プロジェクト概要

2016年3月26日(土)・27日(日)、全国の高校生チーム製作のジオラマ作品が静岡県浜松市に集結!作品に込めた思いを広く伝える感動共有イベントを開催したい。

 

はじめまして!NPO法人はままつ未来会議副理事長の足立剛と申します。私共は静岡県浜松市中心市街地の活性化と、ものづくり遺伝子の継承を目的に、当地出身在住で情景模型作家の第一人者の一人、山田卓司氏のジオラマ作品を常設展示する施設「浜松ジオラマファクトリー」を運営し、そこを拠点として、プロアマを問わず全国から募集したジオラマ作品のグランプリ大会と、高校生チームを対象とした大会「ハイスクール国際ジオラマグランプリ(通称:HiD・ヒッド)」を継続開催しています。私はそのHiDの実行委員長・事務局長を務めています。

 

しかし、大会開催準備費用で約30万円、広報宣伝経費で約10万円、参加チームの負担を軽減するための費用として約20万円、それらを合わせて約60万円が足りません。皆様、どうかお力を貸して頂けませんか?

 

(HiD2015のグランプリ「宇都宮高校チーム」の表彰式の様子です)

 

第3回ハイスクール国際ジオラマグランプリ〜HiD2016

幅広い世代の方々に楽しんでいただけると思います!!

 

日程:2016年3月26日(土)・27日(日)

会場:浜松鴨江アートセンター 101・102・103(静岡県浜松市中区)

主催:ハイスクール国際ジオラマグランプリ実行委員会

入場:無料

 

一時審査通過のジオラマ作品を会場に展示し、来場者と山田卓司氏をはじめとする著名ジオラマ作家や模型メーカーなど専門家による人気投票と、出展チーム自らによる作品のライブプレゼンテーションによる総合評価でグランプリ以下各賞を選定し表彰します。また、展示の他にも、ジオラマ作り、模型作り、ものづくりにちなんだワークショップや体験イベントやアトラクションイベントをプログラムして、多彩で賑やかな会場にして、幅広い世代の来場者に楽しんでもらえるようにします。

 

(HiD2016の告知画像です)

 

高校生5名1チームが青春をジオラマに捧げる!困難!感動!チームワーク!

 

個人で作業を行うイメージのあるプラモデルや模型づくりを、高校生5名1チームでの参加を条件として、チームワークも評価したり、作品に込めた思いを自らの言葉で伝えることの大切さと面白さ、感動を、チームはもちろん、来場者にも共感共有してもらう大会ができました。

 

2013年のプレ大会から1回目、2回目と回を重ねるごとに出場チームの皆さんにも来場者にも協賛協力をしていただいた模型メーカーの皆さんにも大変喜んでいただけましたが、予算の無いところから手作りで企画制作運営をしてきたので、広告宣伝や広報まで手が回らず、感動を広く伝えることができてきませんでした。

 

また、全国から自腹で浜松市の会場まで作品を運搬したり、来場のための交通費も自己負担で参加してもらっていますから、それに報いることができる大会運営と会場作りをしたいと考え、開催費用、広告宣伝費の土台と背景をしっかり作るためにプロジェクトを起こすことにしました。

 

(*HiD2015のグランプリ作品です)

 

仲間と学校、家族の協力のもとで一生懸命に作り上げた作品を出展するチームだけではなく、一般のお客様にも楽しんでいただけるイベントに致します!皆様、暖かいご支援をどうかよろしくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇リターンについて◇◆◇◆◇

 

・HiD2016開催記念オリジナルジオラマスターターキット

 

・ 公式グッズ

HiD公式グッズ(缶バッヂ、ステッカー、ポストカード、浜松ジオラマファクトリーグッズ、公式応援ソング「My Life・大木サキ」CD)をセットで差し上げます。

 

 

・大会カラーパンフレット

 

 

・浜松ジオラマファクトリーオリジナル、誰でもジオラマ作品づくりを始められるスターターキット

 

 

・情景作家、山田卓司氏直筆サイン入り作品写真集「情景王」

 

更に2013年のプレ大会、2014年の第1回、2015年の第2回のHiD缶バッヂを特別セットでお付けします!

 

 


最新の新着情報