プロジェクト概要

 

ネパールで出会った両手・右足を持たないアナンダが描く絵で絵本を作り、

売り上げを彼の生活のために寄付したい!


はじめまして。兵庫県の高校に通う高校三年生の山本しずくです。高校では生徒会長を務めていました。また、部活動はジュニア・ボランティア・クラブに所属し、ネパールの子どもたちのために教育支援募金を行ったり、災害支援募金を行ったり、日本では知的障がいを持つ方の支援を行ったりしています。

 

私はトビタテ!留学JAPAN高校生コースの国際ボランティア部門を利用し、ネパールに1か月間留学をしました。今回行うプロジェクトは、ネパール留学中に出会った両手・右足を持たない青年アナンダが、生きるために一生懸命描いている絵で絵本を作り、日本で販売するプロジェクトです。

 

しかし、この絵本を印刷・輸送するためのお金が不足しています。

そこで、皆さんのご協力が必要です。どうぞよろしくお願いします!

 

路上で絵を描いて生計を立てるアナンダの様子です。

 

 

幼い子どもを誘拐し、故意に身体障碍者に仕立て上げる…。

アナンダが障碍者になった背景には、途上国の悲しい現実がありました。

 

ネパールに留学しているときに、私は17歳の誕生日を迎えました。その17歳の誕生日に出会ったのが、アナンダでした。彼は灼熱の太陽に照らされた、埃と排気ガスがとても多い歩道の隅で、絵を描いてお金を稼いでいました。私と同世代の人が毎日道路に座って、「今日」という日を生きるために絵を描いている姿に驚き、言葉に表すことが出来ない感情に襲われました。

 

アナンダはインドのビルハ州サマスティプール村という場所で1995年1月15日に生まれました。8歳の時に再会を果たした母によると、生まれたときは両手・両足をもつ元気な子どもだったそうです。インドには幼い子供を誘拐し、故意に身体障碍者に仕立て上げる団体があるらしく、彼もその被害者の一人ではないかと言われています。なぜ、故意にそのようなことが行われるかというと、ビジネスになるからです。そのような幼い子を道路に置いておくと、かわいそうと思った現地の方や観光客がお金をくれるのです。現に、私もそのような光景を何回も目にしました。

 

彼は埃と排気ガスが空気を汚染する環境下で、猛暑のなか道端に座って描いています。その空気や暑さによって週2〜3回体調を崩しています。また、ずっと道端に座っているということもあり、背中に負担が多くかかってしまうそうです。加えて安定してお金がもらえるわけでなく、その上少額なため、家賃を払うと食べ物すら買えないほどになってしまうのです。

 

気丈に絵を描くアナンダですが、身体的・経済的な負担は非常に大きなものです。

 

 

同世代の彼の姿を見て、何かしなくてはと決意!

アナンダが描く彼自身の人生の絵本を日本・ネパールに届けたい!

 

アナンダのために何か役に立てないかと思い、私は今回の絵本作成プロジェクトを行うことに決めました。絵本の内容は今までのアナンダ自身の人生です。今までの成長のなかで何があったのか、何を感じたのかを、彼なりに描いてもらった絵に説明文をつける予定です。最後には、アナンダの写真も入れたいと思っています。

 

作成した絵本は日本での販売を予定しています。また、ネパール語と日本語をその本には入れるつもりなので、ネパールでも日本語教材として、使っていただけることを期待しています。販売で得られた利益は、全額をアナンダに寄付をする予定です。

 

アナンダの描いた絵です。彼自身のストーリーを多くの方に届けたいと思っています!

 

 

絵本を完成させ、販売するためには皆さんのご協力が不可欠です。

どうぞよろしくお願いします!


しかし、このプロジェクトを実現するためには以下の資金が必要です。アナンダのために、皆さんのお力を貸して頂けないでしょうか。
 

■資金使途について

デザイン費:38,889円
印刷費:313,333円
輸送費:217,278円
READYFOR手数料等:140,500円

​​
絵本の制作費用に加え、印刷などはネパールの会社で行う予定のため日本への郵送費も必要です。

 

私はこのプロジェクトを通して、アナンダのこれからの生活を少しでも支援するとともに、ネパールをはじめとする発展途上国の問題を多くの人に伝えることができると信じています。どうかご協力をお願いします!

 

今日もアナンダは懸命に絵を描き続けています。皆さんのご協力が必要です!

 

 

アナンダの夢は、自分のお店を持って、絵を売って生計を立てること。

その第一歩としてこのプロジェクトを成功させたい!

 
アナンダには夢があります。それは、「タメル(ネパールの観光地)で自分のお店を持ち、病気になることを気にせず、絵を売って生計を立てたい」というものです。その夢を達成するために、このプロジェクトは第一歩となります。

 

私は先進国と呼ばれる日本で生活してきた方たちに、発展途上国の問題を伝え関心を持ってもらい、アナンダの夢をかなえるための第一歩としてこのプロジェクトを成功させたいと心から思っています。皆さんのご協力をどうぞよろしくお願いします!

 

アナンダの夢を実現するために、どうか皆さんの力を貸してください。

 

リターンについて

 

・サンクスメール


・ネパールの雑貨

以下のようなブレスレット・キーホルダー・ポーチなどをお送りします!

 

 

 

・アナンダの絵本

※金額に応じて絵本に支援者としてお名前を記載致します!(希望者のみ)

 

・ネパールのストール

※画像はイメージです

 

・ネパールのコーヒー&紅茶セット

 

・ラプシ―キャンディー
ネパール固有の果実と言われるラプシ―という果物で作ったキャンディーです!
日本人好みの味で、お土産としてみんなに大人気のネパールのお菓子です。

 

 


最新の新着情報