プロジェクト概要

 

沖縄の那覇市に、家庭の経済事情によらずに個々の望む進路や学習のサポートができる自習室を作ります!

初めまして。宮地弥生と申します。私は今まで、大手教育系の会社で10年間学習プランナーとして、子ども達への学習アドバイスや進路相談を行ってきました。多くの子ども達の進路相談にのる中で、「学生一人ひとりが、先を見据えた進路相談を気軽にできる場」が新たに必要であることを痛感しました。

進路相談の場というと、学校の進路相談がその役割を果たしているのではないかと思われる方が多いでしょう。しかし、学校では「進学先の学習内容や、その後の進路まで見据えたアドバイスが行われていない」ため、沖縄の高校中退率が全国1位というデータからも分かるように、進学後の実際の学習内容と本人の希望のミスマッチによる退学や不登校などの問題が深刻化しています。


そこで、沖縄の子ども達の進路や学習内容のミスマッチを無くすため、「長期的な進路相談と、自立的な学習が気軽にできる」場として「自習室  My  room+」を那覇市の開南に作ります!自習室として使用する物件賃貸費用や机・参考書などの備品代の合計60万円が不足しています。





私の進路ーこんなはずじゃなかった!というミスマッチを無くしたい

私は沖縄に生まれ育ち、10年以上教育の現場に民間から携わってきた中で、沖縄の教育現場には以下の複数の深刻な問題があることに気づきました。

学校の問題:学校の進路相談が、学生一人ひとりの希望に沿ったものでないこと。
家庭の問題:経済的事情により、個別対応の塾や家庭教師サービスを利用できない家庭が数多くあること。
学生の意識の問題:自分が学びたい内容ではなく、友達の進学先や高校の制服、自宅との距離から進学先を選んでしまっていること。

そして、以上の問題が絡みあった結果、進学先の高校で実際に学ぶ内容が自分の希望に合わないため途中で進路変更したり、中途退学してしまったりすることにつながり、「沖縄の高校中退率が全国1位」というデータまで出ています。 
 

(内閣府の調査結果資料による)




家庭の経済的事情によらず、子ども達が平等に進路と学習に向き合える場を

沖縄の子どもの貧困率は29.9%で、全国平均16.3%のおよそ2倍という驚くべき調査結果が沖縄の地元新聞にて発表されました。すなわち、沖縄の子どもの3人に1人が貧困状態にあることがわかります。

 

実際に、私が勤めていた教育サービスを提供している会社でも、生徒が入会金や学習費を払えないというケースが数多くありました。私はこの「家庭の経済事情により、子ども達の学習機会に格差が生じてしまうこと」を大きな問題と考えており、家庭の経済事情によらずに子ども達が平等に学習に利用できて、ここから前向きに未来を創造できる場所として『My   room+』を開設したいのです。
 

 (沖縄地元紙:琉球新報より) 



▶︎「自習室  My  room+」で実現したいこと


そして、My  room+のもう一つの特徴は、学習面だけでなく食事のサポートもする事です。沖縄は離婚率及び両親の共働き率が高く、子どもが1人で夕飯を食べている率が全国的にみても高いです。

 

そこで、当自習室では食事という生活の一部を共にすることで、深く子どもと向き合う事を目的に、無料で食事の提供を行い保護者も安心出来る場所を作ります。また、保護者とも当自習室から帰宅の際に利用時の状況を報告して連携を深めてまいります。


また、週に3〜4日程度は大学のボランティアサークルや、その他ボランティアの協力を仰ぎながら子ども達からの細かな質問にも対応し、多くの子ども達が気軽に利用出来るトータルサポート自習室として、1日500円という最小限の利用料のみで運営したいと思っております。

(My  room+の利用イメージです)

 


▶︎「自習室  My  room+」の使い方
 
 利用対象者:子ども(小学生)から大人まで
                    (※勉強したいと思う方ならどなたでも)
 
 利用可能日時: 小学生~高校生まで:15:00~20:00

         高校生以上:10:00~15:00
         ※但し、小学生は保護者の迎えを義務とする。
         ※現時点では、定休日は設定してません。

利用料:大人( 高校生以上):2時間まで500円
    小学生~高校生まで:(時間内制限無し 500円)  

 

場所:那覇市松尾2-23-7  KAMIMOTOビル 4-D(2016年3月オープン予定)

 


▶ ご支援金の使途について

自習室開設費用として、以下の60万円が必要です。

【費用の内訳】
・賃貸初期費用:20万円
・塾の設備備品購入費(机・本棚・ホワイトボードなど):20万円
・書籍購入費(参考書・辞典):10万円
・調理用家電購入費:6万円
・その他(ノート・文房具代など)4万円 


▶ 最後に・・・

一人でも多くの子ども達が、安心して進路と学習に向き合える場所を提供するために、是非、貴方のお力をお貸しください!沖縄の子ども達が学びを通して将来への希望を見出し、自信と活気に溢れ、明るい子ども達の笑顔が咲く地域にしていきます!

皆さま、どうかご支援をお待ちしております!

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ リターンについて ◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただきました皆さまには、お礼に下記のリターンをお送りします!

 

10,000円のリターン
・自習室利用者の子ども達より、感謝を込めてお手紙をお送りします。
・沖縄の名産お菓子 
・旬の沖縄フルーツ 
・HPへ支援者としてお名前を掲載 (掲載期間3ヶ月)

 

 

(写真はイメージで、実物とは異なります)

 

 

30,000円のリターン
★1万円のリターンに加えて
沖縄で有名な『糸満カマボコ』の出来立てを真空パックにした詰め合わせセット
(※写真はイメージで、実際の内容とは異なります)

 

 

(写真はイメージで、実物とは異なります)

 

 

50,000円のリターン

★1万円のリターンに加えて
●旬の沖縄フルーツ(2000円相当を、2回の定期便でお届け)
●『糸満カマボコ』の出来立てを真空パックにした詰め合わせセット
(※フルーツ・カマボコともに定期便にて2回の発送でお届けいたします。配送予定月は2016年7月と、9月です。)

 

(写真はイメージで、実物とは異なります)

 

 

100,000円のリターン
★1万円のリターンに加えて
・『糸満カマボコ』の出来立てを真空パックにした詰め合わせセット
・朝採れたばかりの海老を-40度で急速冷凍した『活〆冷凍海老』をお届けします。
※体長18.5〜20cmの特大サイズの海老です(500g :9尾~13尾)。
※漁港の状況や天候により多少日程が変更になる場合がございます。
 

(写真はイメージで、実物とは異なります)

最新の新着情報