プロジェクト概要

アジアでも有数の貧困国、カンボジア。

現地住民の生活水準向上を目指し、シェムリアップでツアーガイドをしているヴィーさんが、全世界の旅人に母国の魅力を伝えるWEBサイトを開設!

 

はじめまして、川俣悟です。私は幼少期から家族と共に奈良・京都などを訪れ、社寺仏閣に触れてきた影響で木造建築、インテリア、木製家具など幅広く建築関係の仕事をしてきました。アジアの建築や遺跡好きが講じて、数年前から東南アジアを一人で旅するようになりました。カンボジアのアンコールワットに訪れた際に、遺跡ガイドをしている現地人のボン・ヴィーさんと出会いました。彼は日本に留学経験があり、流暢な日本語を話す、一児のパパです。

 

アジアでも有数の貧困国であるカンボジアでは、彼のようにガイドとして朝4時から夜21時まで働いても、観光客一人当たり200ドルのツアーの一例ですが、個人収入は1ツアー当たり約10ドル=1000円にしかならないものもあります。また、アンコールワットなどの遺跡群の入場料は半分以上がベトナム企業の収益となっているとも言われています。母国の課題を解決したいという彼の熱い思いに共感し、観光客の方が支払ったツアー代金をカンボジア人ガイドの皆さんは勿論、現地の飲食店や商店、宿泊施設などの観光ビジネスに関わる人たちに還元するためのツアーを届けるWebサイトを開設します!

 

しかし、Webサイトの製作費130万円が不足しています!カンボジアを貧しさから救うため、どうか皆さまご支援いただけないでしょうか?

 

スラム街の子供達の笑顔

 

一日あたり200円未満。家族のために働くという選択

 

アジアでも有数な貧困国であるカンボジア。一日約200円未満で暮らす貧困層は約300万人とも言われています。私が滞在中に出会った人たちの中には、家族のために学校へ行かずに働く子供たちも沢山いました。しかし、そこに暮らす人々は貧しくても皆、楽しそうに生活しています。下を向きがちで暗いと言われる日本人と比べ、笑顔で必死に生きるカンボジアの人たちの姿はそれだけで胸を打つものがあり、私も心動かされた一人です。

 

これほど貧しい国ではありますが、カンボジアには、アンコールワットをはじめ世界有数の遺跡群が豊富に存在します。しかし、実はそれら遺跡群の入場料など半分以上はベトナム企業の収益になっていることを、ご存知でしょうか?

 

ヴィーさんをはじめカンボジア人ガイドたちが公平な給与を貰えるよう、またツアーで観光客を増やして商売を行う地元のカンボジア人達の収益が上がるよう、先進国である我々日本人が一丸となってお手伝いしたいと思っています。

 

路上でポストカードを売る少女

 

木材加工を行う少年

 

 

現地人ガイドだからこそ伝えられるカンボジアの魅力たくさん!

ツアー代金がカンボジア人を救う、新形態のWEBサイト「Cambodia Tour Guide」って?


カンボジア、シェムリアップで日頃ツアーガイドとして働いているヴィーさんが、より多くの人達にカンボジアの魅力を伝え、現地の生活水準を向上させる為に、将来の独立に向けた第一歩としてWebサイト「Cambodia Tour Guide」を開設します!WEBサイトは、日本人観光客を対象としたカンボジアのシェムリアップ地区の観光ツアーの紹介と予約が行えるサイトです。

 

【サイトの特徴】

1.観光客の方が支払ったツアー代金が、ヴィーさんをはじめガイドとして働くカンボジアの皆さんに還元される!!

一例ですが、朝4時から夜21時過ぎまで働き、観光客一人当たり200ドルのツアーガイドをしても、外資ツアー会社から現地ガイドに支払われる額は約10ドルというケースもあります。今回のサイトを通じてツアーに参加すると、外資企業に頼らざるを得なかったカンボジア人の皆さんの生活をより安定した豊かなものに出来るということ、そして、旅行して良かったと改めて感じて頂けるはずです。

 

2.カンボジア人ガイドにしか提供できないユーモアなツアー

また、今回サイトで提供するツアーは、一般的な有名観光名所を案内するツアーに加え、現地に暮らす人しか知らないような通な楽しみ方を提供するものも多く設ける予定です。例えば、現地の若者が行くようなナイトクラブやマーケットでの買い物ツアー(現地人と行けば値段交渉もスムーズ)などその内容は様々。乞、ご期待です!

 

3.言語に苦手意識のある方も安心

言語に対する苦手意識の強い日本人にとって、観光の負担となるのが「言語」ですが、ヴィーさん自身は勿論、ヴィーさんの奥さんも日本語が堪能なため、ツアーガイドとして皆さんをご案内することが可能です。将来的には彼らの英語力も生かし、英語圏の観光客もターゲットに事業を拡大していく予定です!

 

水面に映るアンコールワット

 

現地で有名なナイトマーケット

 

 

増加が見込まれる日本人観光客がカンボジアを救う

 

今年から、日本~カンボジア間の直行便ができる予定で、およそ10時間かかっていた移動時間が約7時間に短縮されます。またカンボジア入国にビザが不要となる事も予定されていて、今後も日本人観光客の増加が見込まれています。観光客の増加に伴い、今回開設するWEBサイト「Cambodia Tour Guide」を利用してツアーに参加する方や、現地レストランでの食事や商店でお土産などを買い求める方が増えれば、それだけでも現地カンボジアで暮らす方の生活を潤すことができます!


今まで貧しい状況で働かざるを得なかった子供も大人も、WEBサイトの開設で救うことができます!皆さまのご支援、お待ちしております!

 

ぜひ一度、カンボジアにいらしてください!

 

◇◆◇◆◇◆リターンについて◇◆◇◆◇◆

 

■アンコール遺跡群&郊外遺跡群無料ツアー(夕飯付き)

シェムリアップ市内のアンコール遺跡群と郊外の世界遺産プレアヴィヒア、天空の城ラピュタのモデル?で知られるベンメリアを訪問するツアー(※通常は昼食付で1人$300)を無料。夕飯は提携先のレストランでBBQ食べ放題&ドリンク飲み放題(アルコール含む)をご提供致します。

 

■アンコール遺跡群無料ツアー(夕飯付き)

カンボジアといえばこれ!アンコール遺跡群(アンコールワット・アンコールトム・タプローム・夕日観光 (※通常は$30))の無料ツアー。夕飯は提携先のレストランでBBQ食べ放題&ドリンク飲み放題(アルコール含む)をご提供致します。

 

■BBQ食べ放題&ドリンク飲み放題

提携先のレストランでBBQ食べ放題&ドリンク飲み放題(アルコール含む)をご提供致します。親日国カンボジアの愛溢れる歓迎に、きっと心も満足していただけます。

 

■アンコールワットのサンライズ無料ツアー

アンコールワット最大の魅力、朝日を見るツアーを無料(※通常$56 送迎付)でお楽しみいただけます。朝の澄んだ空気の中、荘厳なアンコールワットと鮮やかな太陽の光のコラボレーションは、息を飲む美しさです。
※ 早朝4時頃ホテル出発

 

■カンボジアの特産品

国際NPO法人かものはしプロジェクトの製品です。児童買春・人身売買問題の根源である貧困を解決するために、カンボジアの貧しい農村でカンボジアの代表的な天然素材の「い草」を使用したMade in Cambodiaの手作り雑貨をプレゼント致します。