プロジェクト概要

無料で使えるクラウド版会計ソフトを作りたい!

 

はじめまして!東京でWEBコンサルティング会社を経営している行本と申します。会計事務所で9年間働いた後、税理士に特化したクラウドソーシング事業で創業補助金に採択され起業しました。

 

経営者にとって私が必要だと思ってるのは現在、会社にいくらの現金があって、キャッシュフローはどうなのか、経費の明細はどうなのかということだと思います。加えて期限が過ぎた取引先への入出金も表示させる予定です。

 

無料で皆様にお使い頂ける会計ソフト開発にあたり、初期開発費用が必要です。皆様のご支援をお願い致します。

 

 

(現在考えているトップページのインターフェースになります。

必要な情報をトップページ上でグラフと数字で表示させます。)

 

必要な機能を必要最低限のシステムで運営

 

とにかく会社を運営するにあたり月額で固定費がかかるサービスはなるべく利用したくない、出来る限りフリーなもので運営したいというのが私の考えです。

 

アメリカには無料でハイクオリティな会計ソフトがあるのに日本では、継続して利用するためには月額課金されてしまいます。しかも普段は使わないであろう機能も盛り沢山です。使わない機能は一切排除して必要な機能だけをシンプルに表示させ、機能するような会計ソフトがあれば便利だと思い今回こちらで募集させていただきました。

 

(渡米してアメリカの現状を調査しました。)

 

※こちらのサイトになります。

http://tax-rabbit.com

 

主な機能

 

請求書(売掛金)作成機能

・請求書を作成して取引先にメールで送り、それが仕訳に反映されます。

請求書(買掛金)管理機能

・受け取った請求書を登録することで支払期限を管理し、同時に仕訳に反映させます。

仕訳データ取込機能

・どんな形式のCSVデータでもアップロードして金額や摘要等を設定すれば仕訳として取り込むことが出来ます。

仕訳登録機能

・振替伝票のほか売上と経費で分けて入力することが可能です。

科目作成機能

・自由に科目を作成することが出来ます。

レポート機能

・残高試算表

・貸借対照表

・損益計算書

 

(取引先宛に発行する請求書の管理画面)

 

こちらで請求書を作成すると相手先にメールで送信することも可能にします。もちろん、請求書を作成すると同時に売上に入力し、入金された時にチェックすると売掛金が入金された仕訳を計上します。

 

 

「設立初期はお金がかかる!」そんな個人経営者の手助けに便利なソフトウェア

 

現在一人で経営しているような会社や設立したばかりの会社で軌道に乗るまでの間はとにかく無料で会計ソフトを使って欲しい。統計データでは設立5年で約85%の企業が廃業・倒産しているのが現状です。少しでも廃業・倒産をなくすために無駄なコストをかけずに会社を運営して欲しいと願ってます。

 

 

実はソフトウェア開発には莫大なコストが必要

 

会計ソフトを開発するには莫大な費用がかかります。しかし、使える機能を絞るので少ない開発費で賄うことが出来ると考えています。204万は初期の開発費として使用し、残りは追加機能や広告宣伝に利用したいと考えています。

 

・アーキテクチャ、DB設計:150,000円

・ログイン機能:260,000円

・ダッシュボード作成:170,000円

・請求書(売掛金)作成機能:360,000円
・請求書(買掛金)管理機能:130,000円
・仕訳データ取込機能:170,000円
・各種設定機能:200,000円
・科目作成機能:220,000円
・レポート機能:380,000円

 

その他(より多くの支援が集まれば下記を含め他の機能も追加していきます。)

・レシート保存機能:160,000円

 

<開発プロセス>

1. サンプル画面:1/9 週   
2. DB設計、基本設計、DB最適化:4/9 週
3. 請求書機能:5/9週
4. レポート機能:6/9週
5. 仕訳取込機能:7/9週
6. 科目作成:8/9週
7. 修正、最適化、本番化:9/9 週

 

どんなデータでもインポートする日付、金額、内容の列を自分で選択するのでインポートする元のデータ形式には依存しません!

 

CSVデータをインポートすると、どんな形式であれ、日付、内容、金額を自分で選択することが出来るので、わざわざ会計ソフトに合わせた形式に変換する必要がなくなります。

 

 

個人経営者が金銭の負担なく、快適に決算書を作れる時代に

 

繰り返しになりますが、とにかく経理に余計なコストをかけずに会社を運営して欲しいというのが私の願いです。法人の確定申告を自分で行うのは、どんなに簡単なものであっても知識と経験がなければかなり大変であり、そんなものに時間を使うのであれば営業活動に時間を使ったほうが効率的です。

 

しかし、決算書までなら多少の知識で誰でも作ることが可能です。決算書まで出来ていれば、確定申告を専門家に依頼したとしても安く済ますことが可能になるばかりか、決算書を読み解く力もつくと思います。多くの個人経営者が金銭の負担なく、快適に決算書を作ることのできる環境になります!

 

◆◆引換券◆◆

 

■マンスリーレポートとサンクスメール


■タックスラビットロゴ入りUSBメモリ(4G)

4GBのUSBメモリを下記からランダムに郵送致します


■ソフトウェアに製作協力者の名前が入る権利


■提携している税理士による1期分の確定申告代行(法人税、地方税及び消費税)


■アイコンのデザインを応募できる権利


■ソフトウェア名を応募できる権利


■アイコンデザインとソフトウェア名を実行者と共に相談、決められる権利