プロジェクト概要

子どもたちがどんな悩みも匿名で相談できるシステムを創りだし、いじめで苦しむ子どもを救います。

 

はじめまして!セブンアーチザン合同会社 代表の森田公輔と申します。私はいじめによる自殺が後を絶たない現実に対して、自社事業のノウハウや人脈を活かして、いじめを無くすことに貢献できるのではと考えました。それは制作するホームページを通して、子どもが携帯やPCのメールで、匿名で相談できるシステムです。小さな活動ですが、多くの人の力を借りて拡散すれば、人の命を救うことになると思っております。

 

 

しかしそのためのホームページの製作費用が不足しています。小学校など公共施設と提携して行っていきます。どうか皆様のお力をお貸し頂けないでしょうか。

 

心が一番成長する時に苦しい思いをして欲しくないのです。

 

 

いじめにあった子どもたちの相談先は本当に相談しやすいものなのか。


いじめ防止対策として、『いじめ相談窓口』『24時間子どもSOSダイヤル』『チャイルドライン』『子供の人権110番』などが設けられていますが、いずれも音声電話によるもので、実際にいじめにあっている子どもがかけたりできるのかな、と疑問を抱いてました。知らない大人が出るところに電話できるような子どもなら、親や先生に相談できると思うからです。そしてニュースや新聞で見るようにいじめによる自殺は一向に無くなっていません。またいじめに発展しかねない小学生の暴力行為が過去最多になったという現状もあります。

 

 

 

もし、電話でなく、携帯やPCのメールで、しかも匿名で相談できたら電話をかけられない子どもでも利用できるのでは・・・

 

そして、同時期にアメリカで『Stop!t』というアプリが去年の夏発売され13州の78校で採用されていじめ防止に効果を表しているということをニュースで知りました。『Stop!t』は有料サービスで、個人は9ドル、学校が利用する場合は生徒一人当たり2~5ドルが毎年かかるそうです。

 

これは、いじめ被害の賠償責任を学校が問われることが多いアメリカだから成り立つのでしょうが、日本では無償で提供しないと普及しないものだと思いました。弊社は仕事でサーバのレンタルをしているので、初期制作費さえ皆様に助けていただければ、そこからは無償で提供しつづけることをお約束します。

 

私の仕事仲間である、ウェブサイト制作に携わるプロフェッショナルの面々が利益なしでIJIME.HELPを制作します。IJIME.HELPは学校や団体がいじめ相談室をネット上に開設するために、完全無料で利用できるサービスです。

 

 

小中学校だけでも全国で3万校以上ある規模に対応でき、個人情報漏えいなどに考慮したシステムです。通常仕事で行う場合は最低でも500万円は必要ですが、今回は仕事仲間の協力を得て利益なしで制作・開発してもらいます。そうした初期費用さえあれば動き出せるのですが・・

どうか皆様のお力をおかし頂けないでしょうか

 

 

学校や任意のグループで個別に相談室を設けることができます。
そして全国すべての学校で相談室を持つことを目指します

 

具体的なサービスについて

 

1.

学校やPTAなど相談を受けようとするグループがIJIME.HELPに申し込みをすると、専用の相談室が作成され、相談用の代表メールアドレスが発行されます。

 

2.

同時に発行される管理画面へのアクセス情報を使って、相談員の登録を行います。


3.

相談や通報を行うには、代表メールアドレスにメールを送信します。


4.

送られてきたメールは、匿名化されて、相談員全員に送られます。そして自分が担当になれるという人は管理画面にアクセスして自分を担当と設定します。そうすると、その人だけ生徒にメールを送ることができるようになるので、匿名メールにて相談を行います。

 


◆生徒はメールを特定のアドレスに送るだけで、IJIME.HELPサーバが、メールアドレスを自動で匿名アドレスに変換するので、匿名で相談することができます。


◆返信時は、IJIME.HELPサーバが元のメールアドレスに戻してして送ります。


◆生徒は、スマホ・携帯・PCから、いつでもどこからでも相談できます。


◆相談を受ける側は、生徒とのやり取りを一覧することができます(掲示板表示機能)


◆相談を受ける側のスマホ・PCに特別なソフト不要です。

 

 

 

 

このサービスを普及させることで一人でも多くの方にサービスを届けたい

 

これまで誰にも打ち明けられなかった子どもに、気軽に相談できる機会を提供します。既存の電話相談に二の足を踏んでいた子どもも、匿名メールなら抵抗なく苦しい心の中を打ち明けることができるようになります。そのようないじめを野放しにしない世間の目を育むためにも通報システムとして機能させることができると考えます。どうか皆様のお力をお貸し頂けないでしょうか。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー引換券についてーーーーーーーーーーー

 

 

・サンクスメール

 

 

・ホームページにお名前

 

 

・ホームページに載せたお名前にリンクを載せる権利

 

 

・学校が利用するトップ画面に広告バナーを掲載する権利

 

※掲載スペースは 8 箇所あり、ご支援が 9 社様以上の場合はローテーションにて掲載いた します。広告バナーからはご指定のホームページにリンクします。バナーは縦 50 ピクセ ル×横 180 ピクセルでバナー画像はご支給頂きます。

 

 

・相談者からのメールに広告掲載出来る権利

 

※相談者からの相談メールの末尾に、広告メッセージ(全角35文字×7行、空白含まず) を掲載します。掲載は 1 メールにつき3枠で、ローテーションにて掲載致します。

 

 

・メインスポンサーとしてサービストップページにバナー掲載

 

※IJIME.HELP のトップページに常時バナー掲載をします。バナーは縦 50 ピクセル×横 180 ピクセルでバナー画像はご支給ください。

 

 

・ガトーフェスタ ハラダ お菓子セット

※各金額に応じて種類が変わります。

 

 

・ウェブサイトのデザイン(カラー及びレイアウト)を製作段階から調整出来る権利