プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

目標金額達成の御礼とストレッチゴールの設定について

 

みなさま、100%目標達成のご支援ありがとうございます。 こんなに早く達成できたのは、みなさまのおかげです。

 

そして、チャレンジのチャンスは、まだまだあります。チャンスを最大限活かして行きたい! マザーテレサもガンジーも最後まであきらめず、最大限ストレッチした人です。 与えられた時間を更にチャレンジします。

 

追加でご支援いただいた費用は、制作されたカードを世界へのシェアーする費用に使わせていただきます。

 

海外プレスリリース費用、アマゾンの手続き送料費用、海外用の印刷、翻訳代などの費用をストレッチゴールとして募りたいと考えています。

 

どうか皆さま引き続き、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2016年9月14日 高島祀龍

 

夢を叶える!開運と癒しのカードプロジェクトが発足します!

 

 

はじめまして。神易通詞(しんいつうし)の高島祀龍(たかしま しりゅう)です【魂のメッセージを伝え、自らの運命を超える 神易通詞】として活動しており、1か月に50人~80人の方の悩み解決相談をさせていただいています。


今回のプロジェクトは、強い個性と開運パワーを持った方たちと協働で実施する、易占いのカード制作のプロジェクトです!たくさんの方から賛同とご支援をいただき、そのパワーの結晶である開運と癒しの花押易カード(仮)を世界に向けて発信して行きたいと考えております!<花押とは?>

 

花押易カードは自分に必要なアドバイスを簡単に得られるもので、この混迷の時代を智慧と勇気を持って生き抜くためのサポートとして生まれました。

 

まさにドリームチームでの開運と癒しの花押易カードの作成が始まったのですが、カードの制作費等に123万円が必要です。どうか皆さま私たちのプロジェクトをご支援いただき、プロジェクトのサポーターとなっていただけませんでしょうか?

 

今回のカード制作のために集まったチームです!

 

花押易カードの様々な使用用途

 

*今日のメッセージをもらうために、毎朝1枚引いて、その日の指針にする。
*易をたてるように、聞きたいことを思いながらカードを引いて、答えをもらう。 
*セラピストの方なら、お客様への一言アドバイスに。
*好きなカードを額に入れて飾る。
*好きなカードをお守りとして持ち歩く。
*その他、ご自由に好きなように、お使いいただけます。

 

このカードの一番の特徴は、開運の花押(かおう)という唐の時代から伝わる独特なサインです。それぞれ71枚のカードの意味を表すオリジナルの花押を新たに作り、風水鑑定士による風水カラーでデザイン監修したものを、プロのデザイナーが仕上げます。またガイド本では、1枚1枚の意味が読んだ方の魂に響く言葉と、英語コーチングのプロが翻訳をつけてニュアンスがやさしく伝わることを目指しました。

 

◆花押易カード紹介

【15 地山謙 (ちざんけん)】

【20 風地観 (ふうちかん)】

【25 天雷无妄 (てんらいむもう)】

【48 水風井(すいふうせい)】

【58 兌為沢 (だいたく)】

 

詳しい説明・Q&Aについてはこちらでご紹介いたします!

 

※便宜上、「開運と癒しの花押易カード」とさせて頂いておりますが、名称は変更となる場合がございます。

 

一枚一枚が素敵なデザインをしており、花押が示されています。

 

運命の道を開く!智慧(ちえ)と勇気のプロジェクト

 

このプロジェクトで、花押易カードを制作して、より多くの方に易(えき)を身近な親しみやすい存在として、捉えていただけるようになります。観ているだけで癒しと開運を呼ぶデザイン性の高い美しいカードを世界に発信していくプロジェクトです。

 

まず、易について説明したいと考えております。易は中国で何千年もかけて集められた膨大なデータを、長い時間をかけて体系化された学問で、易経と言います。中国の周の時代に、孔子によって最終的に編纂されたものを、周易(しゅうえき)と言い。日本に伝わりました。江戸末期に、高島易断の祖である高島嘉右衛門が、この周易を学問ではなく、占いとして広めるために、高島易断を作り今に至っています。

 

私の師匠は、黒田官兵衛率いる黒田水軍の武将を先祖に持つ高島神龍先生です。易者であり、真言密教の僧侶である先生から、直伝されたのは、「易占の真髄」でした。学問としての易経の先生は、日本全国の企業人・学者など有識者の方々から、絶大な信頼を得ている竹村亜希子先生です。このおふたりに、占いと学問の両面から易を学びました。さらにその易が、宇宙意識と結びつき、神易となりました。その神意を受けて、私は魂のメッセージを同時通訳できるようになったのです。

 

 


花押易カードは、易経がベースとなっていますが、そのメッセージは現代のみなさまに向けた神易から出て来たものです。この混迷の時代を、智慧と勇気を持って生き抜くためのサポートとして、生まれて来たものでもあります。

 

開運と癒しの花押易カードです!

 

易って難しそう…。なんか地味…。

そんな方でもわかりやすく親しみやすいカードを作ります。


易は勉強して理解するのが難しい、習うのに時間がかかる、地味、道具も高価などの理由があって、今では知らない方もたくさんいらっしゃいます。その易を広く知っていただくために、簡単に使えて、やさしく親しみやすい、そして使わない時は、額に入れて飾っても美しい、開運と癒しの効果があるカードを制作することを決めました。

 

花押易カードの使い方

 

①まず、71枚のメインカードを、聞きたいことを想いながら、タロットカードのようにシャッフルして、1枚を選びます。

 

②そのカードが、今のテーマ(メッセージ)を伝えます。メッセージは、ガイド本に書かれています。

 

③その他に、時機を伝える龍応神託カードがあります。赤、オレンジ、黄色、緑、藍、紫、白の7枚のカードです。

 

④この7枚は、それぞれ気運を示してくれるほか、チャクラにも対応しています。それぞれの使い方は、ガイド本に書かれています。

 

 

花押易カードの品格ある美しさ

 

花押易カードの真髄は、1枚1枚異なったデザインの美しさと品格にあります。

 

花押は、歴代皇帝、貴族、官僚、天皇家、戦国武将が使ってきたほか、現在でも政府各界の首脳陣の方々が使っている特殊なサインです。その美しさは、その花押を持つ方の品格を映し出す鏡のようなもので、一つとして同じものはありません。


唯一無二の独自性と、デザイン性の高さにより、額に入れて飾って鑑賞できるものにもなっています。

このページを読んでいただいている皆さまにお伝えしたいのは、私たちは、ただカードを作っているのではないということです。今回のプロジェクトに関わってくださっているたくさんの皆さまからのエネルギーが集まったものが、結果として花押易カードという形に成る、ということなのです。これからもどんどんエネルギーが蓄積されていき、花押易カードの制作プロジェクトが完成します!

 

アドラー心理学のアドラーも易を学んでおり、とても素晴らしい宇宙の智慧の集まりだと言っています。その素晴らしい智慧を、現代の多くの人に役立てる方法は何かないか。時間を取らず、自分で簡単にできて、そのメッセージを読んだら勇気が湧いてくる。少しでも人の役に立つものとして何かできるような形にしたい。それが私の願いでした。花押易カードは、その熱い想いから産まれました。

 

花押易カード制作のために集まった5名の有志メンバーの紹介

 

カードの中心は、開運ナビゲーターの大田亜侑さんが創作した花押(かおう)です。易では、8種類の形の組み合わせで意味につながる名前がつけられています。その意味を表す部分を亜侑さんが創る花押で表現します。

 

開運ナビゲーターの大田亜侑さんです。


美しさを監修担当するのは、風水鑑定士 笹俣加奈子さんです。カラー風水は、花押の持つ開運と癒しの力を、更に強める役割をしています。1枚1枚のカードの持つ意味と、色の組み合わせのデザイン性の高さは、今までにないものです。

 

風水鑑定士の笹俣加奈子さんです。

 

カードの開運と癒しの波動を整えるのは、デザイナー 矢田美樹さんです。美樹さんは、色やデザインと精神的なものとの密接な関係への造詣が深く、美樹さんの手にかかると、カードの品格が一段と際立ちます。

 

デザイナーの矢田美樹さんです。

 

カードの意味を言葉で表すのは、高島祀龍です。今回、このカードは、開運と癒しにフォーカスして作られています。手にしたカードの意味で、勇気が湧いて来る。その部分を大切にして、できあがって来たカードから伝わってくる感覚を受取りながら易の意味を超訳しています。

 

神易通詞の高島祀龍です。

 

この超訳したものを、英語に翻訳しているのが、元CAで現在、英語コーチの河井雪枝さんです。「非英語ネイティヴでもわかるようにできるだけシンプルにわかりやすく、それでいて、超訳した本質をつく。を心がけています」とおっしゃっています。

 

元CA・英語コーチの河井雪枝さんです。

 

他にも、マイケルジャクソンとXJAPANのYOSHIKIの対談写真を撮ったフォトグラファー 高山遊喜さんや今回のクラウドファンディングへの挑戦のきっかけとなったREADYFOR、出版社の方々など多くの協力がありプロジェクトが実現しています。そして、このページを読んでくださっているあなたもメンバーの一員なのです。

 

~今回のプロジェクトの流れ~

 2016年5月 プロジェクトの発足。

 2016年8月 READYFORで支援を募り、45日間の挑戦。

 2017年1月 71枚の花押易カードデザインとガイド本監修を完了。

                 印刷工程に入り、入稿、色校などを経て、完成。

 2017年2月 カード完成。支援者様への御礼状作成、発送準備。

 2017年3月中旬 花押易カード・花押易カードの選挙権はがきをお届け。

 2017年3月末 花押易カードの選挙権はがきの送付締め切り。

 2017年4月~5月 集計・印刷後、一番人気の高かったカードのレプリカ(A4サイズ)を後日送付いたします。花押易カード制作プロジェクトの完了。

 

その後は、引き続き、出版、講座など各方面での花押易カードの関連活動は続けて行く予定です。

 

 

誰も見たことがないものを、世界へ向けて――。

クラウドファンディングでの繋がりが花押易カードを完成させます。

 

ひとつのものを世に出す。そのために多くの方が、ご自身でできるサポートを持ち寄って、完成させて行く行程をたくさんの方とシェアすることは、私たちが夢をかなえ、共存共栄していくことの、小さな1歩だと感じます。

 

そこは、年齢、性別、学歴などは存在しない、可能性にあふれた挑戦する躍動感のある世界です。どんなことでも、声に出してみる。声に出したら、共鳴してくれる人たちがいる。その人たちと手を携えて、進んで行く。それぞれの人が、自分の持ち味を出し、自分のできることをやりながら、進んで行く。

 

その先に、平和な世界がある。と私たちは信じます。その小さな1歩になるプロジェクトであると私たちは信じています。

 

今回の花押易カード制作プロジェクトには、クラウドファンディングで共感、支援してくださる多くの方が必要です。そして、このページを読んでいただき、応援いただけますと幸いでございます。どうか皆さま、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

    花押易カード発起人:高島 祀龍
              大田 亜侑
              笹俣 加奈子
              矢田 美樹
              河井 雪枝

 

プロジェクトについてのご案内

 

花押易カードは、READYFORのクラウドファンディングで、みなさまからの資金サポートで、形になります。

 

(詳細と資金サポート申し込みは下記よりお願いいたします。)

https://readyfor.jp/projects/8707

 

クラウドファンディングとは、 活動内容の記事をネット上に掲載し、 それを読んで共感してくれた方から支援金を集めて資金調達を行うしくみです 


(ご興味のある方は、下のURLからREADYFORの説明をご覧ください) 

https://readyfor.jp/about_more

 

目標金額の使途内訳

 

  • 印刷代 カード一式+キャラメル箱等 
  • リターンの郵送料等 
  • 写真撮影用額装+広告用撮影 
  • その他(諸手続き費用)
  • 手数料・税など 
     

皆さまからのご支援は今回の活動のために大切に使わせていただきます。

 

ご支援のリターンについて

 

・花押易カードを使ったメール鑑定 (期限は1年)(1回分もしくは3回分)
御礼状に添付されている番号とご相談内容を、メールに送信していただき、そのご相談にメールでお答えさせていただきます。

 

・花押易カード一式(ガイド本付)
 

850f73bde5efebccf07b1c4630dd0a483e1ffc9b

 

・花押易カードの選挙権はがきの送付

 

これは、花押易カードの人気投票になります。

花押易カードが、お手元に届きましたら、全71枚を広げていただき、その中からお好きなものを3枚選んで、その名前をご記入いただいて、締切日までに返送してください。

 

その後、一番人気の高かったカードのレプリカ(A4サイズ)を後日送付いたします。(4~5月以降を予定)

 

・冬至占(2017年12月冬至の日のみ)鑑定 1回

 

・花押易入門講座(全3時間)受講参加権(2017年5月開催予定)

詳細は後日お知らせいたします。東京近郊以外の方は、スカイプ、zoomなどを使って、インターネットで個別に講座をさせていただきます。


最新の新着情報