READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

学習環境が整っていない子供たちに、環境を提供し学習支援をします。

中込 公實彦

中込 公實彦

学習環境が整っていない子供たちに、環境を提供し学習支援をします。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月11日(火)午後11:00までです。

支援総額

15,000

目標金額 700,000円

2%
支援者
3人
残り
33日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月11日(火)午後11:00までです。

0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

地方の小さな町で、高校受験を控えた様々な理由で学習環境が得られない中学3年生の子供たちに無償で勉強を教える地域団体の活動に参加しています。過去には、児童養護施設の子供たち、視覚障がい、聴覚障がいの子供たちに勉強を教えておりました。また、ALSや視覚障がいを持つ方と一緒に、障がい者支援プロジェクトを立ち上げて活動しました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

満足に学習環境を得られない子供達は身近にたくさんいます。子供達の保護者の中には、ダブルワークやトリプルワークをして家庭を支え、子供に満足な学習環境を与えてやれていない片親の方々もおられます。勉強・教育は、人がより良く成長するために役立つものと考えます。にもかかわらず、生活が大変で学習環境も満足に与えられられていない子供達は勉強が身についていないまま成長して、思うような職に就けず、大人になっても生活困窮習慣をを引きずってしまいがちです。この負のスパイラルを断ち切るためには、子供達自らが知恵と教養を身につけることが必要と考えます。知恵と教養を得るためには、教育が必要と考えています。今は受験を控えた一部の中学3年生に、協力者を募って施設を借用して勉強を教える地域活動をするのが精一杯です。

この活動を通して、もっとたくさんの子供達が、中学3年生以前から学習環境を整えて、学習できるようになれば、さらに知恵と教養を身につけて成長できると考えています。さらに学校教育で必須となったプログラミング学習の環境は家庭で整いにくいためプログラミング科目にも重点を置いた支援を考えています。成長する子供達に、学習環境を整えて、教育・教養をを身につけてほしいと思い、この活動を始めます。

 

▼プロジェクトの内容

(1)健常、不登校、障がいを持つ子供の別なく、また比較的勉強が行き届かない山間部に生活する小学生・中学生・高校生に、地域の施設を定期的に借用して、あるいはご自宅を訪ねる出張指導で、学習支援活動をします。

(2)子供たちには学習環境を提供することを主目的にしています。学習支援は、小中高大まで一貫している算数・数学、コミュニケーションに必要な英語、読書やコミュニケーションンの基礎を養う国語の他に、学校教育の必須科目となった、統計や情報処理力にもつながるプログラミング情報処理科目を取り上げます。プログラミング能力や興味に応じて、ソフトウェアscratchによるプログラミングの初歩学習を手始めとして、教育マイコンボード「micro:bit」の活用、現在公開されている人工衛星のデータを利用して様々なデータ処理方法と活用方法を学ぶ教材などを用意します。

(3)子供たちの学習場所となる施設には、必要に応じて以下の教材を用意します。

文房具類や中古パソコン・タブレット、教科書、教育図書、小中高で学習する理科教材や、「micro:bit」などの電子部品、プログラミング学習に利用する情報処理データ、今後2年は続くと予測されるコロナ禍で密を防ぐアクリル板やマスク、フェイスシールド、アルコール。進学、就職を控えた高校生のために必要な資料や資格取得試験に必要な書籍や資料。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

現在の教育現場は不登校やいじめ問題も抱えており、子供を持つ家庭も社会に適応することに精一杯で、すべての子供達に教育を行き渡らせることには困難があると思います。過去から引き継がれた教育は、社会が成長するために未来に引き継ぐ必要があると考えます。形ある遺産は後世に役立つメッセージを残しますが、時が経つと古文書などの記録で後世に伝える困難さがあります。人が成長するために大切な教育も同様に伝える困難さがあると思います。学習は教育内容を伝える大切な行為です。だから子供たちにとって学習の場が整っていることはとても大切です。この活動で学習支援活動の実績を積み、地域で地道に継続できるプロジェクトにしたいと考えています。他の活動団体とは競合することなく、共存しながら活動を続けたいと考えています。いただいたご寄付は活動に使いますが、ご支援いただいた方々の応援や活動経験は今後の財産とさせていただきます。

プロジェクト実行責任者:
中込 公實彦
プロジェクト実施完了日:
2022/02/22

注意事項

プロジェクト概要と集めた資金の使途

プロジェクト実行責任者が、施設を借りて、あるいは子供たちのご自宅を訪問し、また山間部などに生活するご家庭に出張して、学習指導します。学習するために必要に応じて以下のものを準備します。①施設借用費用、②文房具類・インターネット環境がないご家庭のための中古パソコン/タブレット/移動用ポケットWi-Fi、③学習テキスト・プログラミング教材・学習図書、④小中高で学ぶ理科教材や電子部品、⑤最低2年は続くと予測されるコロナ禍で密を防ぐ仕切り・アクリル板・マスク・フェイスシールド・アルコール。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上でのリスクについて
プロジェクト委託先は確保されています、プロジェクト実施場所は市町村の公民館のほかボランティア団体活動施設を利用しますが、事前に予約が取れないときは別の設備や有料施設を借用する可能性があります。
リターンを実施する上でのリスクについて
町の学習施設を借用する場合は、プロジェクトが完了した時点で生徒さんとの話し合いで決めてから施設の予約をします。

プロフィール

平日働き、週末は進学を目指す中学生の子供たちの学習指導団体に参加して活動しています。英数国理社科目はテキスト・ノート・筆記具があって場所があれば学習できますが、学校教育で必須科目のプログラミング科目は設備が必要です。設備を整えることができない生徒さんが学校以外で勉強することは難しいので、パソコンやタブレットを提供して、わかりやすいプログラミング教材を用意して支援する必要があります。情報リテラシーを含めた指導が必要と考えています。どの科目も生徒さんと一緒に考えながら学習支援したいと考えています。

リターン

3,000


学習環境に恵まれない子供たちへご支援いただきありがとうございます。感謝とお礼のメールをさせていただきます。

学習環境に恵まれない子供たちへご支援いただきありがとうございます。感謝とお礼のメールをさせていただきます。

ご支援に対してお礼のメールをお送りします。
また、小中高生の学校教育で必須となるプログラミング科目の勉強方法についてご質問を受け付けて、その子にあったできるだけ適切なアドバイスをさせていただきます。
活動報告もいたします。

支援者
1人
在庫数
29
発送完了予定月
2022年2月

6,000


和紙の里として知られる地元の和紙製品やゆかりの製品などの提供と小中高生への学習アドバイスをさせていただきます。

和紙の里として知られる地元の和紙製品やゆかりの製品などの提供と小中高生への学習アドバイスをさせていただきます。

ご支援に対してお礼のメールをお送りします。
活動報告をさせていただきます。
学校教育で必須となるプログラミング科目についてご質問を受け付けて、子供さんにあった、できるだけ適切なアドバイスをさせていただきます。
また、和紙の里として知られるこの地域で製造・販売する和紙でできた商品やワイン、地元ゆかりの製品など、できるだけご満足いただける商品を選んでお届けします。ご希望の方には商品のカタログをお送りします。

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2022年2月

8,000


小中学生向けプログラミング科目教材(入門1か月分)と学習アドバイスをさせていただきます。

小中学生向けプログラミング科目教材(入門1か月分)と学習アドバイスをさせていただきます。

ご支援に対してお礼のメールをお送ります。
活動報告をさせていただきます。
学校教育で必須となるプログラミング科目についてご質問を受け付けて、子供さんにあった、できるだけ適切なアドバイスをさせていただきます。
小学生、中学生を対象に、scratchを使用したプログラミング学習教材「ピタゴラミン」の1か月利用チケットを差し上げます。チケットはこちらが指定する教育場所のみ有効です。今後お知らせする教育場所に来ていただくか、教材・機材を持参した講師が出張授業を実施します。社会的距離を保って対面指導が必要なため、県内在住の方がよろしいと思います。英数国理社科目の学習指導もしますが、この学習を通して勧誘することはありません。
●チケットご利用方法について
・ご利用場所:PC端末内の教材にて
・教材使用受付と使用の有効期限:プロジェクト完了から6ヶ月内
教材はプログラミング科目に特化した専用教材を使用します。この活動でリターンにかかる必要経費以外は発生しません。お問い合わせをいただいた方には、教材等の詳細をお知らせいたします。

支援者
0人
在庫数
20
発送完了予定月
2022年2月

12,000


小中学生向けプログラミング科目教材(2か月分)利用と、プログラミング学習アドバイスをさせていただきます。

小中学生向けプログラミング科目教材(2か月分)利用と、プログラミング学習アドバイスをさせていただきます。

ご支援に対してお礼のメールをお送ります。
活動報告をさせていただきます。
学校教育で必須のプログラミング科目についてご質問を受け付けて、子供さんにあった、できるだけ適切なアドバイスをさせていただきます。
小学生、中学生を対象に、scratchを使用したプログラミング学習教材「ピタゴラミン」の2か月利用チケットを差し上げます。チケットはこちらが指定する教育場所のみ有効です。今後お知らせする教育場所に来ていただくか、教材・機材を持参した講師が出張授業を実施します。社会的距離を保って対面指導が必要なため、県内在住の方がよろしいと思います。英数国理社科目の学習指導もしますが、この学習を通して勧誘することはありません。
●チケットご利用方法について
・ご利用場所:PC端末内の教材にて
・教材使用受付と使用の有効期限:プロジェクト完了から6ヶ月内
教材はプログラミング科目に特化した専用教材を使用します。この活動でリターンにかかる必要経費以外は発生しません。お問い合わせをいただいた方には、教材等の詳細をお知らせいたします。

支援者
0人
在庫数
15
発送完了予定月
2022年2月

18,000


中学生向けプログラミング科目教材(3か月分)利用と、プログラミング学習アドバイスをさせていただきます。

中学生向けプログラミング科目教材(3か月分)利用と、プログラミング学習アドバイスをさせていただきます。

ご支援に対してお礼のメールをお送ります。
活動報告をさせていただきます。
学校教育で必須となるプログラミング科目についてご質問を受け付けて、子供さんにあった、できるだけ適切なアドバイスをさせていただきます。
小学生、中学生を対象に、scratchを使用したプログラミング学習教材「ピタゴラミン」の3か月利用チケットを差し上げます。チケットはこちらが指定する教育場所のみ有効です。今後お知らせする教育場所に来ていただくか、教材・機材を持参した講師が出張授業を実施します。社会的距離を保って対面指導が必要なため、県内在住の方がよろしいと思います。英数国理社科目の学習指導もしますが、この学習を通して勧誘することはありません。
●チケットご利用方法について
・ご利用場所:PC端末内の教材にて
・教材使用受付と使用の有効期限:プロジェクト完了から6ヶ月内
教材はプログラミング科目に特化した専用教材を使用します。この活動でリターンにかかる必要経費以外は発生しません。お問い合わせをいただいた方には、教材等の詳細をお知らせいたします。

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年2月

プロフィール

平日働き、週末は進学を目指す中学生の子供たちの学習指導団体に参加して活動しています。英数国理社科目はテキスト・ノート・筆記具があって場所があれば学習できますが、学校教育で必須科目のプログラミング科目は設備が必要です。設備を整えることができない生徒さんが学校以外で勉強することは難しいので、パソコンやタブレットを提供して、わかりやすいプログラミング教材を用意して支援する必要があります。情報リテラシーを含めた指導が必要と考えています。どの科目も生徒さんと一緒に考えながら学習支援したいと考えています。

あなたにおすすめのプロジェクト

あそびのチカラは無限大!小学校訪問『心ほぐしの授業』

高橋 大介高橋 大介

#子ども・教育

12%
現在
30,000円
支援者
4人
残り
19日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする