READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
緊急支援型
成立

【台風19号】緊急災害支援プログラム

READYFOR緊急災害支援プログラム

READYFOR緊急災害支援プログラム

【台風19号】緊急災害支援プログラム

寄附総額

7,340,625
寄附者
683人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
29お気に入り登録29人がお気に入りしています

29お気に入り登録29人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

※達成金額はマネックスポイントの合算表示です。(反映タイミングはリアルタイムではありません。)
※マネックスポイントの詳細はこちら

 

10月12〜13日にかけて日本列島を襲った台風19号は、全国の広い範囲に甚大な被害をもたらしました。

 

13日午後6時現在までに死者38人、行方不明者11人、重軽傷(程度不明含む)及び負傷者217人、住宅被害1万742棟などの多くの被害が出ています。(参考:総務省消防庁災害対策本部 令和元年10月15日(火)午前5時00分現在

 

画像提供:公益社団法人 CivicForce

 

READYFORでは、緊急災害支援プログラムを立ち上げ、皆さまからいただいたご支援を以下の支援団体様への活動資金として届けます。(*支援募集団体については、随時追加する可能性がございます。)

 

各団体の活動内容につきましては、新着情報にて随時更新いたしますのでご確認ください。

 

画像提供:公益社団法人 CivicForce

 

支援団体 ※【台風19号】緊急災害支援プログラムへの申請順で掲載

※「寄附をする」ボタンをクリックいただいた先で、支援先をお選びください。

※一回の支援につき選択できるのは一団体のみです。 複数の団体にご支援されたい場合には、一団体ごとに支援を一度完了いただき改めてお手続きください。

 

①公益社団法人Civic Force

★税制上の優遇措置の対象となります。

 

 

■活動地域:

長野県・千曲川周辺の被災地ほか(その他の地域も調査中)

 

■活動内容:

・緊急支援チームの被災地派遣・ニーズ調査
・被災者の救援・救助、医療・搬送支援
・緊急支援物資の調達・配布
・NPOパートナー協働事業
・ボランティア派遣 等

 

■資金使途:

上記記載の活動実施にかかる関連費用(台風19号の被災者のために活用)

 

■支援者様へのメッセージ:

ありがとうございます。一刻も早く少しでも多くの支援を届けるために尽力しています。

 

 

▷10月23日17時までの活動状況

 

税制上の優遇措置について:こちらをクリック

 

②特定非営利活動法人
ピースウィンズ・ジャパン

★税制上の優遇措置の対象となります。

 

■活動地域:

2019年10月13日時点で長野県長野市を中心に被災者支援活動を実施しています(今後の支援ニーズにより変更する可能性があります)。

 

■活動内容:

発災の翌日である13日(日)には長野市を中心に調査を実施。また、被災した医療機関の患者さんを他の医療機関への搬送も実施しました。

 

■資金使途:

2019年10月12日に東海・関東に上陸した台風19号の被災状況の調査や物資購入の際に発生した費用、および支援のために使用させていただきます。

 

なお、さまざまなサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキューおよび被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

 

■支援者様へのメッセージ:
この度はご支援・ご協力をありがとうございます。皆さまのご寄付は大切に使わせていただきます。

 

 

▷10月18日18時までの活動状況

 

税制上の優遇措置について:こちらをクリック

 

③一般社団法人 ピースボート災害支援センター

 

 

 

■活動地域:

台風19号により広範囲で河川の氾濫、洪水、土砂崩れなどが多発したことを受けて、ピースボート災害支援センター(PBV)では、10月13日から千葉県、栃木県、福島県に先遣調査チームを派遣し活動を開始しました。

 

■活動内容:

被害の全容が明らかになるまでには、しばらく時間がかかると予測されます。関係機関や各支援団体と連携しながら、物資支援、食事支援、避難所運営サポート、災害ボランティアセンター運営サポート、被災家屋の清掃など、現地のニーズに合わせた支援活動を展開していきます。活動内容は、状況に合わせて随時実施していきます。


また、9月の台風15号で多くの家屋が損壊した千葉県では、台風19号で更なる被害を受けたため、屋根の補修や応急対応などの支援活動を継続していきます。

 

■資金使途:

被害状況の調査、資機材の運搬・購入、ボランティア派遣など、被災者への支援活動に活用させていただきます。

 

■支援者様へのメッセージ:

被災された方の生活再建に向けて丁寧にサポートしていきます。
皆さまのご支援、ご協力お願いします。

 

 

▷10月13日10時までの活動状況

 

④AAR Japan[難民を助ける会]

★税制上の優遇措置の対象となります。

 

 

■支援地域:
1)長野県
2)東北方面・宮城・福島
3)北関東方面・栃木・茨城
4)千葉


■活動内容
2019年10月14日には、長野県と茨城県に向けて、10月15日には福島県に向けて緊急支援職員が出動し、関連機関と協力しながら情報収集と緊急支援活動を実施します。


■資金使途
平時から培ってきたネットワークを活かしながら、障がいのある方々など、困難
な状況下にいらっしゃる人々に支援を届ける予定です。


■支援者様へのメッセージ
取り残される人のないよう、ベストを尽くして支援活動を実施してまいります。

 

 

▷10月23日17時までの活動状況

 

税制上の優遇措置について:こちらをクリック

 

⑤公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

★税制上の優遇措置の対象となります。

 

 

■活動地域:

宮城県と福島県を中心とした初動調査の結果に基づき、緊急・復興支援活動地域を決定していきます。

 

■活動内容:

避難所における子ども特有の物品提供や子どもたちの安心安全な居場所「こどもひろば」*1の設置、緊急下における子どものこころのケア「子どものための心理的応急処置(子どものためのPFA)」*2の情報提供、学用品支援、学校・子ども関連施設の備品提供といった活動を想定しています。


*1「こどもひろば」 

*2「子どものための心理的応急処置(子どものためのPFA)」

 

■資金使途:

初動調査、物品・学用品・設備備品購入などの台風19号緊急支援活動に活用させていただきます。

 

■支援者様へのメッセージ:

子どもたちの日常性を回復するために、今、あなたのご支援が必要です。ご協力をお願いします。

 

西日本豪雨緊急支援時の活動の様子

 

▷10月20日18時半までの活動状況

 

税制上の優遇措置について:こちらをクリック

 

⑥公益財団法人
プラン・インターナショナル・ジャパン

★税制上の優遇措置の対象となります。

 

■活動地域:

長野市および近隣の被災した地域

 

 

■活動内容:

プラン・インターナショナルは、台風19号で被災した長野県にて、小中学校の先生方や地元の子ども支援団体の方々から聞き取り調査を行い、10月20日には「子どもひろば」を開設し、支援活動を開始しました。さらに、再開の目処がいまだ立たない小中学校の再開支援を実施する方向で関係者らと協議を進めています。

 

長野市および近隣の被災した地域では、学校が避難所になっていたり、閉鎖されたりしている小中学校があります。こうした学校に通う子どもたちは自宅も被災していることが多く、学用品や参考書、体操着や部活の道具などの学校生活や勉強に必要なものを新たに用意しなくてはなりません。しかし、国などからの支援ではこうしたものすべてをカバーできない可能性があります。

 

プラン・インターナショナルは、被災した小中学校の先生方と連携し、浸水した学校の環境整備、また子どもたちの家庭の被災状況に応じた支援を行う予定です。

 

■資金使途:

プラン・インターナショナルでは、東日本大震災などこれまでの国内での緊急支援で得た活動ノウハウをもとに、以下の支援活動を継続・実施予定です。

  • 学校再開支援、学用品支給
  • 「子どもひろば」の開設、運営
  • 「災害後の子どもや、子どもを支える大人たちの心のケア研修」実施

■支援者様へのメッセージ:

子どもたちが安心できる環境で過ごすことができるように、ご支援をお願いいたします。

 

 

税制上の優遇措置について:こちらをクリック

 

各団体の活動内容につきましては、新着情報にて随時更新いたしますのでご確認ください。

 

なお、本緊急災害支援プログラムでは、「★税制上の優遇措置の対象となる団体」と「税制上の優遇措置の対象とならない団体」がございます。

 

ご支援者様の情報は、「寄附金受領証明書」「領収証」等の発行のために必要となります。いただいたご支援者様の情報はREADYFOR株式会社より責任を持って各団体へお伝えさせていただきます。

 

Q&A

 

Q1 : 集まった支援金は、どのように団体に届けられますか?

【A1】

支援金は、原則募集期間が終了した3~8営業日以内に団体に送金されます。土曜日・日曜日・祝日に終了した場合には、直近の営業日に終了したものとみなし入金日を計算します。

 

 

Q2 : 通常のクラウドファンディングより募集期間が限られているのはなぜか?

【A2】

必要な資金を迅速に集めて確定させ、早期に支援活動を行う団体に送金するためです。災害支援の緊急性を鑑み、通常のクラウドファンディングでは募集期間を最長90日と設定できるところを、本プロジェクトでは30日に設定しています。

 

 

Q3 : 団体が独自で行っている募金活動とはどう違うのですか?

【A3】

今回のクラウドファンディングは、団体の緊急災害支援活動に対する資金調達、広報活動の一部という位置付けになります。より多くの方から支援をいただけるようにすることが重要になりますので、団体独自の募金活動や広報活動に加えて、READYFORのクラウドファンディングサービスの仕組みを活用させていただいております。

 

Q4 : 支援金は必ず本ページ上の活動のために使われますか?

【A4】

はい。いただいた支援金はプロジェクトページ上にて事前にお伝えした活動資金として充てられます。実際に活動がスタートしてからは、使用用途を含めた活動報告をさせていただきます。


ただ、より多くのご支援をいただいた場合、各団体の、同じ災害に関する別のプロジェクトのために使用させていただくか、あるいは別の緊急災害支援活動を立ち上げる際の資金として蓄えるという判断を行う可能性があります。


もちろん、その場合にも、プロジェクトページ上で団体から支援者の皆様に対して責任をもって報告させていただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

Q5 : 活動報告は、団体の公式HP等での発表内容とは異なりますか?

【A5】

原則、異なりません。基本的には、本ページ上で報告する内容は、団体公式の情報として公式ホームページ、ブログ、SNS公式アカウント等の内容から転載しております。本プロジェクトは、より多くの方々から支援をいただけるようにするための資金調達、広報活動の一部という位置付けになります。

 

Q6 : 緊急災害支援プログラム登録団体の選考基準は何ですか?

【A6】

本プログラムでは、下記の基準を十分に満たしている、且つ、READYFOR株式会社が適切だと判断した団体が登録することができます。
※今後、登録団体が追加される場合にはこちらで随時更新されます。


(A)以下の基準を考慮し、国内外の災害に対して過去に支援事業を行った実績があると判断できること。
・公共機関又は業界団体等から、口頭や災害協定等に基づく緊急的な出動指示、対応指示を受けたことがある。
・災害対策本部・委員会に参加するなどして被災地の現状把握、情報共有を行ったことがある。
・現地ヒアリングを実施した上でどのような活動を行うか判断し、開始から終了まで主体的な支援活動(地域外の活動も含む)を行ったことがある。
※確認資料として、以下の書類の提出を求める場合があります。
① 活動期間、人数、内容、活動先等が確認できる災害支援活動概要書
② 災害協定書、要請書、契約書、感謝状等の写し


(B)以下の基準を考慮し、国内外の災害に関する事業内容に客観的な信頼性があると判断できること。
・会計監査を受けており、その結果として定期的に事業報告書や会計報告書を一般に公表していること。
・ニュースレター、公式ホームページ、SNS公式アカウントなどで、寄附金や支援物資の使用用途含む活動内容を一般に公表していること。

 

 

もっとみる
プロフィール
READYFOR緊急災害支援プログラム
READYFOR緊急災害支援プログラム

ギフト

3,000

3,000円コース

■活動報告メールをお送りします。
■「領収証」または「寄附金受領証明書」を発行いたします。

「寄附をする」ボタンをクリックいただいた先で、支援先をお選びいただくことが可能です。
寄附控除の受けられる団体については団体名称の前に「★」で印しております。

一回の支援につき選択できるのは一団体のみです。
複数の団体にご支援されたい場合には、一団体ごとに支援を一度完了いただき改めてお手続きください。

寄附者
412人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

10,000

10,000円コース

■活動報告メールをお送りします。
■「領収証」または「寄附金受領証明書」を発行いたします。

「寄附をする」ボタンをクリックいただいた先で、支援先をお選びいただくことが可能です。
寄附控除の受けられる団体については団体名称の前に「★」で印しております。

一回の支援につき選択できるのは一団体のみです。
複数の団体にご支援されたい場合には、一団体ごとに支援を一度完了いただき改めてお手続きください。

寄附者
218人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

30,000

30,000円コース

■活動報告メールをお送りします。
■「領収証」または「寄附金受領証明書」を発行いたします。

「寄附をする」ボタンをクリックいただいた先で、支援先をお選びいただくことが可能です。
寄附控除の受けられる団体については団体名称の前に「★」で印しております。

一回の支援につき選択できるのは一団体のみです。
複数の団体にご支援されたい場合には、一団体ごとに支援を一度完了いただき改めてお手続きください。

寄附者
32人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

50,000

50,000円コース

■活動報告メールをお送りします。
■「領収証」または「寄附金受領証明書」を発行いたします。

「寄附をする」ボタンをクリックいただいた先で、支援先をお選びいただくことが可能です。
寄附控除の受けられる団体については団体名称の前に「★」で印しております。

一回の支援につき選択できるのは一団体のみです。
複数の団体にご支援されたい場合には、一団体ごとに支援を一度完了いただき改めてお手続きください。

寄附者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

100,000

100,000円コース

■活動報告メールをお送りします。
■「領収証」または「寄附金受領証明書」を発行いたします。

「寄附をする」ボタンをクリックいただいた先で、支援先をお選びいただくことが可能です。
寄附控除の受けられる団体については団体名称の前に「★」で印しております。

一回の支援につき選択できるのは一団体のみです。
複数の団体にご支援されたい場合には、一団体ごとに支援を一度完了いただき改めてお手続きください。

寄附者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

1,289,625

【マネックスポイントによる寄付】2019年10月17日

マネックス証券株式会社によるマネックスポイントによる寄付(2019/10/17時点)

寄附者
1人
在庫数
予定数終了
発送予定
2019年12月
プロフィール
READYFOR緊急災害支援プログラム
READYFOR緊急災害支援プログラム

あなたにおすすめのプロジェクト

指宿発!本のある空間を届けるブックカフェ号の運行にご支援を!

NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」

#地域文化

累計支援者数
66人
継続会員数
20人

まっちゃん八百や児童館プロジェクト ~焼き芋は地域を救う~

特定非営利活動法人にじいろクレヨン特定非営利活動法人にじいろクレヨン

#まちづくり

8%
現在
83,000円
支援者
5人
残り
54日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする