プロジェクト概要

2016年3月6日湘南台文化センターホールにて、
最高のストリートダンス公演を創りたい!

 

初めまして!日本大学4年の加島 康平と申します。私は大学のダンスサークルDancing crew EXに入りストリートダンスと出会いました。昨年は代表を務め、今年は舞台製作の副舞台監督を担当しております。私の所属するDancing crew EXでは毎年、3月にサークルの卒業生による有志で卒業公演を企画しています。毎年行われるこの公演は学生オリジナルの脚本と100人以上のダンサーが魅せるストリートダンスの融合したものです。第10回記念を迎える今回は、過去の公演を凌駕できるような公演を行いたいと考えています。

 

ストリートダンス公演を創るための舞台設備費30万円が足りていません。
最高の舞台を創るために、皆さんのお力をお貸しして頂けないでしょうか。

 

 

(今年の春公演のカーテンコールの様子)

 


Dancing crew EXについて

 

私が所属するDancing Crew EXは2001年に設立されたストリートダンスサークルです。一人のダンサーから始まったこのサークルは今では160名を超える大規模なサークルへと成長しました。4月に新入生歓迎イベント、11月に学部祭、3月に春公演、春合宿など年間を通して様々なダンスイベントを企画、製作して日々活動しています。

 

 


(ブレイクダンス、学部祭のステージにて)

 

 


(学部祭ではこんな大勢のお客さんが観に来てくださる舞台で踊ります。)

 

 

(踊る前に全員の円陣で気合いを入れます。)

 

 

監督、脚本、演出、、、全て学生がプロデュース!
オリジナルストーリーと総勢100人以上で魅せるストリートダンスの融合公演

 

Dancing Crew EXが毎年行っているこの公演は学生のみで監督、脚本、演出を行い、たくさんの想いが詰まったストーリーと100名以上のダンサーが魅せるストリートダンスが融合した大迫力かつ本格的なダンス公演です。卒業生有志の舞台監督である篠崎秀伍を中心に、仲間同士手を取り合い、意見をぶつけ合ったり、涙を流しながら創り上げていきます。1年前から公演の準備をスタートさせ、約5ヵ月前から本番まで、毎日夜遅くまで練習を重ねていきます。

 

 

(本公演のストーリーは学生オリジナルです)

 

 

(会場である湘南台文化センターホールの客席はほぼ満席)

 


今年で第10回記念、過去の公演を凌駕したい!

 

毎年行っているこの公演も今回で10回目を迎えます。この節目の機会に何かできないかと思い、過去の公演を超えるよな公演を創りたいと考えました。
過去の公演よりもより豪華に、迫力あるものにしたい!練習をいつも以上に重ねるのはもちろんのこと、演出をもっと豪華にしたいと考えました。そのための舞台の映像、照明、音響のオペレート料及び機材のレンタル費用であと30万円足りません。是非皆さんのお力をお借りしたいです。

 

 

(今年の春公演の様子)

 

 

地域活性化やストリートダンスの魅力、ひとつのモノを創り上げる素晴らしさ、繋がりや感謝の気持ちも伝えていきたい!

 

本公演は地域の方々からたくさんの協賛をいただいて成り立っております。総動員数700名の決して小さくないダンス公演を行っていくことは湘南台周辺の地域の活性化に直接的に繋がっていくと考えます。また、近年注目されてきており、多くの学生が憧れるストリートダンスの文化をつなげていくことはこれからダンスを始める人にとってもそうでない人にとっても刺激的なことなのではないかと考えます。

 

また、同じようにストリートダンスに魅せられた仲間や、これまで支えてきてくれた親御様、普段からお世話になっている方々に是非足を運んで頂いて私たちのダンスへの熱い想いや、仲間との繋がりの大切さ、1つの目標に向かってみんなで力を合わせて創りあげていくことのすばらしさ、またそんな私たちをいつも支えてくれる家族に頑張っている姿を魅せることで感謝の気持ちが伝えられればなとも思います。

 

 

(今年の公演”CHANGE"のプログラム)

 

 

(総勢160名のDancing Crew EXのメンバー)

 

 

ーーーーーーー引き換え券についてーーーーーーー

 

・サンクスレター

 

・エンドロール記載

 

Ready for×DancingCrewEX コラボTシャツ

(サイズはS,M,Lの三種類、カラー2種類からお選び頂けます)

・Ready for×DancingCrewEX コラボトレーナー
(サイズはS,M,Lの三種類、カラー2種類からお選び頂けます)