READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

ウクライナの子どもたちにSTEM教育の環境提供のための支援を

櫻澤由里子

櫻澤由里子

ウクライナの子どもたちにSTEM教育の環境提供のための支援を
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月7日(木)午後11:00までです。

支援総額

282,000

目標金額 300,000円

94%
支援者
18人
残り
43日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月7日(木)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

NPO法人WRO Japan事務局長 櫻澤由里子と申します。

 

WRO®について

 

World Robot Olympiadの略で、世界80以上の国と地域から小中高校生が参加する国際ロボットコンテストです。

 

科学技術を身近に体験できる場を提供し、子どもたちの創造性と問題解決力を図る目的で開催しています。日本からも毎年子どもたちが与えられた課題に挑戦し、そして他の国の子どもたちと交流をしています。

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

WRO®参加国のひとつであるウクライナのWRO®担当者より、

戦争終息後のウクライナの子どもたちのためにSTEAM教育 * の場の継続提供

WRO®競技会への参加のためのファンドの設立

そして、日本へ支援のお願いがありました。

 

* STEAM教育とは

STEAMとは科学・技術・工学・芸術・数学の教育分野を示す言葉であり、従来型の「覚える教育」に対し「自らの問題を発見し、解決する」という観点を重視した教育の新しいアプローチです。

 

 

WRO®ウクライナもWRO Japanも、子どもたちの科学技術体験の場、世界に挑戦し夢をかなえる子どもたちを応援する場の提供という同じミッションを持つ仲間であり、毎年開催される国際大会ではお互いの状況報告をしあう大切な友人です。

 

元気いっぱいに笑顔を振りまくWRO®国際競技会でのウクライナの子どもたちを思い出し、その子たちが今命の危険にさらされていること、大好きなロボットを使った活動もままならないことを思い、WRO Japanとして支援を募ることを決めました。

 

 

プロジェクトの内容

 

NPO法人WRO Japanが主催し、皆様方からのご支援をお願いします。集めた支援金は全てWROウクライナが設立したファンドに送ります。

 

▼支援金の使途

・子どもたちへのSTEAM教育とWROに参加するためのビデオ講義の実施

・子どもたちがWRO参加を目指せるよう、個別サポート

・2022年のWRO国内大会の実施

・多くのチームが国際大会に参加できる機会を与える

・指導者やボランティアの専門分野でのサポート

・その他、この状況下で想定されるあらゆる支援

 

▼送金手段

WRO Japan口座からの海外送金

 

WROウクライナから、本クラウドファンディングでいただいたご支援金の寄贈について、団体名の掲載について、確認が取れております。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

WRO国際大会は、毎年様々な国で開催されます。

 

2018年 タイ

2019年 ハンガリー

2020年 新型コロナウイルスの影響で開催中止

2021年 オンラインの国際大会開催

2022年 11月のドイツでの開催が決定

 

待ちに待った3年ぶりのリアル開催となります。

 

日本を含め世界中の子どもたちが、ドイツを目指して日々課題に挑戦しています。WRO国際大会は技術力、表現力を競い合う大会ですが、同時にたくさんの子どもたちが言葉の壁を越えて友達を作る場でもあります。ここで出会った子どもたちが、それぞれの国に帰った後もメールなどで交流を続け、友情をはぐくんでいます。

 

そんな中、毎年元気に大会に参加していたウクライナの子どもたちが、今はおびえながら、生き延びるのに必死な毎日を送っているのかと思うと胸がつぶれる思いです。

 

一日も早くウクライナに平和が訪れるのを祈るとともに、子どもたちが大きな夢に向かってワクワクしながら挑戦をし続ける環境を取り戻すために。

 

同じWROのメンバー、そして友達として支援をすべく、WRO Japanは、戦争終結後のウクライナの子どもたちのためが教育を受ける機会、世界に挑戦する機会を取り戻すためにクラウドファンディングの実施を決意しました。

 

 

WROウクライナチームの白に青字で国名のはいったユニフォームを着た子どもたちの元気いっぱいの姿が見られるよう、一人でも多くの方にご支援をいただければと思います。

 

皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

プロジェクト実行責任者:
NPO法人WRO Japan 理事長 金井 徳兼
プロジェクト実施完了日:
2022年9月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

関係者にメールベースでの告知、また、ちらしの配布も予定しています。資金は全額WROウクライナに寄付。

プロフィール

リターン

3,000


alt

WROウクライナからの感謝のメール 3000円

WROウクライナからの感謝のメールが届きます

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

10,000


alt

WROウクライナからの感謝のメール 10,000円

WROウクライナからの感謝のメールが届きます

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

30,000


alt

WROウクライナからの感謝のメール 30,000円

WROウクライナからの感謝のメールが届きます

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

50,000


alt

WROウクライナからの感謝のメール 50,000円

WROウクライナからの感謝のメールが届きます

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

100,000


alt

WROウクライナからの感謝のメール 100,000円

WROウクライナからの感謝のメールが届きます

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

STOP保健所‼︎おうちの様なあたたかいシェルター のトップ画像

STOP保健所‼︎おうちの様なあたたかいシェルター

殺処分ゼロ*虐待防止 No culling&No abuse 殺処分ゼロ*虐待防止 No culling&No abuse

#医療・福祉

9%
現在
113,000円
支援者
16人
残り
36日
全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
現在
10人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする