プロジェクト概要

 

パラリンピック競技・ボッチャのロンドンオリンピック代表・加藤選手が
東京オリンピックの代表になるため、復活をかけて挑戦します!

 

初めまして!加藤啓太くん後援会代表の青豆裕子です。彼の2020年東京復活へ向け、未経験ながら後援会を立ち上げました。加藤啓太くんは2012年のロンドンパラリンピックで、障害者スポーツ「ボッチャ」のBC3クラスで初出場を果たしました。

 

2012年ロンドンパラリンピックの出場から2020年の東京への復活を誓い、どんな困難にも立ち向かい「諦めない」前向きな加藤啓太選手の姿を通して、障害を持つ人達に大きな夢と勇気を与えるべく、加藤選手の練習と大会出場をバックアップしていきたいと考えています。

 

加藤選手は自分でボールが投げられないため、常に競技アシストをする介助者が必要です。練習や遠征などに行く際には、毎回本人以外にヘルパーさんと介助者の3名が必要で、この費用はすべて実費負担のため、競技を続けるには、資金的な負担が大きいです。ぜひ東京オリンピック出場に向け、みなさんのご支援をお願いできればと思います。

 

人生を変えたボッチャとの出会い

 

<加藤選手の意気込み>

 

 

加藤選手との出会い
東京オリンピックと障がい者競技にかける熱い想い

 

私が加藤選手と出会ったのは昨年末です。障害者学校の教師をしている知人から、障害者競技を頑張っている人がいて本気で東京を目指しているので、彼の身体のメンテナンスを無償でやってもらえませんか?というのがきっかけでした。

 

脳性麻痺からくる緊張を少しでも柔らげ、筋肉を動かしやすくしてあげることが私の役目です。私のスケジュールが空く限り、週に一度メンテナンスに通ってもらっています。会う回数が増えるにつれ、彼の東京への強い志や障害者競技をもっと広めたいという想いに共感し、私にもっとできることがあれば応援したいと思いました。

 

正直私は、障害を持っている人たちがここまでしっかりとした考えを持っていることを恥ずかしながらこれまで知りませんでした。彼の言葉も想いもすべてが衝撃で、何度も涙しました。健常者の私よりもはるかに強い気持ちで生きている彼の力になりたいと思いました。

 

講演会を立ち上げ加藤選手を全面バックアップ!


 

 

 

ボッチャとは?

 

ボッチャとは、決められたコートの中で「ジャック」と呼ばれる白いターゲットボールに自分の持ち球を近づけていくという室内競技です。これはパラリンピック正式種目の中で、最も重度な障害者がプレイできる種目です。

 

脳性麻痺や筋ジストロフィーという障害を持った選手たちが、障害の程度によりBC1~BC4にクラスが分かれています。加藤啓太くんは重度の脳性麻痺と重度の四肢機能障害のため、自分でボールが投げられないBC3のクラスです。パラリンピック出場を果たすためには、毎年多くの強化合宿や国内遠征・国際大会に出場し、そこでポイントを獲得していかなければなりません。

 

 

もっとも重度の障がい者ができる競技

 

 

ボッチャに救われた加藤選手の人生

 

彼は生後3ヶ月の時、原因不明の窒息から心配停止が1時間続き、命は取り留めたものの主治医からは「身体的に99%知的100%回復不可能」と告げられました。両親は回復するものなら何でもやる!と決断し、世界で最も厳しい訓練「ドーマン」を10年間続け、奇跡的に知的だけは取り戻し電動車椅子になりました。

 

中学2年生の時、障害者スポーツのボッチャに出会い、高校1年生の時にアジアフェスピックユース大会日本代表になり、さらに高校3年生で国内最高大会JAPANCUP初優勝以後3連覇(BC3クラス最多優勝)し、2012年ロンドンパラリンピック出場(BC3クラス初出場)しています。

 

ボッチャがなければ精神的に強くなれなかったと彼は言います。今年はゼロからスタートする気持ちで、東京復活を誓った加藤選手、「信じて行動すれば夢は叶う」と多くの障害者たちに伝えたいと彼は使命感に燃えています。そして自分がボッチャに救われたように、この競技を広く知ってもらい他の障害者にも希望を持って生活して欲しいと願っています。そのために1%でも可能性があれば絶対に諦めません!

 

東京オリンピックにかける想い

 

 

障がいをもっている人たちにエールを送りたい
もっと多くの方にパラリンピックを知っていただきたい

 

サポートをはじめてから、毎週会うことになり、彼との会話は少しだけ動かせる右手で表す文字盤とLINEです。そこに伝えられる言葉は常に感謝と、東京に向けての決意と覚悟です。ボッチャという競技で出会えた仲間たち、またこの競技によって自分の弱さを知ったこと、そんな経験が自分を本当に強くしてくれたと彼は言います。

 

障害を持っていても夢や希望を持つことが出来る!たくさんの障害者に生きる力を持って欲しい!きっと東京への復活がみんなに勇気を与えられる!そう信じて彼は東京に挑みます。

 

パラリンピックはなかなか表に報道されませんが、オリンピックと同じように選手たちは苦しい練習を積み重ね2020年の東京を目指しています。是非一緒に応援してください。

 

 

▶ご支援の使いみち

今回のご支援は、韓国と横浜の大会への遠征費用と器具代、練習場代に充てさせていただきます。

 

交通費:交通費 150,000(韓国)55,000(横浜)計205,000
宿泊費:宿泊 80,000円(韓国)85,000(横浜)計165,000
滞在費の一部:41,400(韓国)
参加費:5,000円(横浜)
器具調整費 120,000
練習場所代:30,000 
機器費:230,000(ボール代)20,000(ボールカプセル)計250,000
手数料・消費税:183,600

 


最新の新着情報