READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

鳴子温泉・岩下こけし資料館・大雪で壊れたこけし塔の修復を行いたい!

遊佐 妙子

遊佐 妙子

鳴子温泉・岩下こけし資料館・大雪で壊れたこけし塔の修復を行いたい!

支援総額

5,037,000

目標金額 1,000,000円

支援者
452人
募集終了日
2022年11月7日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

 

 

 

達成の御礼とネクストゴールについて

 

この度は岩下こけし資料館のクラウドファンディングを応援いただき誠にありがとうござます。

 

皆様からたくさんのご支援により9月28日よりスタートいたしましたクラウドファンディングですが、支援募集開始から3日目に目標金額である100万円を達成させていただきました。

 

多くの皆様からの多大なご支援をいただき心が震える感動を覚えました。

 

本当にありがとうございました。深く感謝申し上げます。皆様からの応援メッセージも多数頂戴し、こんなにもこけし塔を愛していただいていた事にも感謝いたしております。

 

お一人お一人のメッセージに勇気づけられ胸が熱くなりました。ご支援してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

 

このクラウドファンディングが成立しなければ修繕そのものを見直さなければなりませんでしたし、クラウドファンディングに挑戦しようと思った時もどれくらい皆様に応援していただけるのかわからず正直不安だけでした。

 

しかし、皆様からのたくさんのご支援によりおかげ様で、こけし塔の修繕を行う事ができる様になり心から感謝申し上げます。

 

たくさんのコメントやメッセージで、こけし塔に対しての想いに共感していただいたお言葉や”頑張って“というお励ましのコメントをいただく度にたくさんの方々に支えられて今、目標に向かって取り組めている事を実感しております。又、皆様のご好意に必ず報いる様にという想いでいっぱいです。本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

 

そして現在修繕に向けて準備が進んでおりますが誠に申し訳ありませんが、ネクストゴールを設置させていただきたくお願い申し上げます。

 

初めの目標額よりもかなり高くなってしまい申し訳ありません。ネクストゴールの目標額として大変勝手なのですが、当初の目標額に220万円をプラスしました320万円でございます。

 

ネクストゴールの目標額の設定理由といたしましては、この度皆様にご支援をいただきましたこけし塔と向かい合わせにもう一つのこけし塔がございます。この塔もこの度修復させていただく塔と同じ時期に建てられたこけし塔です。

 

建っている年数から見ましても修復する塔と同じで、建ってから40年程になります。いつ何があってもおかしくないような状況です。このもう一方の塔の心配をして下さる方々もおり業者さんに相談してみたところ、まさにその通りでいつ破損するかわからないという事でした。

 

当初はこの度ご支援をお願いしましたこけし塔の修繕が終わりましたら、もう一方のこけし塔は撤去を考えておりました。しかし新しくこけし塔を作るとなりますと1000万円以上もかかってしまうという事でしたので撤去してしまえばもう再建は完全できなくなってしまいます。

 

2つのこけし塔が向かい合わせに建ち、上り方面と下り方面に向いて皆様をお迎えしておりましたので、撤去していいかどうかかなり悩みに悩みました。撤去してしまうのはあまりにも可哀想でもあり、もう再建できないことを考えますとクラウドファンディングのネクストゴールを設置させていただければと思いました。

 

再び皆様にご無理をお願いし申し訳なく思います。もう一つのこけし塔のメンテナンスにもこの度の修復と同じ220万円の見積もりでした。再度のお願いで申し訳ありません。どうぞよろしくご支援賜ります様お願い申し上げます。

 

仮にネクストゴールの金額を達成できなかった場合は、ご支援いただきました資金で実施できる範囲で実施させていただく予定でおります。

 

皆様からのご支援の想いを決して無駄にしないよう努めてまいりたいと思いますので、どうぞ残りの期間ネクストゴールに向けて引き続きのご支援ご協力又、拡散・広報のご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2022年10月7日追記

岩下こけし資料館

遊佐妙子

 

 

ご挨拶

 

はじめまして、私は有限会社岩下、岩下こけし資料館代表の遊佐妙子でございます。国道47号線沿いに位置する岩下こけし資料館は宮城県の北西部にあり、山形県や秋田県の県境にもほど近い鳴子温泉にございます。

 

国道から見た資料館です。
国道から見た資料館

 

近くには観光スポットとして特に有名な鳴子峡があります。鳴子温泉は豊富な湯量と泉質の多さでは鳴子九湯とも言われ有名な温泉です。

 

鳴子温泉の観光名所「鳴子峡」当館より車で3分

 

又、昔から温泉とこけしの郷としても知られ、こけしを作る職人(こけし工人)も多く栄えた地域でもあります。

 

東北のこけし

 

こけしは東北特有の郷土人形で昔からお人形として子どもの遊び相手だったものです。義父がこけし工人(岡崎才吉 昭和57年没)だったこともあり、主人も(遊佐博志平成9年没)こけし工人として修業を重ねてまいりました。

 

主人はこけしを製作していくなかで鳴子の伝統こけしそのものをもっと皆様に知っていただき、理解を深めていただきたいという願いから岩下こけし資料館を開設いたしました。

 

館内 こけしに関する資料を展示
館内 こけしに関する資料を展示

 

館内には鳴子伝統こけしの歴史に関する資料、道具類、ロクロ、器物などを展示し無料でご覧いただいております。

 

こけし製作 遊佐妙子

 

主人が亡くなりましてからは私が主人の意思を引き継いで今日に至っております。私は結婚とともにこけしに携わってまいりましたが、描く事が好きだったせいもあり、すんなりこけしを描き始めた感じがします。

 

館内 こけしに関する資料を展示

 

東北の大自然からいただいた恵まれた木材を使ったこけしの美しさ、素朴さ、温もりなどに魅せられ伝統工芸士として日々の活動に感謝しながら製作や販売を行っております。

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

令和4年2月7日の朝、岩下こけし資料館の入り口に建っている高さ6mのこけし塔の頭部が、積り続けた雪の重みで雪と共に落下してしまいました。

 

雪の積もったこけし塔

 

例年ですとこけし塔の頭部に積もった雪は、日中になると外気の温度が上がり自然と落ちていましたが、今年は寒さも厳しくなかなか積もるばかりで落ちてはくれませんでした。こけしの頭部が落下したのは朝だったこともあり、物損的な事故もなくほっとしたのが最初の気持ちでした。

 

壊れたこけし塔

 

時間の経過とともに今まであたり前の様に存在していたこけし塔が、壊れてしまった姿を目の当たりにしますと当館のシンボルだったのは言うまでもありませんが、お客様や国道(47号線)を通られる方にとってもこの場所にしかない大きなこけしだったので目をひき、立ち寄られた方は必ずと言っていい程、写真におさめていくというこけしの塔でした。車を降りずに車窓からでも写真を撮られる方や中には、夜間でもここを通った時は写真を取られるという方もいらっしゃいました。

 

壊れたこけし塔の頭部

 

こけしの塔は看板としての役割だけではなく長い間、この場所に根ざし続け、鳴子を訪れた皆様に愛され続けてまいりました。 岩下こけし資料館を訪れていただいたお客様には、こけし製作の実演をご見学いただいり、こけしの絵づけにも挑戦していただいたりしております。

 

こけし製作実演

 

絵付け体験

 

珍しいこけしや作品を求めて多くのリピーターの方々もお立寄り下さいます。 

 

珍しい創作こけし

 

伝統こけしをはじめ普段はあまり見られない創作こけしなどの展示即売も行っておりますので、とても楽しみに訪れていただいております。

 

販売コーナー

 

この度のこけし頭部落下のことでは、ご来館された多くのお客様や各方面からお見舞いのお声をかけていただきました。又、各種報道で紹介していただきSNSでも広がりを見せました。多くの方々から暖かいお励ましをいただき深く感謝いたしております。

 

こけし頭部が壊れてから7ケ月程になりますが、今もなおご心配していただいたり写真に撮っていただいたり、この場所になくてはならないこけし塔だとういうことを実感いたしております。

 

鳴子温泉のこの場所にあったこけし塔を再びシンボルとして復活させる事が、こけしを愛してくれた皆様や、地域のため岩下こけし資料館にも大切な事なのではと思うに至りました。大きなこけし塔が道ゆく方々を見守り支え癒してくれる事を願って、是非こけし塔を復活させたいと思います。

 

しかしながら今般のコロナ禍で観光業とりわけ、こけし等土産品店は苦境に立されております。その中でこけし塔の頭部落下は修繕をあきらめなければならないほどの事態でした。こけし塔の修繕には多額の資金が必要になりました。困惑していたところ各方面からのお励ましやアドバイスを頂きました。

 

できましたらクラウドファンディングを通じて皆様のご厚意をお願いし、修繕の資金の一部を大変心苦しいのですが、ご協力をお願できればと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

プロジェクトの内容

 

岩下こけし資料館は宮城県の北西部に位置し、山形県、秋田県の分岐店にあります。新緑や紅葉の美しい鳴子温泉郷の国道47号線沿いで自然豊かな山あいにあります。令和4年2月7日(月)の朝、岩下こけし資料館の入り口に高さ6mのこけし塔が建っておりましたが、今年の冬は例年よりも降雪量が多く寒さも厳しかったせいもありこけし頭部に積もった雪がなかなか落ちませんでした。その雪の重さがこけしの頭部に加わり雪とともに落下してしまいました。

 

大雪の風景

 

こけしの塔は国道の目印になったりフォトスポットになったり多くの方々に親しまれてまいりましたが、こけし塔の修繕にあたり今般のコロナ禍で観光業はとりわけ厳しい状況にあり、自己資金だけでは修復のめどが立ちませんでした。

 

サポートして下さる方々に背中を押され修繕資金の一部をクラウドファンディングを通じてお願いできれば大変なお力をいただく事になり、鳴子にいらした皆様に大きく貢献でき今後の営業の大きな励みとなってまいります。

 

こけし塔の修繕工事には費用として全部で2,200,000円程の金額が必要となってまいります。

 

こけし頭部を胴体に戻す為の鉄骨加工や補修工事、こけしの塗装工事(こけしの表面をきれいにしてこけしの絵柄を描く作業です。)又、6mの高さの塔なのでその足場工事等の諸経費がございます。

 

雪害前のこけし塔
壊れる前のこけし塔

 

今後の運営等を考慮いたしますと岩下こけし資料館で準備できる金額は1,200,000円がぎりぎりのところですので、あと1,000,000円を皆様にご支援いただく事により、こけし塔の修繕も可能になります。そして元のこけし塔を再び、皆様にご覧いただける様になると思います。どうぞ皆様のご支援をよろしくお願申し上げる次第です。

 

できれば11月初め頃から着工し約1ケ月程の工期を経て修繕し、12月の初め頃までには皆様にお披露目ができるように頑張りたいと思います。

 

どうぞご支援をお願い申し上げます。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

 岩下こけし資料館は大崎市の観光名所の一つになっております。 山形県、秋田県方面への分岐点という重要な場所に位置する大崎市鳴子は温泉とこけしの街です。

 

こけしの塔は当館のシンボルのみならず鳴子のランドマークとして親しまれてまいりました。 このこけしの塔を復元し、こけしの塔が再び国道47号線で皆様をお迎えし道の目標やフォトスポットさらには皆様を癒したりパワーになったりと多くの方々お役に立てればと願っております。

 

こけしは江戸時代の末期頃から作られるようになったと言われております。これが伝統こけしの始まりでもあのます。 温泉とこけしの郷、大崎市鳴子の伝統産業である木地玩具(こけし)へのご理解をいただきながらこれからも岩下こけし資料館スタッフ一同地元に根ざしたこけし製作活動、販売活動に励み地域の活性化に微力ながら貢献できるように真摯に頑張ってまいります。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

スタッフ
スタッフ

 

 

リターンの詳細について

 

 

■3,000円 お気持ちコース

〇お礼のお手紙をお送りいたします。

 


 

■10,000円 福々こけし(高さ7.5cm)
遊佐妙子作(伝統工芸士)

 

〇福々こけしをお送りします。岩下こけし資料館オリジナルこけしです。丸いコロンとしている形にこけし全体に模様を絵描き、幸せや福が集まって来るイメージで制作したこけしです。又、こけしの後部には赤い文字で福を逆に書いてあります。これは入ってきた福や幸せが逃げないようにとの思いを込めました。墨絵柄と赤い絵柄の夫婦こけしです。

こけしの材料は水木です。

 


 

■30,000円 夫婦こけし8寸台付

遊佐妙子作(伝統工芸士)

 

〇夫婦こけし8寸台付をお送りします。鳴子伝統こけしです。(伝統的工芸品)材料は水木作者は遊佐妙子(伝統工芸士)こけしの可愛い表情が描彩の特徴です。台の材料は紫たん(檀)です。幅約17.5㎝ 奥ゆき12.5㎝夫婦こけしを乗せるとはえる台です。花台としてもお使いいただけます。

 


 

■50,000円 夫婦こけし1尺台付

遊佐妙子作(伝統工芸士)

 

〇夫婦こけし1尺台付をお送りします。鳴子伝統こけしです。(伝統的工芸品)材料は水木作者は遊佐妙子(伝統工芸士)こけしの可愛い表情が描彩の特徴です。台の材料は紫たん(檀)です。幅約20.5㎝ 奥ゆき14㎝夫婦こけしを乗せるとはえる台です。花台としてもお使いいただけます。

 

こけしも大きくなりますので、重量感のあるさらに可愛いこけしです。

 


 

■100,000円 夫婦こけし1尺2寸台付

遊佐妙子作(伝統工芸士)

 

 

〇夫婦こけし1尺2寸台付をお送りします。鳴子伝統こけしです。(伝統的工芸品)材料は水木作者は遊佐妙子(伝統工芸士)こけしの可愛い表情が描彩の特徴です。台の材料は紫たん(檀)です。幅約29㎝ 奥ゆき17㎝夫婦こけしを乗せるとはえる台です。花台としてもお使いいただけます。どのこけしも表情に特徴があり、こけしがみな様の心の癒しになれますように心を込めて製作させていただきました。

 

 

プロジェクト実行責任者:
遊佐 妙子(有限会社岩下)
プロジェクト実施完了日:
2022年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

こけし塔の修繕のための費用

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填いたします。

プロフィール

岩下こけし資料館代表・伝統工芸士(描彩)・鳴子木地玩具協同組合理事 ・鳴子こども園評議委員 昭和24年10月24日生(鳴子温泉生)・宮城県古川女子高等学校卒業・ 日本体育大学卒業 ・宮城県小・中学校教諭(11年間) ・昭和59年より岩下こけし資料館の経営に携わりこけしの描彩を始める。 ・宮城の伝統工芸士

リターン

3,000+システム利用料


alt

お気持ちコース(3,000円)

・お礼のお手紙をお送りいたします。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
101人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


alt

お気持ちコース(5,000円)

・お礼のお手紙をお送りいたします。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
45人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


福々こけし

福々こけし

〇福々こけしをお送りします。
岩下こけし資料館オリジナルこけしです。
丸いコロンとしている形にこけし全体に模様を絵描き、幸せや福が集まって来るイメージで制作したこけしです。
又、こけしの後部には赤い文字で福を逆に書いてあります。これは入ってきた福や幸せが逃げないようにとの思いを込めました。
墨絵柄と赤い絵柄の夫婦こけしです。
こけしの材料は水木です。
作者は遊佐妙子(伝統工芸士)
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
193人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

10,000+システム利用料


alt

お気持ちコース(10,000円)

・お礼のお手紙をお送りいたします。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
79人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


夫婦こけし8寸台付

夫婦こけし8寸台付

〇夫婦こけし8寸台付をお送りします。
鳴子伝統こけしです。(伝統的工芸品)
材料は水木
作者は遊佐妙子(伝統工芸士)
こけしの可愛い表情が描彩の特徴です。
台の材料は紫たん(檀)です。
夫婦こけしを乗せるとはえる台です。
花台としてもお使いいただけます。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


alt

お気持ちコース(30,000円)

・お礼のお手紙をお送りいたします。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


夫婦こけし1尺台付

夫婦こけし1尺台付

〇夫婦こけし1尺台付をお送りします。
鳴子伝統こけしです。(伝統的工芸品)
材料は水木
作者は遊佐妙子(伝統工芸士)
こけしの可愛い表情が描彩の特徴です。
台の材料は紫たん(檀)です。
夫婦こけしを乗せるとはえる台です。
花台としてもお使いいただけます。
どのこけしも表情に特徴があり、こけしが、みな様の心の癒しになれますように心を込めて製作させていただきました。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


alt

お気持ちコース(50,000円)

・お礼のお手紙をお送りいたします。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

100,000+システム利用料


夫婦こけし1尺2寸台付

夫婦こけし1尺2寸台付

〇夫婦こけし1尺2寸台付をお送りします。
鳴子伝統こけしです。(伝統的工芸品)
材料は水木
作者は遊佐妙子(伝統工芸士)
こけしの可愛い表情が描彩の特徴です。
台の材料は紫たん(檀)です。
夫婦こけしを乗せるとはえる台です。
花台としてもお使いいただけます。
どのこけしも表情に特徴があり、こけしが、みな様の心の癒しになれますように心を込めて製作させていただきました。
・館内芳名板で支援者様のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

プロフィール

岩下こけし資料館代表・伝統工芸士(描彩)・鳴子木地玩具協同組合理事 ・鳴子こども園評議委員 昭和24年10月24日生(鳴子温泉生)・宮城県古川女子高等学校卒業・ 日本体育大学卒業 ・宮城県小・中学校教諭(11年間) ・昭和59年より岩下こけし資料館の経営に携わりこけしの描彩を始める。 ・宮城の伝統工芸士

あなたにおすすめのプロジェクト

仙台発、政治や選挙を身近にする活動をサポートしてください! のトップ画像

仙台発、政治や選挙を身近にする活動をサポートしてください!

NPO法人メディアージ(漆田義孝)NPO法人メディアージ(漆田義孝)

#まちづくり

継続寄付
総計
12人
北海道ボールパークFビレッジに地域と観光の交流の場となるショップを のトップ画像

北海道ボールパークFビレッジに地域と観光の交流の場となるショップを

一般社団法人北海道きたひろ観光協会一般社団法人北海道きたひろ観光協会

#地域文化

27%
現在
827,000円
支援者
32人
残り
17日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする