プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

世界中に勇気と感動を与えるために一輪車で世界中を走り回りたい。

 

皆さんはじめまして。『一輪車少年』こと土屋 柊一郎です。

僕は2014年夏に「誰もなし得たことのないことに挑戦したい」「新しい世界に踏み入れてみたい」と思い【一輪車&ヒッチハイク日本一周の旅】に挑戦しました。このチャレンジは決して簡単なものではありませんでしたが、日本中のたくさんの人に応援していただき、無事に完走することができました!その時に自分自身が味わった『感動』と『歓喜』はとても忘れられません。また、「一緒に応援していて勇気をもらえた」「感動をありがとう」という声もたくさん聞こえました。『もっともっとチャレンジしてみたい』『もっとたくさんに人にそんな感動を届けたい』そう考え、僕は次の舞台を【世界】に決めました。

 

その後、世界一周実現に向けTABIPPO2015世界一周コンテストに出場し、見事「最優秀賞」を獲得。世界一周航空券を手に入れ、一輪車での世界一周が一歩現実的になりました。

 

しかし学生のため、現地での宿泊費や食費等が不足しています。どうか一緒に一輪車少年が世界を走りまわるこの旅を応援していただけないでしょうか。

 

物心ついた頃から一輪車に乗っていました。

 

僕が一輪車に乗ったきっかけ。

 

実は僕の父は一輪車の元世界チャンピオンで、その影響で小さい頃から父に教わってきました。全国大会などの様々な大会を経て、小4の頃に世界大会で金メダルを獲得することもできました。

 

一輪車は僕の人生を変えてくれた大切な宝物です。

 

一輪車×日本一周。

出来ない理由が100個あったら、出来る理由を101個考える。

 

僕は2014年に「一輪車&ヒッチハイク」で日本一周を成し遂げました。「自分にしかできないことってなんだろう?」それを考えた時、僕の強みである「一輪車を生かした日本一周」でした。

 

出発する前、周りの人からは「できっこない。」「死んでしまうよ。」とたくさん言われました。たしかに僕自身も不安に思うこともありましたが、出来るかどうかはチャレンジしないとわからない!出来ない理由が100個あるなら、出来る理由を101個考えるまで!そして僕は、思い切って日本一周をスタートしました。

 

毎日が刺激的で楽しい日々でした。

 

僕の旅が人に勇気を与えるみんなの旅に変わっていました。

 

終ってみれば、喜怒哀楽、全ての学びがありました。炎天下の中、体力の消耗は激しく、毎日泊まる所も決まっていません。雨の中泣き崩れることもありました。とにかく楽しいことばかりではありませんでした。

 

それでも旅の途中で出会う人に「なんかよくわからないけど凄いな!応援するよ!」「とても勇気が出た。ありがとう!」本当にたくさんの応援の言葉を頂き、中にはお家に泊めてくれる方もいて、本当に感謝と感動の毎日でした。そんな中でも印象に残っているエピソードをお話させて頂きます。

 

達成とともに次の挑戦を考えていました。

 

「事情はわからないけれど、とりあえず乗れよ」

そう言ってびしょびしょの僕を家に招待してくれました。


京都でゲリラ豪雨にあった時、道には雨を遮れるところは全くなく激しい雨の打ちつける道の上で途方に暮れていました。そんな時、ぼくの前に小さな車が止まり、「事情はわからないけれどとりあえず乗れよ」ということで車にびしょびしょの僕を乗せてくれました。さらに家にも招待していただき、温かいご飯や数日ぶりのお風呂にも入らせて頂き、快く泊まらせてくれた方がいました。その家には夏休み最終日の小学生が4人いて、とても仲良くなり、算数、工作など、夏休みの宿題の手伝いをしました。

 

これは日本一周が終った後に聞いた話なのですが、その家の小学3年生の子が書いた夏休みの作文が、全校生徒の作文の中から選ばれ、全校生徒の前で読んだららしいのです。その内容が僕が「家に来た」という内容で、「変わったお兄さんに会えて本当によかった」「僕も日本中を旅してみたい」というような内容が書いてあって、本当に感動しました。ぼくはまたひとつ人のあたたかさを知りました。

 

出会った全ての人に感謝しています。

 

日本一周が終った後、僕は世界に目を向けていました。

 

日本一周で本当にたくさんの出逢いや勇気をもらうことが出来ました。それだけでなく、「勇気をもらえた」といってもらえた時には涙がでるほど嬉しかったです。

 

人は何かに挑戦するとき「勇気」がいります。であるならば世界中の人に勇気を届けれらたら、たくさんの人が挑戦でき、ハッピーになるのではないか。そんなことを考えながら、いつしか僕は世界に目を向けていました。

 

気持よく受け入れてくれた方々本当に有難う御座いました。

 

一輪車×世界一周。

 

世界に目を向けた僕は【TABIPPO2015世界一周コンテスト】に出場し、見事「最優秀賞」を獲得し、世界一周航空券を手にいれました。「一輪車で世界一周なんて出来るはずない」またそんな言葉が聞こえてきそうです。それでも僕は世界一周を必ずやり遂げます。正直何年かかるかわかりません。でもだからこそ、何人の人に出会えるのかもわからないということ。とてもワクワクしとても幸せにも感じます。

 

人が輝きを失うとき、それは挑戦をやめた時だと思います。だから僕はいつまでもチャレンジャーであることを大切にしていきます。そして僕はこの世界一周をインターネットを通じて発信します。そしてひとりでも多くの方に勇気を届けていきます!

 

TABIPPO世界一周コンテストDREAM

 

世界一周の予定

 

2016年7月26日〜2016年9月「東南アジア」
・タイ

・カンボジア

・ベトナム・ラオス

・ブータン〜インド


2016年9月〜2016年10月「ヨーロッパ諸国」
・トルコ

・イタリア

・フランス

・ドイツ

・イギリス

・(オランダ スペイン)


2016年11月〜2016年12月「アメリカ大陸横断」

 

2017年1〜2月「南米」
・ボリビア、ウユニ塩湖その他


2017年2〜3月「オセアニア」
・ニュージーランド

・オーストラリア


2017年3月 帰国&報告会

 

現時点ではこのように考えています。「旅は道連れ」…その時の雰囲気や状況でスケジュールについては大幅に変更になる可能性がありますが、世界一周は必ず成し遂げたいと思っております。皆様にはこの世界一周でかかってくる現地費用(宿泊、食費2,3ヶ月分)のご支援をお願いしたいと思っています。僕は周りの方の支えなしではここまで自由に生きてこれませんでした。今回もまた皆様のお力をお借りすることはとても恐縮ですが、それ以上にたくさんの「勇気」と「感動」を皆様に届け、恩返ししていきます!応援どうぞよろしくお願い致します!

 

まだ見ぬ世界を求めて頑張ります!

 

リターンについて

 

気軽に応援!ファンプラン!

¥ 2,000 のリターン

◇世界の絶景写真付きサンクスメール

◇Facebook非公開グループ招待

◇世界一周挑戦旗に支援者様の名前が入る権利

 

一緒に応援!イチ推しプラン!

¥ 10,000 のリターン

◇世界の絶景写真付きサンクスメール

◇Facebook非公開グループ招待

◇世界一周挑戦旗に支援者様の名前が入る権利

◆旅先の世界各地域からメッセージ&動画配信

 

とことん応援!神推しプラン!

¥ 50,000 のリターン

◇世界の絶景写真付きサンクスメール

◇Facebook非公開グループ招待

◇世界一周挑戦旗に支援者様の名前が入る権利

◆旅先の世界各地域からあなた様個人へのメッセージ&動画配信

◆旅先から電話で最新近況報告(日程は要相談)

 

全力応援!スポンサープラン!

¥ 100,000 のリターン

◇世界の絶景写真付きサンクスメール

◇Facebook非公開グループ招待

◇世界一周挑戦旗に支援者様の名前が入る権利

◆旅先の世界各地域からあなた様個人へのメッセージ&動画配信

◆旅先から電話で最新近況報告(日程は要相談)

◆横浜からあなたの家まで一輪車で出張&旅のお話をさせていただきます!

※世界一周後なので、日程については未定です。ご了承下さい。

 

 


最新の新着情報