プロジェクト概要

「愛知県内の学生1500人が集まる、学生による、学生のための春の合同学祭」
学生の輝く姿を多くの人に伝えたい!

 

はじめまして!「祭これ」実行委員会・委員長の上山と申します。私は大学3年間、大学祭実行委員会に所属し、昨年は実行委員長として大学祭を運営しておりました。100人以上の実行委員でつくりあげた大学祭では、約2万人を動員した感動とかけがえのない思い出をつくることができました。

 

大学祭実行委員会は3年生で引退するのですが、卒業までにもっとたくさんの人たちに何かできないかと考えていました。特に、他校の学生と協力すれば、より多くの人を楽しますことができると思います。そこで、愛知県内の学生1万人を集めて合同学園祭を開催しようと決意しました!

 

2017年春に開催する第1回「祭これ」に先立ち、2016年6月5日に「祭これプロローグ」を開催いたします!そのための会場利用料が不足しています。皆さまのご協力のもと、「祭これ」を成功させたいと思っています。是非とも、ご協力お願いいたします!

 

 

混沌としていても、やってみたい!

可能性の輪を広げ、えん(縁)をつなげていく「祭これ」

 

秋の大学祭が終わった後、「合同で何かしたいね」と話はあがるものの、経済的な問題などから、思うように実行に移れませんでした。また、複数の学校の学生が集まるイベントも少なく、ましてやジャンルを越えたイベントはコミュニケーションや意思決定の難しさから組織運営がとても難しく、人間力が問われてきます。

 

しかし、異なる学校や異なるジャンルの団体が集まってひとつのことを達成しようとするとき、それぞれの持つ経験や知識が合わさり、革命的なイベントに育つ可能性があります。やってきてみて山あり谷ありの大学祭運営ですが、この経験は今後の人生に大きな影響を与えるものだと信じています。この学生主体で1万人規模のイベントを成功できたという実体験を、これからの学生さん達に是非経験してもらいたいのです。

 

 

 

「祭これ」は弱みを強みに変えた精鋭メンバーで、前向きに取り組んでいます!

 

営利目的ではない学生ならではの悩み。利害関係のない学生同士の組織なので、意見の衝突もあり、一時期20名ほどいたメンバーも、現在では10名ほどに減りました。その他にも、経済的な問題があります。ミーティングへの交通費など個人の出費だけでなく、PRしていくための宣伝費などに窮しています。初回の開催で認知度にも乏しいため、企業からの協賛金もままならず、結果、団体募集が困難になっている現実があります。

 

しかしながら、それをプラスに捉えれば、覚悟と決意と熱意をもつ「祭これ」の精鋭メンバーが集められたということです。不安な時期を乗り越え、今はフットワーク軽く、週に1、2回は愛知淑徳大学のヘアーショーでお世話になった方の独立支援施設の会議室を無料で借りて、ミーティングをしています。今後すべきことは決まっています!団体募集や事前の広報、当日の華やかな会場設営です。資金が増えれば、広報費や会場設営費が拡充され、魅力的な試みや舞台を届けることができます。

 

 

 

発表の場、交流の場、進路の場

学生主体のプラットフォームが、人も地域も明るくする!

 

学生は部活やサークル、専門課程など、何かにひたむきに打ち込む時間と選択肢がたくさんあります。そして、日々練習を重ね、大学祭などのステージでお披露目をします。「祭これ」では、せっかく真剣に取り組んできた活動なので、より大きなステージで、より多くの観客の前で発表する機会を作りたいと考えました。強いては、それが発表としての場のみならず、人を呼び込み、地域の活性化にもつながると信じています。

 

また、学生の悩みといえば進路です。高校生が大学生や専門学生の現状を知る機会や、交流する場所はほとんどありません。そこで高校生が進学後のイメージをしやすいよう、ジャンルごとに活躍している先輩たちのステージや活動内容をレポートしたいと思います。将来の就活(シュウカツ)で「学生時代に打ち込んできたことは?」といった質問に言葉が詰まることがないように、進学後のサークルや部活動のイメージをつかむきっかけになればと思います。

 

 

 

身の丈にあった規模でスタート

「祭これ」をしっかりと計画するための序章「祭これプロローグ」

 

日程:2016年6月5日

時間:11:00~19:30(予定)

※ファッションショー(60分)、ヘアーショー(60分)、団体演技@30分

会場:名古屋市オアシス21

 

 

まずは小さな会場で実績を上げ、将来的には2回目、3回目と認知されるようになってから、大きなイベントに育てていくことを考えています。とはいえ、栄オアシス21は名古屋の中心部にあり、若者が集まるにはとてもよい立地条件です。

 

「祭これプロローグ」では、愛知県の代表的な学生団体を集め、チアリーディングやダンス、よさこい、アカペラなどの演目、またブース展を用意し、ご来場者に“学生の輝く姿”をお見せしたいと思っています。

 

そして序章を経た後、2017年春には愛知県体育館で1万人の学生を集める合同学祭、第1回「祭これ」を実現したいと思っています。

 

 

学生の輝ける舞台を作るため、お力を貸してください。

 

出演団体やヘアーショーに参加する学生モデルにとって、名古屋の中心地である栄オアシス21での演舞はかけがえのない経験と大きな思い出になり、「祭これ」を見にくる学生たちにとっても、同世代の活躍は刺激となり、大きなエネルギーを持ち帰ることになると思います。きっと保護者の方々も子供たちが健全に活躍する姿をみて、その成長を喜んでくださるでしょう。

 

そのために必要不可欠なものは舞台となる会場、そこに一定の質は保ちたいと思っております。「祭これ」プロローグを開催するにあたって、全体の開催費はおよそ200万円になります。このうち、主に会場費用として40万円のご支援をお願いしたいです。皆様のご支援を心よりお待ちしております。​

 

 


◆◇◆リターン内容◆◇◆

3,000円

①実行委員からのサンクスレター
②祭これ特製ポストカード
③READYFOR限定祭これハンカチ(1枚)

 

10,000円

①実行委員からのサンクスレター
②祭これ特製ポストカード
③READYFOR限定祭これTシャツ(1枚)
④イベントホームページへのお名前の掲載

 

20,000円

①実行委員からのサンクスレター
②祭これ特製ポストカード
③READYFOR限定祭これTシャツ(1枚)
④イベントホームページへのお名前の掲載
⑤READYFOR限定祭これ有松絞ハンカチ(1枚)

 

50,000円

①実行委員からのサンクスレター
②祭これ特製ポストカード
③READYFOR限定祭これTシャツ(1枚)
④イベントホームページへのお名前の掲載
⑤READYFOR限定祭これ有松絞ハンカチ(1枚)
⑥当日のオフィシャル写真を使った額装B4ポスター

 

100,000円

①実行委員からのサンクスレター
②祭これ特製ポストカード
③READYFOR限定祭これTシャツ(1枚)
④イベントホームページへのお名前の掲載
⑤READYFOR限定祭これ有松絞ハンカチ(1枚)
⑥当日のオフィシャル写真を使った額装B4ポスター
⑦当日の様子を収めたDVD(お名前掲載付き)