プロジェクト概要

 

君に届け!日本全国から東京23区内に花を贈る。

お花を格安で販売する仕組みをつくりたい!

 

はじめまして。東京都世田谷にある花屋、『フラワーギャラリー スローダンス』の

山崎 悟志と申します!20代は思いっきりフリーター生活。大学在学中に働き始めたバーでバーテンダーとして働き、大学卒業後もそのまま…。

その後、伊豆のサーフショップに住み込みでバイトをしていましたが、このままではいけないと一念発起!手に職をつけ、将来独立できる仕事がしたくて選んだのがお花屋さんでした。

 

生花店で6年間勉強し、2015年1月に現在の花屋さんをオープンさせましたが、ずっと感じてきた花屋の疑問を解消する答えが、今回のプロジェクトにあります。日本全国から東京23区内に花を贈りたい方に、事前注文の販売スタイルを確立することで、通常の30%引き以上の価格で提供することができます。

 

日常にお花のある生活をプレゼントしませんか?プロジェクト費用に10万円が必要となります。お花が好きな皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します!

 

  

 

 

花屋のお花の30%が捨てられている現実…。

お花が高い理由はここにある

 

生花店に勤務していたころから、どうしたら、いい花を安く提供できるのか?とずっと考えていました。皆さまは、生花店の廃棄率(捨てられてしまうお花)を御存じでしょうか?実は、この廃棄率が花の販売価格と直結してくるのです。お店によって差はありますが、一般的な例を見てみたいと思います。

 

例えばバラを100本仕入れたとしましょう。しかし、そのうち30本はお客様のもとに届くことなく処分されてしまいます。花屋には、仕入れの30%のお花が捨てられている現実があります。しかしながら、当然その30本にも生花店はお金を払って仕入れています。そのため、生花店は売れていくであろう70本のバラに、処分するであろう30本のバラの仕入れ代と利益をあらかじめ上乗せする必要があるのです。

 

 

現実的な数字で示してみると…

■30%が廃棄となった場合

仕入れ価格:100本@200で20,000円

販売価格:70本@300で21,000円

 

100本仕入れて1000円の利益しかありません…。そのため、花屋は1本の販売価格を上げていきます。1本400円にすれば、売上額は28,000円となり、1本500円にすれば、売上額は35,000円となります。ここに問題があります!つまり、店によってバラつきはありますが、200円で仕入れたバラを、かなり高く販売しなければ採算が取れないというわけです。一般的な生花店の販売価格は、原価のおよそ3倍、1本600円が相場と言われています。

 

 

 

受注発注は一石二鳥!お花の販売価格も廃棄も抑えます

 

そこで、廃棄される30本のバラに解決を見出せるのではないかと考えます。廃棄率を0%にすることができれば、販売価格をもっと抑えることができるからです。そのためには、どうしたらいいのか?答えはとても明確で、注文を受けてから、仕入れをする!この方法なら、基本的に廃棄はゼロになります。

 

もう一度、現実的な数字で示してみると…

 

■3%が廃棄となった場合

仕入れ価格:100本@200で20,000円

販売価格:97本@300で29,100円

※折れたり、痛んでいたりする花を廃棄率3%で計算

 

100本仕入れて、9,100円の利益です。さらに、1本400円にすると、18,800円の利益となります。その中間、1本350円にしても、13,950円の利益です。これは、一般的な生花店が、1本500円で売るのとほぼ変わりません。これでなら、十分やっていけるというわけです!

 

葬儀会社のイベントで、アンパンマンの花祭壇を作りました!

 

 

事前注文でメリットいっぱいのサービス内容

 

利用者に、お花を割引注文できる権利を購入していただき、ご利用金額以上の値引きをリターンとしてお付けすることで、実質負担額を0円にします。サービス内容は以下の通りになります。これにより、お客様が再度ご利用していただくことを目的とします。

 

1.    東京23区内に配達の10,000円(税別)のフラワーアレンジメントを30%引きで注文することができる

2.    東京23区内に配達の15,000円(税別)のスタンド花(一段タイプ)を30%引きで注文することができる

3.    東京23区内に配達の30,000円(税別)のコチョウラン(基本は白の3本立、約40輪以上)を40%引きで注文することができる

 

※すべての利用者に割引注文ができる権利証明書をご郵送します

※年会費・更新料・配送料などの手数料は永年無料になります

※初回ご注文時のみ、ご入金確認後のお届けします

※ご注文(初回の場合、入金)は、お届け日の3日前までになります

 

 

ありのままのお花の価値を届けて、しあわせの機会をつくる。

今こそ皆さまのあたたかいご支援が必要です!

 

地域を限定して事前注文をしていただくだけで、送料や在庫ロスをなくし、生花本来の価値で販売が可能になる。この仕組みができれば、お花を買う機会を増やすことができます。お花を贈ったり、もらったりして喜ぶたくさんの人の顔が浮かびます。

 

花屋さんとして働く傍ら、月に1回、都内2ヶ所の老人ホームでフラワーアレンジメントの講師をしています。皆さま、本当に楽しそうに、また真剣にお花を挿されています。このような光景を見たとき、花は日常に彩りをくわえてくれる存在だなぁと感じます。

 

「ひとりでも多くの人に、しあわせな気持ちになってほしい」

 

これが私たちの理念であり、最終的に目指すところです。生産者の気持ちを、そのまま届ける仕組みづくりの第一歩です。今回、プロジェクト費用として10万円が必要になります。

 

皆さま、どうかご支援よろしくお願いします!

 

老人ホームでフラワーアレンジメント教室をおこなっている映像

 

 

◆◇◆リターンについて◆◇◆

◎割引注文権

割引注文の権利(権利証明書)をご郵送させていただきます。

初回ご注文時にお値引きさせていただきます。