プロジェクト概要

美味しく安全な伝統野菜を届けるため、移動販売が出来るトレーラーカーを購入したい!

 

こんにちは!かたつむり農園の竹田竜太です。長崎県雲仙市において有機栽培で伝統野菜の種採りを行っています。絶滅の危機にある伝統野菜の美味しさ、素晴らしさ等を多くの人に食べて知ってもらいたい。そして次世代に種を残して行けるようにこのプロジェクトを立ち上げました。そのために今回は、多くの方に伝統野菜を知ってもらうため、移動販売を行うトレーラーカーの購入を行います。どうか温かいご支援で応援いただければ幸いです。

 

プロジェクトの応援よろしくお願いいたします。


=========================
 伝統野菜とは?
=========================


私達が栽培する在来•固定種といわれる伝統野菜は、昔は日本では当たり前に栽培されていた野菜で、『種採りが可能』な野菜です。

在来・固定種というとあまりなじみはないかもしれませんが、地元長崎には、雲仙こぶ高菜、黒田五寸人参、長崎赤かぶ、長崎白菜などがあります。

味は、苦みや渋みが強いものもありますが、とにかく美味しく、野菜本来の味が楽しめます。
そして、昔ながらの野菜が持っている、野菜本来の栄養が豊富に含まれています。

また、種は一粒万倍と言われ、1粒の種から万倍の種(命)を生み出す生命力に溢れています。

かたつむり農園の野菜たちです。


=========================
 流通している野菜の正体を知っていますか?
=========================


現在日本で流通している野菜の9割以上はF1種といわれ、異なる性質の種を「人工的に掛け合わせて作られた一代限り」の野菜です。
つまり、育った野菜からは種が取れないため、農家は毎年種を購入してF1種の野菜を栽培することが一般的になっています。


=========================
 なぜ、伝統野菜を絶やしてはいけないのか?
=========================


伝統野菜を作る農家は減少の一途をたどり、全国の伝統野菜は途絶えようとしています。伝統野菜は、どれもそれぞれに個性や多様性があり魅力があるのですが、これらの種を守り、後世に継ぐことは容易ではありません。

なぜならF1種の野菜と比べると、それぞれの野菜の成育のスピードが異なるため一気に収穫することが困難なのです。また、形や色も均一で見かけがきれいなものが良いという偏った情報がいまでも根強く残っていて、現在の日本の流通には適していません。

ですが、、、もしも伝統野菜が絶滅してしまったら、
農家は作物から種を採ることができなくなります。
種は種会社から購入するしかありません。

そうなると、種会社が野菜の作付けや流通を支配することになります。
もしも、F1種が遺伝子組み換え種に取って代われば、私たちは遺伝子組み換え作物しか口にすることができなくなります。

もちろん、F1種が全面的にダメなわけではありません。
大量生産に向いており、今の日本の農業や食を支えています。
大事なことは、消費者であるあなたや私たちが自由に選択できる環境を守ることです。ですので、本物の自然野菜である伝統野菜を子ども達に残し渡すことを諦めることは絶対にできません。
 


=========================
 自己紹介
=========================


私は農家の長男として生まれ育ちました。
学校を卒業後は特別支援学校に教師として勤めました。

新婚旅行中にとある雑誌の記事を偶然目にしました。
有機農家の岩崎政利さんの「黒田五寸人参の種を採り続けて30年」という記事でした。旅行後もずっとその記事が気になっていました。

地元の在来•固定種を中心に年間約50種類の野菜の種採り栽培をされている岩崎さんは、奇遇にも私の地元の雲仙市で種の自然農園を営んでいました。

その岩崎さんと直接会って話が聞きたいと思っていたところ、幸運にも講演会があり話を聞くことができました。
講演会では、今まで知らなかった種の持つ魅力や生物の多様性、種採りの素晴らしさを感じ、強い衝撃を受けました。

その頃には、10年勤めた特別支援学校を退職し、農家の長男としてハウス野菜を継ぐため両親と働いていました。
しかし、岩崎さんとの出会いをきっかけに両親の反対を押し切って3年働いた親元を離れ、2016年に、有機農業法人で研修を受けました。
11月に研修が終了し、有機農法で種採り農家になりました。

現在、自分の畑で野菜を作り種を自家採取しています。
二人の子供の親となり、種を守り繋げる重要性が理解できるようになりました。
種から種まで一生付き合う。
地域の環境に合った種を育て、地域で生まれた野菜を次へ繋いでいきたい。
絶滅の危機のある日本伝統の野菜を守り、次世代に残すことが私の人生のミッションとなりました。


=========================
 トレーラーカーを購入する理由
=========================


伝統野菜を守り伝えるには、伝統野菜の素晴らしさと本当の価値を多くの人に知ってもらう必要があります。

今回のプロジェクトで「タイニーハウス」とよばれるトレーラーを購入し、野菜の移動販売をします。
伝統野菜の存在を多くの人に知ってもらうため朝市やイベントなどで野菜やそれらの加工品を販売したいと考えています。
あなたの町に伝統野菜を持っていくことも可能になります!

トレーラーカーを使って伝統野菜と伝統野菜の価値をお伝えして行きます。
そのトレーラーカーを購入するための資金をご支援ください!
 

購入予定のトレーラーカーです。


=========================
 あなたへのリターンです
=========================


¥3,000コース

感謝の気持ちを込めてメールを送らせてもらいます!
■サンクスメール

¥5,000コース

古代米セット
■感謝の気持ちを込めたサンクスレター
■無農薬、無化学肥料の黒米、赤米のセット(各200g)

¥10,000コース

かたつむり古代米と種どり野菜
■感謝の気持ちを込めたサンクスレター
■無農薬、無化学肥料の黒米(200g)
■季節の種どり野菜セット

¥20,000コース

かたつむり古代米、古代米の玄米餅、種どり野菜セット
■感謝の気持ちを込めたサンクスレター
■無農薬、無化学肥料の黒米・赤米(200g)
■季節の種どり野菜セット
■緑米の玄米餅(20個入)

¥50,000コース

かたつむり米米・野菜セットとタイニーハウス乗車体験
■感謝の気持ちを込めたサンクスレター
■無農薬の新米5kg
■無農薬の黒米200g
■種どり野菜セット
■タイニーハウス乗車体験(軽食付き)

¥100,000コース

かたつむりバラエティーセットと食事付き体験ツアー
■感謝の気持ちを込めたサンクスレター
■無農薬の新米5kg
■無農薬の黒米200g
■種どり野菜セット
■野菜収穫体験
■タイニーハウスにて絶景を見ながらのランチ

¥200,000コース
◼感謝の気持ちを込めたサンクスレター
◼会社名を入れた広告を車体に掲載(1年間)


人間は地球に存在して以来、食べることによって命を繋いできました。
何十年、何百年と継がれてきた種はその地域に住む人たちの生活の文化であり歴史そのものです。
種を守り、未来に生きる子どもたちに種という命のバトンを繋げたいと思います。

 



=========================
 具体的なステップ
=========================


1:あなたのご支援する金額リターンの項目から「このリターンを購入する」ボタンを押します。

2:あなたのメールアドレスか、Facebookアカウントで新規登録してください。
Facebookアカウントならボタン一つで簡単に登録できます。

3:リターンの金額を確認して次へ進みます。

4:支払い方法を選んで進めてください。
カード払いと銀行振込が選択できます。

5:必要事項を記入して「支援を確定する」を押して完了です。

=========================
 最後に
=========================


私たちの農園では、小さな生き物や動物、人、命ある全てのものが循環し、四季折々の野菜の花が咲き、森の中で時が止まったように美しい。
そして、誰もがほっと一息でき、「おいしいーー!」が響き渡る農園を作っていきたいと考えています。そんな農園作りにご協力、ご支援頂けたら幸いです。
そしてぜひ、遊びにおいでください。どうぞよろしくお願いします!
 

私とこどもとお野菜の写真です。