予定します。この機能を使い、Hawai‘i志向者の属性、市場性、消費行動などの情報を蓄積し「Hawai‘i市場のデータバンク化」を、このプロジェクトの中期の有り姿として描きます。


Mahalo & Aloha nui loa (^^!. 
 

 

《 HI Mahalo主宰 栗原 俊典 プロフィール 》 

・日本大学法学部新聞学科卒業後、
 日本ケンタッキー•フライド•チキン㈱(KFC)入社
・1990年代、KFC業務でHawai‘i オアフ島に滞在

・その後、KFCマーケティング部へ異動

・2009年「ピザハット ハワイ州誕生50周年記念キャンペーン”」を企画

・2015年 電子書籍「心ゆさぶるHawai’i」を発行

 現在KFCマーケティング部に在籍

オアフで今、大人気のCafe "Morning Glass"  

 

〜〜・〜〜・リターンについての詳細・〜〜・〜〜


■3,000円のリターン
おすすめHawai’i情報まとめ『C.C Hawai’i』(写真入りPDFデータ)
「C.C」は、快適、便利(Comfortable & Convenience)。この2つの「C」が、Hawai‘i最大の魅力です。Hawai‘i オアフ島のC.C情報を、「ロコモコを食べるなら」「アロハ・シャツを買うなら」等、具体的に30項目に絞りまとめた 
ReadyFor限定の情報まとめです。

 

 

■7,000円のリターン

※3,000円のリターンに加え
電子書籍『心ゆさぶるHawai’i』
「なぜ、人々はHawai’iを求めるのか ? 」を、データやアンケートをもとに、生理的、感性的、環境的な要因を整理し、「暮らすように過ごすHawai‘i休暇のための103の事」を提案する電子書籍です(ReadyFor版379ページPDFデータ)。厳選した約330箇所のローカル・グラインズを掲載しています。
● 掲載情報の選択ポイントは、
  1. 暮らしているように(Like a Kama‘aina)
  2. 価格価値相当(Value for Money)
  3. 行動的(Active)、 の視点で、
“Hale ‘Aila”、“Best of Honolulu”、“Ilima Awards”、“Hawaii’s Best” 等、メディア媒体主催のコンテストで賞を受賞したオアフ島の「ローカル・ビジネス」をメインとし、
・Things To Do : PLANNING THE STAY SCHEDULE
・Things To Do : BEACH
・Things To Do : LOCAL FOOD
・Things To Do : EAT
・Things To Do : FOOD SHOPPING
・Things To Do : DRIVING
・Things To Do : LEARN
・Things To Do : SHOPPING
・Things To Do : Go on a “1Day Trip”
・Go Back Home & Plan Next Trip !    
の10カテゴリーと103項目に纏めました(ローカル・フード144店、ローカル・ショップ80件、ローカル・プレイス92ヶ所、アコモデーション11ヶ所)。各カテゴリー毎におすすめのBGMのCDを選定し、推薦CD48枚、DVD10枚、Book13冊も掲載しました。又、電子書籍の利点を生かし444箇所をハイパーリンクで、Webサイトにリンクしております。
● 掲載写真は全て自ら撮影した画像です。40年間使い続けているCanon A-1の銀塩フィルム画像と Canon EOS X7や iPhoneのデジタル画像を併用し、撮り貯めた3,000枚以上の写真の中から、約500枚を厳選し掲載しました
● 本章部分は ”Less Word, More Picture” をポリシーとし、写真画像を大きくレイアウトしました
● Hawai’iへの想いを込め「週末執筆」で、追記、推敲を重ね、10年間かけて渾身仕上げた電子書籍です

 

 

■10,000円のリターン

※7,000円のリターンに加え
『暮らすように過ごす1週間のHawai’i休暇 −究極のスケジュール』 (写真入りPDFデータ)
サラリーマンの平均夏期休暇取得期間「1週間」を想定した具体的なスケジュール表です。オアフ島に点在する「C.C Hawai’i」を、効率よく周れる様に組み上げたReadyFor限定の情報です。又、旅程に関しご質問があればご回答をさせて戴きます。あなたのHawai‘i旅行をカスタマイズします!

 


最新の新着情報