READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

コロナ鬱や精神障害者と共に短時間で働け、繋がれる居場所をつくる。

大山智明

大山智明

コロナ鬱や精神障害者と共に短時間で働け、繋がれる居場所をつくる。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月3日(水)午後11:00までです。

支援総額

30,000

目標金額 800,000円

3%
支援者
10人
残り
4日
10人 が支援しています
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月3日(水)午後11:00までです。

1お気に入り登録
1人がお気に入りしています
新着情報はまだありません

リターン

1,000

「過労死で逝った君へ」(電子書籍)の閲覧ができます。

「過労死で逝った君へ」(電子書籍)の閲覧ができます。

私の書いた電子書籍を閲覧できます。

過労⇒鬱⇒自殺となった私の弟について執筆しました
「過労死で逝った君へ」(電子書籍)あきやまともあき作
を閲覧できます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月
このリターンを購入する

2,000

「双極性障害者になった私」(電子書籍)の閲覧ができます。

「双極性障害者になった私」(電子書籍)の閲覧ができます。

ブラック企業への転職を機に鬱を発病。パワハラやいじめに耐え12年目にして「双極性障害者」と診断されました。
躁から消極性障害者になるまでの過程と1年で2ヶ月半の入院そして保護室という名の牢屋へ閉じ込められました。
こんな思いをする方を一人でも減らしたいとの思いで内面を執筆致しました。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月
このリターンを購入する

5,000

電子書籍2冊の閲覧および手紙の進呈

電子書籍2冊の閲覧および手紙の進呈

過労⇒鬱⇒自殺の構図を周知して一人でもこの社会が生み出した病の患者を減らしたい。電子書籍の閲覧後、記述内容とあてはまりそうな方が居ればお声がけしたり、相談に乗ったりして欲しいと思います。鬱は社会が生みだした病だと考えており決して他人ごとではないはずです。
 アンケートの内容を踏まえ、お礼のお手紙を差し上げます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月
このリターンを購入する

100,000

貴方の自分史(電子書籍)を執筆致します。

貴方の自分史(電子書籍)を執筆致します。

貴方の自分史を作成致します。
販売目的ではございません。
原稿用紙30枚前後のボリュームになりますが、貴方の生きた証になるとおもいます。
尚、対面してお話を伺い、作成致しますので、遠方の方の
旅費はご負担いただきます。その場合、安いルートかご指定の方法で移動致します。
1冊仕上げる為には1週間程度かかりますのでスケジュールは調整させて下さい。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2021年9月
このリターンを購入する
プロジェクトの相談をする