プロジェクト概要

 

■化学物質過敏症とは

 

後天性の疾患であり、洗剤や柔軟剤、シャンプーやリンス、タバコや農薬など常的に接するものに含まれる極微量の化学物質(香害)に反応して、精神・身体症状を示す

 

原因となる物質は様々で、そこから引き起こされる症状も、結膜炎や鼻炎、気管支炎、動悸、けいれん、不眠、うつ状態など、人によって症状は多岐に渡る。

 

世界的に見ても認知度が低く、まだ治療法も確立されていないため、薬などはなく、今できることは「原因物質を避けること」と、食事や運動などに留意し自己免疫能力を向上させること。

 

 

化学物質過敏症と向き合う、

カナリアッププロジェクトの挑戦は続いています

 

こんにちは。カナリアッププロジェクト代表の藤井千晶(ふじい・ちあき)です。私は、北海道ニセコ地域(倶知安町)菓子店「お菓子のふじいを営んでいます。

 

5年前、和菓子職人であり、私の夫である隆良(タカヨシ)が原因不明の体調不良に見舞われまれ、香害による「化学物質過敏症」という病気であることを告げられました。
 

タカヨシと向き合う中で、"多くの人が知っている"という状態だけでも作ることができれば、周りの理解は徐々に深まり、同じ症状で困っている方が前を向けるのではないかと考え、2018年に香害による化学物質過敏症を多くの方に知っていいただくHP・グッズ作成費用を集めるクラウドファンディングに初めて挑戦しました。

 

皆様のご支援のおかげで、無事に香害による化学物質過敏症について知っていただくためのブランド「カナリアップ」を立ち上げることができ、サイトと冊子の作成、化学物質過敏症だと判断がつくようなロゴやグッズの作成をさせていただきました。

 

そしてこのプロジェクトでいただいたたくさんの反響から「香害による化学物質過敏症を知っていただく」ということを微力ながら実現できたものと考えています。

 

▼過去のプロジェクトはこちら

 

前回のクラウドファンディングをきかっけに出会った支援者様や、化学物質過敏症をお持ちの方と関わる中で、どれだけ気をつけても、症状の出方がそれぞれ異なるため、化学物質過敏症ではない方と同じ場所で働く難しさや、滞在する場所を確保する必要性を感じました。

 

そこで今回は、2019年8月31日までに化学物質過敏症の方でも働ける工場兼寮「カナリアップ工場」をつくります。


今回建設する工場兼寮は、夫の隆良の化学物質過敏症の症状を基準とし、多くの方からアドバイスなどをいただきながら、その情報を検討し、建築を進めてるうちに、途中から必要な建材等が追加になったため、当初の予算よりも500万円ほど超過いたしました。

 

化学物質過敏症の方全員が住めるという確約があるわけではないですが、ここに住めて・働けて・症状が改善すれば、全国の化学物質過敏症の方が働ける場所の事例の一つになるはずです。

 

化学物質過敏症の方が働ける工場兼寮建設の実現ためにも、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

夫のタカヨシと代表千晶

 

 

第一弾クラウドファンディングのこと

 

◆「CANARIA-UP(カナリアップ)」について

カナリアップは、化学物質過敏症の原因でもある、「香害」のことを世の中に知ってもらうためのプロジェクトです。

 

また、化学物質過敏症の方々は、炭鉱でのガス察知などに使われた経緯をふまえて「カナリア」と呼ばれています。そのカナリアの認知や地位を「かなりアップ」させ、情報とサポートを提供するために起ち上がりました。そして議題にあげるという両方の意味合いで社会問題としても投げかけています。

 

香害の知名度のアップ、カナリアさんたちの気持ちのアップ、そんな様々な意味での“アップ”を目指しているので名前を「カナリアップ」としています。

 

第一弾のクラウドファンディングでは、化学物質過敏症を多くの方に知っていただき、同じ病気の方の支援になればと、ご支援いただきました皆さまのおかげで200万円の目標を達成いたしました。改めて、心よりお礼を申し上げます。

 

その後、「CANARIA-UP(カナリアップ)」というブランドを無事に立ち上げることができ、多くの方に届けるためのウェブサイトと冊子の制作、過敏症だと判断がつくようなロゴやグッズの作成をさせていただきました。

 

その活動で作成した小冊子は全国の皆様からご注文をいただき、専門家の方に内容をアドバイスいただいたわかりやすい漫画付きのものを、既に3000部を配布いたしました。

 

このクラウドファンディングをきっかけに、ご自身やご家族が化学物質過敏症だと気づいたというお声もいただきました。この活動により少しでも、化学物質過敏症を知っていただけたと実感しております。

 

 

 

カナリアップ工場をつくる理由

 

お菓子のふじいで働きたいという声を多数いただきましたが、これを機に雇用を検討したところ、化学物質過敏症の状況によって、外出自体もかなりハードルが高いケースや、仮に現地に来れたとしても、ホテルなどの滞在先が必ずしも安全ではなく、ホテルなどの滞在場所で症状が悪化してしまう可能性が十分あることがわかりました。

 

夫も、特に洗剤の匂いに反応が出て、スタッフには問題の起きない洗剤を支給し、お客様の衣類についた洗剤に反応するため、店舗から流れ込んでくる空気を遮断するドアも作業場に増設しました。

 

それで一時的に環境は改善できたのですが、降り積もる雪のように症状は悪化していきました。現在、夫は深夜1時から仕事をはじめて、スタッフがやってくる朝までには作業を終えます。

 

今ある店舗兼自宅で環境を改善しても、症状そのものが悪化し、さらにわずかな原因物質にも反応するようになりました。このように化学過敏症の方でも働きやすい環境をつくるために勤めてきましたが、いくら本人が注意・工夫をしても、ニオイにから逃れることは難しいこともわかりました。

 

そこで、カナリアさん専用の工場や寮用意できれば、より働きやすい環境を実現できるのではないかと考えました。

 

 

 

手探り状態でも、まず想いをカタチに。

化学物質過敏症の方が働ける環境をつくりたい!

 

今回のプロジェクトでは、2019年8月31日までに化学物質過敏症の方でも暮らし・働ける環境をつくるため、寮を併設した工場を建設を行います。

 

工場兼寮の建設には、以下の工夫を施します。

 

・壁や接着などから化学物質の影響が出にくい施工を実施

・空気の循環が常に行われるWB工法を採用

・水道の根幹につける浄水器の設置

・化学物質過敏症になった場合、電磁波過敏も併発することがあるので、Wi-Fiはとばさず、コンセント周りには全てアースを取り入れ、電磁波が抜けやすい環境に(ただし、工場では機械で200v動力を使うため、重度の電磁波過敏はきびしいかと思います。)

・共同使用で洗濯洗剤からシャンプーリンスまで無添加のものを用意。掃除も合成洗剤などを使用しない

・事務所の机などの事務用品オーダーメード
・自然素材のカーテンの用意

 

※症状は人によって異なるため、何が症状を悪化させてしまうのか、アンケートを実施できるように準備しております。

 

現在、化学物質過敏症に特化した職場環境は、全国的に見てもほとんどありません。この少なさ故に、働きたくても働けない化学物質過敏症患者は多いです。

 

日本中で人手不足が叫ばれる中、化学物質過敏症を配慮した職場は全国で数えるほどしかない理由には、社会(企業)が「どう対処したら良いか分からない」ということも問題点の1つとして存在します。

 

それに応えられる住環境・職場環境をつくっていこうと決意し、新工場建設へと至った次第です。試行錯誤しながらつくり上げる「化学物質過敏症に配慮した工場・寮づくり」が、他の職種においても、環境づくりの「参考例」となっていけばと考えています。

 

 

■工場兼寮の詳細

・住所:北海道虻田郡倶知安町北2条西3丁目8−2

・敷地面積:70坪

・収容人数:5名

・入居期間:未定

・居室:5畳部屋4部屋・ゲスト&タカヨシ避難部屋1部屋

・共用施設:バス・トイレ・キッチン・リビング

 

※現在こちらに住んで一緒にお菓子を作ってくれるスタッフ募集しています。

https://sweets-fujii.com/blog/2019/06/post-5292/

 

 

 

社会と化学物質化敏症との橋渡し的存在へ


私どもが職場モデルをつくり上げることにより、「社会と化学物質化敏症との橋渡し的存在」になることをこのプロジェクトで目指しています。

 

夫が化学物質過敏症になり、カナリアップとして情報発信もしているため、症状の出にくい安心な家具や、場所の話など、情報がかなり集まってきやすい状況にあります。家族として、経営者として、人を雇い入れる事業主という立場でこの問題に取り組むことになったことは、使命だと感じています。

 

家族として、患者を一番近くで見ています。経営者として、お菓子だけじゃなくカナリアップ事業する決意があります。事業主として、スタッフの雇用を作り出せる場所にいます。


カナリアップというブランドが立ち上がり、たった1年の間に人生を賭けるくらい大きなプロジェクトまで成長しました。ここまできたら、最初にご支援いただいた方を含めて、「続き」を見て欲しいですし、今後社会問題の一つとなるだろう、香害による化学物質過敏症の方を取り巻く環境をつくっていくこのプロジェクトに加わって欲しいのです。

この工場兼寮が、「化学物質過敏症患者をどう扱うべきか」というモデル参考例となり、このプロジェクトを社会へ広く伝えていくためにも、みなさまのお力添えをお願いいたします。

 

 

 

 

カナリアップ工場建設に関わっている方からの応援メッセージ

 

 

■株式会社ウッドビルド 代表取締役 寺島聡剛

WBHOUSEはカナリアたちが深呼吸したくなる家づくりに挑戦する藤井夫妻を応援します!(https://www.wb-house.jp/

 

 

■シャボン玉石けん株式会社 代表取締役社長 森田隼人
現在建設中のこの施設が、全国の化学物質過敏症で苦しんでいる方の支えとなるようにシャボン玉石けんも応援しています!(
https://www.shabon.com/

 

 

■小さな会社のブランド戦略の専門家 村尾隆介(カナリアップ ブランドデザイン担当)

香害で生きづらさ・働きづらさを感じている人は増えています。でも、世間の理解は進んでいません。そんな“カナリア”たちの認知アップとキャリアの向上の為に<カナリアップ>というプロジェクトは始まりました。香害に対応した工場の建設費、ぜひご協力ください!(https://www.starbrand.co.jp/

 

 

■ウィルウェイグループ 代表取締役社長/100年塾塾長 金村秀一

全国に先駆けて北海道・倶知安という小さな街から化学物質過敏症という取り組みをしているお菓子のふじいさん。アレルギーなどに悩む人がお多い中、この『カナリアップ』という活動を通じてここから発信できることを応援しています。より多くの人に、この活動のことを知ってもらえるきっかけとなれば何よりです。新工場の視察もお伺いしましたが、社長の覚悟は本物です。共感いただける方からの応援が何より心強いものとなるので、みなさんからの応援よろしくお願いいたします。(https://100years.tokyo.jp/

 

 

■NPO法人FDA 理事長 成澤俊輔

私は網膜色素変性症という難病を抱えながら神奈川県川崎市でNPO法人FDAという就労支援事業所の経営をしています。

 

会社や働くことをアップデートし、少しでも多くのより良い職場ができ仕事を通じて自分のことを好きになれる人が増えてほしいと思っています。そのような思いで活動をする中で藤井さんに出会い化学物質過敏症の課題に苦しむ人たちの現実を知ることができました。

 

多くの人々にこの情報が届き、多くの経営者にこの活動に興味をもってもらい、取り組みを前に進めれるよう、応援しています。(http://www.fda.jp/

 

 

資金使途について

 

目標金額との差分に関しては、融資などでの負担を検討しております。ぜひ一人でも多くの皆様より、ご支援・応援いただけますと幸いです。

 

空気の流れを良くする施工 1,000,000円
水道の根管からつける浄水器 2,000,000円
電磁波過敏対策    700,000円
化学物質を分解する窓の施工    400,000円
化学物質を出さないオーダー家具・備品関係    900,000円
Readyfor手数料(税込)    453,600円

 

必要金額合計: 5,453,600 円

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)