ご支援者の皆様へ、

 

応援ならびにご支援ありがとうございます。近況をご報告をさせていただきます。

 

先日、移設を担当していただく機械屋さんが、廃業される工場との打ち合わせで10月に移設を行うということで話がまとまり、今、運送会社とも日程の調整を行っておられる状況です。

 

タイミング的には、生産シーズンに入って生産と並行しての移設となりますが、今年は秋の展示会関連は移設のこともあって入れておかなかったので、うまく出来そうに思うところです。

 

機械屋さんにも言われましたが、本来なら、人も足りていないのにたくさんの織機を残すなんて、ほかではされないというので、こんなことはしてはならないことなのかもしれませんが、やっぱり自分自身がやりたいのです。場所が許せば極端な話、すべて思いのこもった文化なので残したいというのが、ほかの人とは違う感覚かも知れませんが林与の思い、駄目駄目といわれなからも残すべきに思うところです。今回も、場所の関係で割愛しなければならない織機など出てくる可能性もあり、友人の工場などに場所を提供してもらい、分解して部品取りに回ることになりますが、それが非常に不憫に思うところで自分の限界を感じていますが、自分の甲斐性での出来る限りのことはしたいと思っております。

 

移設を無事10月に済ませ、年内にはこのプロジェクトの一応の完了を、ご報告ができるように進めたいと思っております。調整などに時間がかかり遅れ気味ではございますが、引き続きお見守りくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

林与

新着情報一覧へ