プロジェクト概要

 

大自然な魅力溢れる山梨県道志村。

 

都心から90分のこの場所に、誰もが共有意識を高く持ち、家族のように楽しめるキャンプ場をつくりたい!

 

キャンプ場の魅力はこちらをクリック

 

お礼の品の紹介はこちらをクリック

 

 

子どもたちの為に再沸騰したキャンプでまた魅力にはまり、山梨県道志村に新しいキャンプ場を企画し、つくっています。

 

はじめまして、CAMP SPACE DOSHI 2.0 発起人の河西 誠と申します。現状に満足することなくサステナブルに成長させていくことを理念に掲げ、常にアップデートすることを意識する(できる)キャンプスペースを作っています。

 

これまでは、学生時から東京で19年間、外資系小売業にて販売員で入社し、管理職として勤務してきました。

 

2016年に双子を授かり1年間育児休暇を取得。その期間、自然を育むために家族でキャンプを実施。次第に自分で運営したいと思い立ちました。

 

復職から1年後、思いを断ち切れずに家族に懇願し会社を退職。SNSなどでリサーチ後に山梨県道志村にキャンプ場の場所を決めました。現在はまず場所として開業すべく、フォロワーの皆様に活動の報告と地元の方との親睦を深めながら開業に向けて猛進しています。

 

普段から生活の一部としてキャンプをライフスタイルにしています。

 

 

ファミリーでもソロでもグループでも気軽にキャンプできる場所、そして周りの方と自然にコミュニケーションがとれるキャンプ場を作りたいと思うようになりました。

 

最初のきっかけは2年前の育児休暇中のときです。子供達にできるだけ自然の環境を与えたい!自然のなかで火を熾したり、土や木のぬくもりを感じたり、昆虫や動物を間近に見たり触れ合ったりするといった、五感をフルに使うプリミティブな体験に興味をもってほしいと、以前からの趣味でもあったキャンプに毎週末のように連れて行きました。

 

娘の幼稚園仲間と毎週末のキャンプ風景


しかし頻繁に行くためにはいろいろと課題がありました。まずは料金、貯金を使って毎週末キャンプしていたため、道具は持っていましたが、コスパは重要です。

次に予約に関して。子どもなので突発的に熱を出したりし、予約は今までのシステムだと難しい。最後に距離。首都圏からの距離は子供達のためにもとても重要です。

この3つを兼ね備えていたのが『道志の森』『ふもとっぱら』『洪庵』あたりでした。そしてこの3箇所はとても人気のキャンプ場です。都心から近くて予約不要なので、週末はいつも人でいっぱいです。

 

隣や周りの方と自然にコミュニケーションが取れるキャンプの魅力。隣のサイトへのお裾分けやたわいもない会話、焚き火を囲みながら様々な人と話すことはキャンプの醍醐味です。そんな場を提供し、一人でも多くの方がキャンプを通じて家族のような関係になれればと、いつしか自分でキャンプ場を運営したいという気持ちを持つようになりました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
はじめて見に行った時のCAMP SPACE DOSHI2.0

 

 

 

山梨県の道志村は神奈川県との境にあり、道志川とそこに注ぎ込む200以上ものたくさんの沢に恵まれています。この川に沿って自然豊かな道志の森林があり、キャンプをするにも最高のプライベート空間が整っています。


「道志みち」と呼ばれる国道413号線沿いに大変多くのキャンプ場が点在しています。そんな道志でも珍しい静寂な山側の山林に囲まれたプライベート感の高いキャンプスペースです。

 

初めてCAMP SPACE DOSHI2.0でテントを張った時の写真です。

 

そして、他のキャンプ場との大きな違いは月額定額制であることです。場所の環境を考慮して気軽にヘビーユーズしてもらえるように定額制のキャンプ場の料金システムのパイオニアとしてのチャレンジです。『ヘビーユーズ』なので節度ある定額制です。

 

定額制にした理由として道志エリアには30ほどのキャンプ場が密集しています。そしてその中で多くのキャンパーが1.2か所のキャンプ場でヘビーユースしています。そのよう場所の特徴を捉え、いつでも帰ってこれるような家族のような場所にしたいと思い定額制を試みました。

 

予約が取れなかったりという不安をもたれるかもしれませんが、20サイトで月に週末が4回なので80組は週末に1回は泊まれる計算です。みんなで予約など管理できる場をつくることで、共有キャンプスペースとして最高の空間になると思っています。また、追々はオーナー様の提案で林間サイトも拡張予定です。

会員定額制と予約をオンラインで可視化(会員制のオンラインなのでプライベートは保護されます)することで、週末からの平日へのスライドなども良い影響を及ぼすと考えてます。またインアウトも可視化なので次の入りの方を24時間のタイムラインが可能なので例えば次の方が夕方にインならば夕方前まで滞在することも可能となり、来場者がランチを食べて撤収するなど有意義に過ごすことが可能となると考えています。

また、キャンプ場としてだけではなく複合的、多目的に活用できるような『スペース』としての環境提供することでキャンプの『幅』を増やすことができると思っています。

例えば山の中でのヨガやキャンプ、ネイティブとの英会話キャンプ、ビジネスセミナーキャンプ、free wifiのある環境なので森の中でゲームのオンライン大会(e sports)などといった様々なコンテンツを道志の自然の中(非日常)で行うことができる場所を提供し都会との自然との環境融合にチャレンジしたいと考えます。

 

さらに夏休みや冬休みの終わりに学校に行きたくない子どもたちを招集し世界を広げて自信をつけてから復帰してもらえるようなプロジェクトも交錯中で、少しでも子どもたちの未来に貢献できるような場所にもしたいと考えています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
整地設計図です。区画は組むことなくフリーでサイトを組めるようにします。

 

 

基本的にすべてのキャンプスタイルに対応出来る完全プライベートな空間。

 

もともとは別荘地として開拓される予定だった場所ということもあり、山林に囲まれた静かな場所です。完全なプライベート空間で夜には遠くから聞こえる川のせせらぎと焚き火のパチパチという音、そこに広がるのは満天の星空です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
CAMP SPACE DOSHI 2.0から見える星空です。(快晴の夜は肉眼でこのくらい見えます。)

 

葉脈状に整地された斜面のオートキャンプサイトの下ではソロで森を見ながら焚き火をしながら思いにふける秘密基地のようなサイトがあり、中央には様々なキャンパーが情報交換などができる焚火交流スペースが、上段には家族連れが大きめのテントを張れるファミリーサイトでのスタイル区分けを予定しています。

 

21時以降は子供たちは眠りにつき焚火しながら星空を見上げる大人の有意義な時間、そんなキャンプ場が理想で共有することで可能だと考えます。

 

基本的にすべてのキャンプスタイルに対応出来る場所で考えています。事前にスタイルを把握しファミリー、ソロなどの区分けし、スタイル毎に居心地の良いスペースで共有するつもりです。

 

現在はまだ整備中につき6サイトほどのスペースですがここから冬の間に整地して20サイトまで拡張予定(葉脈ひな壇状)。年明け2月から3月にかけて井戸を組み上げ予定。トイレは3月からレンタル水洗トイレを半年間導入し、その後に浄化槽を設置し秋頃に目処に常設トイレを設置予定です。

 

21時以降は子供たちは眠りにつき焚火しながら星空を見上げる大人の有意義な時間

 

 

皆様からのご支援でトイレや水場などのインフラ整備と整地を行い、まずは野営場からキャンプスペースにしたいと考えています。

 

2018年7月末にTwitterをはじめて、キャンプ場を運営したい旨を拡散。中で道志の現在開拓中の場所を見つけ契約することができました。

その場所は3000㎡ほどの山林を開拓した場所で4年前にオーナー様が別荘地として開発許可を取っていて、井戸も掘ってあり電気も引いてある場所でした。オーナーさまを手伝いなから思いを伝えその場でキャンプ場として開拓させていただく運びとなりました。

 

 

まずは草刈りです。9月に2週間かけて仮払い機で終了。10月に役場に開発行為の変更を提出しキャンプ場としての許可確認、保健所の許可の確認、消防の許可の確認、水場用の浄化槽設置の減免申請確認まで終了しています。

 

草刈りのシーンです。まずは自分で必ずやります。
まずはスコップを使って整地します!スコップを制さずに重機にはいけません。
同志と一緒にスコップで切り開くシーン(やらせではありません!本気です。)
自分たちで切り開いた場所にテントを張りました。


整地に関してはオーナー様のご親戚から重機をお借りし自分で実施予定11月中に免許取得し1月から2月にかけて重機にて整地を考えています。(現在は導線上で5から6張りほどは可能ですが上下のスペースの整地)

12月中旬に電話回線工事とwifi設置工事の実施

 

皆様に支援願いたいのはインフラ整備費用です。2019年の4月15日までに以下のインフラを整えたいと考えています。

(井戸からのポンプ組み上げ 50万)
深井戸42m手汲みポンプでの組み上げと滅菌器の設置費用です。

手押しポンプ レインワールド号  180,000円
配管・ロッド @7000x50m     350,000円

(自己整地費用 10万)
重機レンタルと補強整地土の費用です。

1日レンタル ユンボ - 2~3t     相場 8000円×12日

(水場小屋設置 10万)
井戸の水場にまずは強度のテントを張る費用です。

パーゴラの設置                   50000円

管理用テント サーカスTC big           50000円


(水場用浄化槽20万)
人槽の減免により7人槽での設置費用です。

合併浄化槽 クボタKZ-7 7人槽       200000円

(浄化槽設置許可までのレンタル水栓トイレ半年30万)
水のポンプ汲上げ環境が整ったらレンタル水洗トイレを2機と手洗い場を設置します、仮設トイレと言ってもとても水洗でクリーンな環境ですのでまずはこれを設置予定です。

PE製 仮設トイレ 簡易トイレ 仮設便所 ポンプ式簡易水洗タイプ 洋式 [GX-WQP](仮)                           300000円

これで水場とトイレが完成予定します。

野営場から水場とトイレの整ったキャンプとして成長させたいと考えています。

 

 

 

皆様にCAMP SPACE DOSHI 2.0に来ていただきたい想いを込めてご用意させていただきました。

 

【キャンプスペース作りの仲間に!】キャンプスペース作り応援コース!

整地開拓前のキャンプと焚き火(1日体験)まだ開拓前のCSD2.0にて一緒にどのようなキャンプ場にしたいかなどを語りませんか。

 

場内入り口にサポーターとして支援者様のお名前を掲載させてください。 (個人名)支援者様のご支援で完成するCAMP SPACE DOSHI 2.0ですので是非お名前を提示させてください。

 

 

【一緒にオープンをお祝い!】サポーターとして場内入り口にお名前を掲載! オープン記念イベントでお会いしましょう!

 

・オープン記念イベントにご招待
インフラ整備が整ってから春を迎えるあたりでオープニングイベントを開催させていだだきます。PA機材を導入しDJやライブイベントなどを中心に焚火やBBQなどキャンプでしか楽しめないコンテンツを取り入れた企画を考えています。

※日時や詳細は後日ご案内いたします

 

場内入り口にサポーターとして支援者様のお名前を掲載させてください。 (個人名)支援者様のご支援で完成するCAMP SPACE DOSHI 2.0ですので是非お名前を提示させてください。

 

 

【定期利用キャンパーのために】2ヶ月間お試し定額パック

2ヶ月間定期利用権

CAMP SPACE DOSHI 2.0 最大の特徴でもある定額化のスターター企画

 2019年2月1日〜2019年3月31日

使い放題です。facebookの非公開グループにて可視化予約制

詳細オペレーションはご連絡させていただきます。

 

 

【未成年はNG!】「決起集会」という名の飲み会にご招待

河西 誠本人と決起集会@CAMP SPACE DOSHI 2.0
未成年は参加不可(当日年齢確認させていただきます)

ここまでの経緯や運営に至るまでの話などを晒します。同じ思いでここまで一緒に来てくれた方と是非決起集会をして今後のビジョンをとことん語り合いたいです。相談や悩みも全て聞きますしできる限りフォローさせてください。

 

 

【初めての方でも!玄人の方でも】河西 誠とキャンプ!

キャンパーとしての河西 誠が一緒にキャンプしながら
初めての方でもゼロから一緒にサポートいたします。玄人の方には滞在中の食事をご馳走させていただきます。

すべてのキャンプギアはご用意いたします。(家族でや1人でなどのキャンプスタイルはおしらせください)

到着ランチ(自家製のミートソースパスタ・絶景付き)
当日ディナー(A5の神戸牛を塩でささっと)
焚き火トーク(自家製のネイティブ直伝の焚火)
19時から温泉にも連れて行きます。
明朝の朝ごはん(自家製ホットサンド)

 

オープン記念イベントにご招待
インフラ整備が整ってから春を迎えるあたりでオープニングイベントを開催させていだだきます。PA機材を導入しDJやライブイベントなどを中心に焚火やBBQなどキャンプでしか楽しめないコンテンツを取り入れた企画を考えています。

※日時や詳細は後日ご案内いたします

 

場内入り口にサポーターとして支援者様のお名前を掲載させてください。 (個人名)支援者様のご支援で完成するCAMP SPACE DOSHI 2.0ですので是非お名前を提示させてください。

 

 

【イベント開催にも!】CAMP SPACE DOSHI 2.0 を多目的な利用として1日貸切できる権利

CAMP SPACE DOSHI 2.0 を多目的な利用として1日貸切できる権利(期間 2019 年1月20日〜2019年4月15日)
※貸切日程などはリターン成立後に相談させていただきます。

 

オープン記念イベントにご招待
インフラ整備が整ってから春を迎えるあたりでオープニングイベントを開催させていだだきます。PA機材を導入しDJやライブイベントなどを中心に焚火やBBQなどキャンプでしか楽しめないコンテンツを取り入れた企画を考えています。

※日時や詳細は後日ご案内いたします

 

場内入り口にサポーターとして支援者様のお名前を掲載させてください。 (個人名)支援者様のご支援で完成するCAMP SPACE DOSHI 2.0ですので是非お名前を提示させてください。

 

 

【法人様向け】CAMP SPACE DOSHI 2.0 の3日間 貸切とサポーターとして場内入り口にお名前を掲載!

 

CAMP SPACE DOSHI 2.0 を多目的な利用として3日貸切できる権利(WIFI完備)

(日程は相談させてください。)


場内入り口にサポーターとして支援者様のお名前を掲載させてください。 (個人法人名どちらでも可)支援者様のご支援で完成するCAMP SPACE DOSHI 2.0ですので是非お名前を提示させてください。

 

 

【法人様向け】御社にて熱く語ります!そしてCAMP SPACE DOSHI 2.0 の7日間とサポーターとして入り口にお名前を掲載!

・19年間勤めた会社を退職して独立。コネも何もないただ好きなだけの道志村にキャンプ場をゼロから作りたいという無謀でもあり不確実なものへの挑戦とビジョンと思いを御社またはCSD2.0にて熱弁させていただきます。

 

CAMP SPACE DOSHI 2.0 を多目的な利用として7日間貸切権利(WIFI完備)
※日時は追ってご相談させてください
 

場内入り口にサポーターとして支援者様のお名前を掲載させてください。 (個人法人名どちらでも可)支援者様のご支援で完成するCAMP SPACE DOSHI 2.0ですので是非お名前を提示させてください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


最新の新着情報