プロジェクト概要

「VEGEしょくどう」in バスク地方!大阪のコンセプトショップ「VISITFOR」が期間限定のVEGEレストランを開催します!

 

衣・食・住のコンセプトショップ「VISITFOR」、サロン「DOBEDO CUT」代表の西脇篤史と申します。これまで17年ショップ経営をして参りました。今回のプロジェクトは、無名のプロダクトデザイナーやアーティストと共に料理家yoyo.(ヨーヨー)の「VEGEしょくどう」で“食べる”を最大のテーマにしたコラボレートイベントです!

 

左上)nishiwaki atsushi、(右上)yoyo., (左下)elein fleiss、(右下)masaho anotani 

 

2016年7月16日/18日に、面白いことや楽しいことをしている人々(ファッションデザイナーやプロダクトデザイナー、料理人、フラワーアーティスト、カメラマン)と共に期間限定の「VEGEしょくどう」を企画開催しました。参加者のお力添えにより、予約もいっぱいで、無事成功に終えることができました。今回のイベントでは、若手アーティストの作品をレストランという場で体験してもらいながら伝えていくというものでした。

 

大阪でのVEGEしょくどう

 

VEGEしょくどう初のコースのメイン

 

この度、南フランス、スペイン国境近くのバスク地方のSt.Jean De Luzのいう街にEtxe Nami(エチェ  ナミ)というお店がオープンしようとしています。パリでレストランを経営しているレーナとTsunami-Addictionという音楽レーベル、イベント企画のグロリアが南フランスに移り住みディレクション。スタートさせようとしているお店は、日本文化センターとベジタリアンレストランとファッションブティックというコンセプトのお店です。


このEtxe Namiで開催するにあたりまして、雑誌の元PURPLE編集長のエレン・フライスの薬草もイベントと24歳の美術家、安野谷昌穂"MASAHO ANOTANI"の展示も同時開催します。

 

今回、フランスでの開催となるため、予算が滞在費を含め高額となるため、初期資金の一部を支援していただきたく思っております。フランスでの食材費、出展していただくアーティストの旅費など164万円が必要です。皆さま、応援よろしくお願いします。

 

etxe namiのDM

 

 

etxe namiのリノベーション風景 

 

 

不況で服や雑貨が売れないのなら、アプローチを変えてみる。
食事をしにいく、服を買いにいくというより、食事ついでに体験してほしい。

 

昨今、不況の影響で服や雑貨が売れないということをよく耳にします。当然、お店はものを売る場所という認識があります。そこで私たちは、“食”という生きるために欠かせない最大のテーマの元、新しい衣・食・住を提案するやり方もありなのではないかと考えています。

 

これまでに、「衣」に関するファッション企画を行ってきましたが、前回からお客様と共有できる体験型の何かがしたいと思い、“食べる”をテーマにした空間演出をディレクションするに至りました。楽しみ方はいろいろあると思います。vege料理家yoyo.の料理をお目当てにしてもいいですし、ファッション関係の方、飲食関係の方、その他どなたにも関心をもっていただきたいと思っています。

etxe namiブティック店内

 

etxe namiブティック店内

 

 

遠いですが、どなたでもウェルカム! 次回は日本で開催したいと思います。
VEGANは私たちが台所から実践できる小さな革命です!

 

近くで採れたやさいをおいしく“食べる”というひとつの選択。「VEGEしょくどう」は気持ちのいい、やさいのごはんを提案します。VEGAN料理を食べながら個性ある飲み物、この日のために用意されたテーブルウェアや空間をお楽しみいただけるイベントになります。

 

●日時:2017年4月15日〜19日の5日間 12:00~22:00 Lunch&Dinner

 

●場所:Etxe Nami

11 Avenue Jaureguiberry 64500

Saint-Jean-de-Luz, France

E-mail : restaurant@etxenami.com
+33 (0) 5 59 85 51 47

http://etxenami.com/ja/

 

【ご紹介】

薬草で参加 エレンフライス:


1990年代初期にパリで創刊された『Purple』。現代アート・ファッション・建築・文学などのクロスカルチャーを扱うそのインディペンデントマガジンの創始者として知られるエレン・フライスは、それ以降の時代に多大なる影響を与えてきました。エレンは、2008年に40年暮らしたパリを離れ、ポルトガルで数年過ごしたあと、2011年より家族とともにフランス南部の小さな村へ移り住むことに。

 

etxe nami文化センター

 

etxe nami文化センター

まだ知られていない素晴らしいアーティストやデザイナーが表現できる場をつくります!「VISITFOR」が提案するあたらしい衣・食・住に応援よろしくお願いします。

 

若いアーティストやデザイナーにとって、お客様の目に触れることは貴重な機会であり、モチベーションも上がります。また、ネットだけの情報ではなく、体験をしながらyoyo.の「VEGEしょくどう」で食事をするというおもしろさを是非体験していただきたいと思います。これは、VRではない体験型プレゼンテーションです。

 

料理家のyoyo.さん

 

このように“食”という生きるために欠かせないテーマで且つ、上質なやさいのみを使ったVEGEレストランで若手デザイナー、アーティストの作品に触れられる場の提供が私たちの実現したいことです。今回のプロジェクトで初期資金の一部として164万が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願いいたします!

 

 

 

etxe namiギャラリー

 

etxe namiオフィス

 

 資金使途

・食材料費
・出展者の交通費滞在費(5人、10日分)

・場所代 
・その他諸経費

 

大阪でのvegeしょくどうの開催直前

 

 


最新の新着情報