READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

Pちゃん

タカキ ポール ツネオ

タカキ ポール ツネオ

Pちゃん
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月30日(金)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 4,000,000円

0%
支援者
0人
残り
17日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月30日(金)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

初めまして、70歳代の年金生活者です。 年金生活を送りながら世界中に起きているコロナウイルス感染に関する世界的な経済問題をどの様に解決すれば良いかを考えていました。 何故ならば、グローバル化した社会ではコロナウイルスが犯した経済問題は世界的に連鎖反応を起こし、どの国でもすぐにはコロナウイルス到来前の経済環境に戻れないと思いました。 また、この様な経済問題は大きすぎて各国の人々が一緒にプロジェクトを立ち上げる事が望ましいと思いました。 そこで思い出したのが12歳の時、日本人の私が家族と一緒にハワイに移住してアメリカ人になりハワイ大学卒業後、米大陸や20数ヵ国の人達と触れ合いながら感じた事とは「皆の心が地球の様に丸く美しかった」でした。 それで、私の人生の実話「Pちゃん」を書き日本の読者の皆様に読んで頂き、その読者の誰かが世界の「美しい心」を持った人々と一緒に世界経済問題を救って安定させるプロジェクトを前に進めて頂ければと願いました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

ハワイに移住して経験した事とは、異なるカルチャーを持ったそれぞれの人種が仲良く暮らしている姿はハワイが誇れる将来の世界の姿と思いました。 その中で、日本から移住してきた一世の方々やその子孫(二世や三世)もリーダーシップを発揮して新しい物を作りだしたり、ビジネスを立ち上げた実績がありました。 また、大学卒業後の1970年代・1980年代の米大陸での暮らしの中でも日本人がアメリカ社会で貢献した事を見聞きました。 更に、日本のテレビ番組でも日本人が世界の国々で様々な貢献をしたドキュメンタリー番組を観ました。 要は、日本人には、国内であろうと外国であろうと行動力を持って知恵を絞り経済貢献ができる力があると思っています。 「Pちゃん」を読んで「美しい心」を持った現在の日本の若者が「美しい心」を持った海外の若者と一緒に世界の経済の復活と安定をさせるプロジェクトを立ち上げる後押しをしたいと思っています。 (私から見ますと20歳代から50歳代が若者と思っています。)

 

▼プロジェクトの内容

私の場合、日本では小学校6年生の1学期までの教育なので日本語の表現に自信がありませんでした。 某出版社様に読んで頂き自費出版に付いてご相談しましたら下記の青色で塗った「作品講評」と消費税込み300万円弱の「お見積もり」を頂きました。 残念ながら年金生活の私には、この様な余分なお金が無くクラウドファンディングで資金調達を考えました。 ただし、クラウドファンディング社のコミッションや出来上がった本を資金提供者様にお送りする郵送費を考えますと最終資金必要額は400万円と考えています。 某出版社様の講評を青色で貼り付けました:

 12歳から海外へ渡ったことを皮切りにその後20数か国を旅しながら世界中の人々と関りを持った著者の貴重な経験と、その当時の感情に付いて実に赤裸々に描かれた作品だ。ハワイに向けて旅立つ当時小学校6年生の著者の戸惑いが顕著に表出された冒頭の文章は、ラストには世界を相手に渡り歩く自信と活気に溢れた力強い文章へと変化していく。その変化は、英語力が低いと世界的に言われる日本人であっても若者たちが持つ美しい心は世界経済を安定させる大きな力を持つ、という著者のメッセージに強い説得力を生んでいる。実際に現地を見て世界を経験してきた著者の言葉には臨場感とリアリティが溢れており、本作品を手に取った読者の背中を押すような1冊となるはずだ。

 自身の経験を振り返りつつ、これまでも知識とアイディアを持って活動してきた日本人の可能性に付いて言及するという本作品の全体的なクオリティは非常に高いため、あとはそのメッセージ性を高めるべく、若干ご提案させていただきたい。たとえば、現在はかなり細かく章タイトルがつけられているが、章の拠点となる場所が同じであったり繋げられる部分についてはまとめてみても良いだろう。1ページで完結する章と数十ページで構成される章が混在していると読み応えが異なり、少ないページ数のテーマが薄く感じられてしまう。本作品で扱われているテーマはどの章も意味のあるものであるため、そこに差がでないように工夫していきたい。

 市場に流通する出版物を制作していくにあたり、今後読者目線に立った提案を若干、弊社担当編集よりさせていただくことになるだろう。そのあたりは編集担当者と共に遂行を重ねることで、さらに作品を磨き上げていってほしい。テーマも良く、オリジナルの感性と実力もあるので、出版されれば大きな反響が得られるだろう。是非この機会に弊社新刊として市場流通し、多くの読者のもとに届けてほしい。

クラウドファンディングで資金調達が成功しましたら、その某出版社様と私の自費出版を前に進め、本の印刷完了時に資金提供者様には実話本「Pちゃん」をお送りさせて頂きますが、コロナウイルス問題が印刷時期を遅らせる可能性があります事、事前にお詫びを申し上げます。 また、資金提供者様が「世界的に経済を安定させる」プロジェクトの案をお持ちであれば、その案を簡単に表現して頂き資金提供者様の名前やコンタクト先を本の中のストーリーの後にページに入れたいと思います。 その様な案に興味を持ったどこかの会社か富裕層の方々がその案に付いてもっと知りたいと思えば直接コンタクトされる可能性がありますのでご了承を。 第一次世界大戦や第二次世界大戦は人間と人間との戦いでありましたが、第三次世界大戦は人間とウイルスとの戦いと思っています。 ウイルスとの戦いは地球温暖化と同等の優先順位のプロジェクトを必要としています。 人間がどの様なウイルスとでも戦えるだけの健康を保つには地上だけでなく海の中にいるプランクトンや海草等の研究を基にした商品の製造を広げる事も必要と考えています。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

日本の読者の皆様には海外の見ず知らずの人々と共同プロジェクトを行う事には勇気がいると思います。 1980年後半からアメリカ政府や国会議員は「小さな政府」を実行しアメリカの資本主義者の考えを尊重しました。 その結果、多くのアメリカの会社は労働賃金が安い中国等の海外の国で商品を製造し、その商品を輸入してコスト削減が会社の利益増につながりました。 「小さな政府」は、アメリカの失業者数を大きく増やし、中流階級(ミドルクラス)が大きく減り格差社会が生まれ、更に複数のウォール街の投資会社の不正でリーマンショックを招き不況になりました。 そして、アメリカ人(特にアメリカ人口の大多数を占める白人アメリカ人)の政治家に対する不信感がどんどん加速していきました。 その一つの例として、2021年1月6日にバイデン次期大統領の勝利に抗議するトランプ氏支持者らがアメリカ連邦議会の議事堂に侵入し数人の死者や多くの怪我人がでた事実を日本の皆様がご存じなのでアメリカ人と一緒に仕事をする事には不安になるでしょう。 国会議事堂での暴動後、民主主義国家のアメリカ人代議士がバイデン氏の大統領選挙勝利を確認された事を考えますと大多数のアメリカ人には今でも私が経験してきた「美しい心」がある事が証明されました。 実話本「Pちゃん」を前に進めるための資金援助を宜しくお願い致します。

 

 

 

【プロジェクト終了要項】

 

製作物    
B6判 240ページ

 

出版完了予定日    
2021年8月30日

 

著者    
Paul Takaki

 

発行部数    
1130部

 

その他    
自伝

プロフィール

1960年9月 ハワイ州ラナイ島に移住 1967年6月 ハワイ州ハワイ島ラウパホエホエ高校卒業 1967年9月 オレゴン州Pacific University入学 1969年9月 オアフ島University of Hawaii Manoa Campus転校 1971年5月 University of Hawaii卒業 1971年9月 米国8大監査法人のHaskins & Sells Hilo Office入社から数々の米国監査法人を経て米国公認会計士免許を取得 1975年9月 シンガーミシンNew York本社内部監査部入社 1978年9月 ワーナー映画バーバンク本社入社 1992年2月 Marvel Comics New York本社入社 1996年9月 DeAgostini入社 2003年3月 UIP映画(パラマウント&ユニバーサルの合弁)入社 2008年4月 株We've入社;

リターン

50,000

Pちゃん

Pちゃん

感謝のメールをお送りします。
2021年12月を目安に出来上がった本を別途1冊お送りします。
コロナウイルスの影響によりプロジェクトもしくはリターンに延期や延長が発生する可能性がありますので宜しくお願い致します。

支援者
0人
在庫数
100
発送予定
2021年12月
このリターンを購入する

プロフィール

1960年9月 ハワイ州ラナイ島に移住 1967年6月 ハワイ州ハワイ島ラウパホエホエ高校卒業 1967年9月 オレゴン州Pacific University入学 1969年9月 オアフ島University of Hawaii Manoa Campus転校 1971年5月 University of Hawaii卒業 1971年9月 米国8大監査法人のHaskins & Sells Hilo Office入社から数々の米国監査法人を経て米国公認会計士免許を取得 1975年9月 シンガーミシンNew York本社内部監査部入社 1978年9月 ワーナー映画バーバンク本社入社 1992年2月 Marvel Comics New York本社入社 1996年9月 DeAgostini入社 2003年3月 UIP映画(パラマウント&ユニバーサルの合弁)入社 2008年4月 株We've入社;

あなたにおすすめのプロジェクト

わんちゃん、ねこちゃん用主食に混ぜるサプリメント

鈴木 浩鈴木 浩

#動物

1%
現在
10,000円
支援者
1人
残り
7日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする