READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

『テレワーク特化型レジデンス』"And Worker神楽坂"誕生!

大木光子

大木光子

『テレワーク特化型レジデンス』"And Worker神楽坂"誕生!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月23日(土)午後11:00までです。

支援総額

308,000

目標金額 1,000,000円

30%
支援者
57人
残り
24日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
9人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月23日(土)午後11:00までです。

9人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼コンセプト

 

1.‘働く人’と‘住む人’が融合している文京神楽坂の地にワーカーズカフェ『And Worker神楽坂』誕生!!

 

2.利用者様にコンシェルジュサービスを提供。荷物の受取・取次代行、クリーニング取次サービスなど働くことに専念できるサービスをご用意しております!

 

3.テレワーク、リモートワークなどの新たなワークスタイルから生まれる、新たなライフスタイルを提案しております。また新しい住まいのあり方を提唱し、日本初の『テレワーク特化型レジデンス』を創出します!

 

 

本プロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます!

東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅徒歩3分、文京神楽坂の地に「Worker’sCafe」という

新しい形態で「And Worker神楽坂」がオープンします!

2021年9月1日オープンを目指し、現在準備を進めています。

みなさまのご支援・応援、よろしくお願いいたします!

 


▼自己紹介

『‘働く’と‘暮らす’を融合させ、新しいライフスタイルを提供したい!』

 

 

こんにちは、AndWorker株式会社 AndWorkerプロジェクト担当 大木です。「AndWorker」 ‘働く人とともに’ 当社は働く人にとってより快適な空間や働き方を提案することをモットーにしています。‘働く’と‘暮らす’を分断するのではなく、その2つを融合してテレワーク、リモートワークなどの新たなワークスタイルから生まれる、新たなライフスタイルを提案しております。

 

当社ではAnd Workerプロジェクト以外にメディアサイト『Teleworker』を運営しており、テレワーク向けの物件のご紹介以外にテレワークで働く方向けの特集記事やコロナ禍で自炊を始めた方必見の「テレワークレシピ」をE-BOOKでご紹介するなど様々なコンテンツを提供しております。

◇メディアサイト 『Teleworker』

https://teleworker.site/articles

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

この度かねてからミサワホーム株式会社様と共同で開発を進めておりました『テレワーク特化型レジデンス』DeLCCS文京神楽坂の1階に「AndWorker神楽坂」をオープンすることになりました。

 

ミサワホーム株式会社様は医療・介護・子育て支援を中心とした複合開発やコンパクトシティ型の不動産開発をはじめとした、まちづくり事業に積極的に取り組んでいます。近年では、賃貸マンション・オフィス・ホテルなどの収益不動産への投資・取得を行い、安定した収益に貢献する不動産保有事業にも力を入れており、2020年に当レジデンスを取得。専有部では、在宅勤務に対応した「テレワークスペース」を設置する等のリノベーション工事を随時実施するなど、建物価値の向上をはかってきました。

 

And Workerプロジェクトは、SDG‘sの観点から「住み続けられるまちづくり」を目指し、5G通信社会や新型コロナウィルスの影響がもたらす多様な働き方に新たな選択肢として「And Worker」を世に発出し、新しいライフスタイルを提供したい、という想いから生まれた企画です。働く場所や時間という概念にとらわれず、「働く」と「暮らす」を融合させることで、「朝起きて1Fに降りたら仕事ができる」、そんな新しいライフスタイルを提案し、‘働く人’の新たな価値を創出したい、それが私どもの願いです。 

 

 

▼プロジェクトの内容

『テレワーク特化型レジデンスとは?』

 

テレワークをしていて改善したかったもの。

 

“快適に働く”の実現のために、あらゆるサービスをご提供いたします。AndWorkerが提供するもっとも大きな価値の一つは、「通勤せずに働く場所が確保できること」です。

 

5G通信社会の到来や新型コロナウィルスの影響でテレワークが促進されたことにより、こんなお悩みありませんでしたか?

 

  ・テレワークしたいけど6帖のワンルームにデスクを置くスペースがない!

・広い部屋に引っ越したいけど、すぐに引越できる余力がない。。。

・コピー機がないから印刷・スキャンできないから業務上不便で結局会社に出社している。

・ZOOM等の会議で室内が映るのがイヤだ!

・自宅で仕事ができるようになったけど、プライベートと仕事のオン/オフの切り替えがしづらくなった。。。

・テレビ会議中に荷物が届いてしまった。。。

 

 などなど様々のお声を聴くようになりました。  

 

「AndWorker神楽坂」では全て解決できます!施設内の複合機を利用可能。スキャンもできます。 施設内にフォンブースがあり、オープンスぺースにいる方に会話内容を聞かれる心配もありません。通勤して電車に乗ることもないので、比較的ラフな服装でお仕事できます。施設内フロントにコンシェルジュが常駐しており、利用者様向けにお荷物の受取・集荷代行クリーニング取次等もコンシェルジュが対応可能です。また施設内の宅配ボックスも利用できます。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

1.新型コロナウィルスの影響や5G通信社会がもたらす多様な働き方に新たな選択肢として「And Worker」を世に発出する。 

 

2.働く場所や時間という概念にとらわれず、「働く」と「暮らす」を融合させることで、「朝起きて1Fに降りたら仕事ができる」、そんな新しいライフスタイルを提案し、‘働く人’の新たな価値を創出する。

 

 3.既存建物に新たな付加価値を創出し、SDG’sに基づき、既存建物ストックを有効活用する新たな事業形態を展開して参ります。

 

 

 

▼内装デザイン会社からのコメント

 

             株式会社VIS 関野様/プロジェクトマネージャー 

 

 

                                                       
                   株式会社VIS 母ヶ野様/内装デザイン  

 

 

◇コンセプトからデザインへ

コンパクトな空間の中に様々な機能を盛り込んでいきつつ、外から見た時にオープンでクリーンな空間とするため、全体的な色バランスやマテリアルを選定していきました。素材の感じや、壁一面の色だけで雰囲気が大きくかわるため、法規面を守りながら最大限開放的な空間になるよう調整を行いました。オープンなスペースもありつつ、集中できる場所、WEB会議を出来る場所、打合せスペースなど様々な働き方が出来るような配慮をしているためゾーンによって照度やマテリアルを変更しています。ファサードに関しても、マンション全体の雰囲気との調和を考えつつ、ただ、新しいコワーキングスペースの場としてインパクトのある空間を作りました。 

 

◇今回の取り組みについて

And Worker様の考え方を聞いた時に、新しい発想で住居者からは非常に重宝される場所になると確信しました。テレワークをしていると音やスペースの問題があり集中できない方はたくさんいると思います。同時に、WEB会議等も多くあると場所に困ったり、気分を変えたくてもカフェに入ると音の問題が出たりと、テレワークのデメリットはたくさんあると思います。オフィス作りをたくさん手掛けてきましたが、テレワークを積極導入されている会社様は、会社内に社員とWEB会議が出来たり、コミュニケーションがとりやすくするオフィスを思考錯誤しながら作ることがほとんどです。本件では価格面や広さ、法規面の制約もある中で使用者の皆様が喜んで頂けるイメージをしながらプロジェクトを手掛けていきました。工事期間中に、近隣の方々が「ここは何ができるのですか?」と、非常に興味を持って現場を眺めてくださっていたことも印象的で、良いプロジェクトのお手伝いをさせて頂けたと思っております。

 

 

 

▼「AndWorker神楽坂」施設紹介&サービス価格

 

約80坪の大スペースをWorker’sCafeエリア、個室スペースエリアに分かれております。当建物マンション入居者様以外にも、周辺にお住いの方もお気軽にご利用いただけるスペースを考えております。高速Wi-Fi完備、フリーコンセント、フリードリンク、各種オフィス備品の貸し出しなど利用者のニーズに応えた設備を整えています。  

 

   【提供サービスと価格】

「AndWorker神楽坂」の提供するサービスの一覧です。オープンスペース利用とレンタルオフィス以外にも様々なオプションサービスを提供しています。なお、下記に記載の価格は2021年7月現在のものです。  

 

・オープンスペース

月額のサブスク利用以外にドロップイン(一時利用)も可能です。お席はフリーアドレス。

ドロップイン利用はフロア600円~/時間、個室1,000円~/時間です。 

 

 

・個室利用

1〜2名でご利用いただける個室ブースを提供しております。お部屋は全て鍵付き。集中して作業をしたい方等にオススメです。

 

 

 ・高速Wifi、フリードリンクなど

施設ご利用者は、And Worker神楽坂内の高速無線Wi-fi、コンセント、フリードリンクなどの設備をご利用いただけます。会議室内で利用できるモニターなど、利用者様のニーズに合わせた備品もその他多数用意しております。 

 

 

・フォンブース

利用者の方であればどなたでもご利用いただけるオンラインミーティング専用のお部屋を用意しています。オープンスペースでの通話を避けたいときなどお気軽にご利用ください。(ご利用時間には制限が御座います) 

 

・会議室利用(8名利用まで)

8名様までご利用いただける施設内の個室会議室です。「And Worker神楽坂」の利用者様以外でも会議室のみのご利用も可能ですので、各種ミーティングや小規模なセミナーなどにご活用ください。 

 

・喫煙所

利用者様向けに喫煙スペースを設けております。

 

 

▼館内の様子

    

 

       

 

    

 

 

▼「AndWorker神楽坂」営業時間
営業時間:全日8:00〜20:00


▼アクセス
住所:東京都文京区関口1-5-10
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」徒歩3分、東京メトロ東西線「神楽坂」駅徒歩7分

 

 

 

 

 






本クラウドファンディングで実施するプロジェクトでは、履行のために飲食店営業許可の届出が

必要となります。現在、既に飲食店営業許可の手続きを進めており、本プロジェクト実施である2021年9月1日までには、飲食店営業許可受理の見込みが立っております。(2021年8月5日現在)

 


【プロジェクト終了要項】

運営期間    
2021年8月6日~2021年9月30日まで運営いたします。

※2021年8月26日追記

運営期間が2021年8月6日~2021年10月23日に変更になりました。

 

運営場所    
東京都文京区関口1-5-10

 

運営主体    
And Worker株式会社 代表取締役 山名孝宏

 

運営内容詳細    
テレワーク特化型レジデンス「And Worker神楽坂」のオープンと運営

その他    
<「And Worker神楽坂」のオープンについて>
・オープン予定月:2021年9月1日
・オープン後の用途:コワーキングスペース

プロフィール

リターン

3,000


コワーキング(オープンスペース)1時間利用券×10枚

コワーキング(オープンスペース)1時間利用券×10枚

●8:00~20:00の間でコワーキングスペース利用可能
●通常6,000円が3,000円に!
●ドリンク飲み放題
●購入者本人以外でも利用可能
※利用時に会員登録が必要となります。
※混雑状況によりご案内出来ない場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。
※有効期間は発行から3ヵ月以内です。
※DeLCCS文京神楽坂のご入居者様には別途プランをご用意しておりますので、お問合せくださいませ。
(TEL:03-6206-1097)

支援者
40人
在庫数
138
発送完了予定月
2021年11月

5,000


コワーキング(個室ブース)1時間利用券×10枚

コワーキング(個室ブース)1時間利用券×10枚

●8:00~20:00の間でコワーキングスペース利用可能
●通常10,000円が5,000円に!
●ドリンク飲み放題
●購入者本人以外でも利用可能
※利用時に会員登録が必要となります。
※混雑状況によりご案内出来ない場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。
※有効期間は発行から3ヵ月以内です。
※DeLCCS文京神楽坂のご入居者様には別途プランをご用意しておりますので、お問合せくださいませ。
(TEL:03-6206-1097)

支援者
21人
在庫数
75
発送完了予定月
2021年11月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

コロナで売れない高級牛肉

羽石 香代子羽石 香代子

#起業・スタートアップ

9%
現在
45,500円
支援者
6人
残り
1日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする