プロジェクト概要

**ネクストゴールに挑戦します!**(7/28追記)

 

AlonAlonとして初めてのクラウドファウンディングは皆さまの温かいご支援を賜り目標額を僅か4日で達成いたしました。

 

この目を疑うスピードでの達成、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

そして募集期間の残り56日間でネクスト・ゴールを目指します!

 

現在お預かりしている金額は1,095,000円、胡蝶蘭の苗を1,095株買うことができます。

 

9月に稼働するAlonAlonオーキッドガーデンの年間栽培数は約20,000本

 

しかしながら、新しい温室に新しい職員、そして新しい利用者(障がい者)を迎えての胡蝶蘭栽培ですので今年は以下のような栽培計画を立てております。

9月:500株、10月:1,000株、11月:1,000株、12月:1,000株

合計3,500株

 

3,500,000円あればAlonAlonオーキッドガーデンで今年必要な胡蝶蘭の苗を全て購入することができます。

 

ネクスト・ゴールはプラス2,405,000円を目指してまいりたいと存じます。

プロジェクト終了まで引き続きご支援よろしくお願い申し上げます

良ければこのままプロジェクト本文もご覧ください。

 

 NPO法人AlonAlon 那部智史

 

8月にオープンする温室で育てる胡蝶蘭の苗のオーナーを募集します!
あなたのご支援で、障がい者の所得を増やすことができます。

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。NPO法人AlonAlonの那部智史です。私たちは知的ハンディキャップを持った方と一緒に、胡蝶蘭の栽培・販売を行っています。

 

私には最重度知的障がいを持つひとり息子がおります。そして知的障がい者施設を見学した時に、施設の方よりこんなお話をしていただきました。

 

『入所し始めた頃は毎週のように親類の方が面会に来ていたのに、次第に月に1回、半年に1回、年に1回、ついには何年も面会に来なくなってしまいます。なのに入所者は毎日のように、電話きた?と面会申込の有無を聞いてくるのです。』涙が出てきました。

 

しかし親類が面会に来なくなるには理由があります。それは多くの知的障がい者の施設は、所得の低い人でも入所できるように設備・サービスなど全てについてローコストで設計されているからです。親類縁者でさえも、普段の自分たちの生活レベルと比較してあまりにもひどい環境で、いたたまれなくなり来れなくなってしまうそうです。

 

そこで私は今回のプロジェクトを通じて、知的障がい者の方々に人間的な生活をするために必要な所得を、お花の栽培を通じて得てもらいたいと考えています。そして私の夢である『親が毎週遊びに来るような知的障がい者施設をつくりたい』を叶えたいと思っています。

 

今年の8月に胡蝶蘭栽培で月額工賃10万円を目指す就労継続支援B型事業所を千葉県富津市に開設いたします。今回のプロジェクトでは、年間20000株必要な胡蝶蘭の苗のうち1000株分を募集します。この募集は年1回させていただく予定です。

 

100万円のご支援で、1本1,000円の苗を1,000本購入することができます。皆さまには1万円のご支援ごとに1本の胡蝶蘭をお届けし、残りの9本は一般販売し、その収入は障がい者の所得となります。どうか胡蝶蘭の苗のオーナーとなり、障がい者の所得向上にご協力をよろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
平均1.4万円の障がい者の月収を10万円に引き上げます。
どうか応援よろしくお願いいたします!

 

時給換算するとわずか176円。
これでは障がい者が自立した生活をすることはできません。

 

平成24年度の厚生労働省の調査では、就労可能な障がい者の平均月収は14,190円、時給に換算するとわずか176円でした。障がい者年金の約90,000円を加えても月収は104,190円にしかならず、日本国憲法第25条にあるような「健康で文化的な最低限の生活を営む」ことは非常に難しいと思われます。

 

 

かつて日本の障がい者雇用の大きな担い手は、町工場や商店などの中小零細企業でした。町内コミュニティーのなかで自然と障がい者雇用は進められてきたのです。

 

しかし、中小零細企業を取り巻く経営環境は年々厳しくなり、次第に大企業による義務雇用の割合が多くなってきました。これにより、統計上の障がい者雇用は大きく伸びましたが、知的障がい者と精神障がい者の雇用環境は依然として厳しい状況が続いています。

 

身体障がい者の雇用は増えましたが、
知的障がい者と精神障がい者の雇用は依然厳しい状況です。

 

障がい者だから「かわいそう」で買ってもらいたくない。
競合以上の品質で「どうせ買うなら社会貢献を」と提案。

 

財団や大金持ちではない限り、多くの方は自らの生活費の中から募金を行っています。次から次と募金のお願いをしたら、それこそ募金疲れをしてしまいます。

 

私たちは、それぞれの支援者様へ既に購入を決めている物を「どうせ買うなら知的障がい者の方々の収入になる物にしませんか?」と提案しています。この「どうせ買うなら」の絶対条件が「品質において競合以上であること」です。


「かわいそう」を売ってはならない。商品やサービスの対価としていただく売上が、原価を下回っている売り方をしてはいけない。これは障がい者とその親類縁者の尊厳を守るために大切なことだと考えております。

 

私たちは一般企業と同様、きちんと成立したビジネスモデルで経営し、そして全国の月額平均工賃14,190円の障がい者の工賃を、月額10万円に引き上げたいと思っています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
作業はパートごとに分け、その人に合ったパートで働いていただいています。

 

知的障がい者の皆さんと一緒に栽培する胡蝶蘭の苗を購入し、全国に販売していきたい。

 

今回のプロジェクトでは、皆様にご支援をいただいて千葉県富津市に新たに完成する200坪の温室「AlonAlonオーキッドガーデン」で育てる胡蝶蘭の苗を購入します。温室は今年の8月末に完成し、9月稼働予定です。

 

胡蝶蘭の苗の仕入れ価格は約1,000円、3万円で30株の苗が購入できます。そして胡蝶蘭は約半年で開花して出荷することができます。

 

例えば、3万円のオーナーが購入した30株の苗は温室で働く障がい者の皆さんが半年間丹精込めて開花させ、3株分(3本立て胡蝶蘭:販売価格30000円)をオーナーの指定日・指定場所にお届けし、残りの27株分を通常通り企業に販売し、障がい者の収入にするというものです。

 

「なんだ3万円の胡蝶蘭を買うことと変わりないじゃない」と思われるかもしれませんが、そうではないと思います。

 

購入した苗が障がい者の手により、花芽をつけて成長し開花して、自身の大切な人の記念日に届けられる」そして同時に「残りの27株の花は企業に販売され働いている障がい者の収入になって生活を支える」このようなストーリーに共感していただける方を増やしていきたいと考えております。我々が目指しているのは単なる売上ではなく「共感」なのです。

 

世界的に見て知的障がい者が産まれてくる確率は2~3%と言われております、誰でも我が子に知的障がい者が産まれてくる可能性があります。逆に言えば、いま健常の我が子を授かった方の対岸には必ず障がいのある子がいるということを理解して欲しい。他人事としてではなく自分事として配慮のある社会ができると素敵だなと思っております。
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
胡蝶蘭の温室の様子

 

日本の花生産の30%を知的・精神障がい者の仕事に

 

平成29年度はお花の栽培で約1億円の売上を見込んでいます。しかし日本のお花のマーケットは1,000億円と言われておりますので、それでもわずかに1,000分の1(0.1パーセント)です。

 

今回のプロジェクトを皮切りに、名古屋・大阪・福岡にも同様の胡蝶蘭温室を建設し、目標は30%、300億円を知的障がい者・精神障がい者の仕事にしたいと考えております。

 

現在500社を超えるお客様より祝花としてご注文を頂いておりますが、企業様からの注文が全体の90%を占めており、個人のお客様の獲得ができておりません。そこで今回このクラウドファンディングを通じ、個人の皆さまにも広めていければと考えています。


そして祝い事や記念日がある時に「幸せのお裾分け」として知的障がい者・精神障がい者の皆さんが栽培したお花を贈るという「素敵な配慮のある社会」を実現したいと思っています。

 

どうか障がい者の方の尊厳を守り、所得を増やすためご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします!

 

リターン

 

みんながWINになれる「三方良し」のリターンをご用意いたしました!

 

10,000円以上のリターンは、「支援金額」=「リターンの価値・価格」となるリターンを設定しております。

例えば30,000円の場合、AlonAlonで通常販売している30,000円の商品を皆さまの大切な方へお届けいたします。

 

AlonAlonでご購入予定だった企業様は、今回のプロジェクトでより社会的貢献(CSR)ができ、母の日など大切な方へお花を購入するご予定の方は、大切な方への贈り物というだけでなく、社会貢献も出来ます。

 

そしてAlonAlonは、苗を購入するという初期コストを削減することができます。

 

さらに障害者の方は皆さまのおかげで収入を得ることができます。

 

誰か一方の人が得をするのではなく、みんながWINとなる。

 

このクラウドファンディングでみんながWINになれる仕組みを広めることができれば幸いです。


最新の新着情報