READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

カンボジアの麻痺患者に麻痺と共に過ごせる退院指導を行います!

カンボジアの麻痺患者に麻痺と共に過ごせる退院指導を行います!

支援総額

377,000

目標金額 500,000円

支援者
28人
募集終了日
2015年4月30日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年04月28日 10:09

チーム医療の大切さについて

こんにちは。笠原明日香です!!

 

日本では最近、当たり前のように行われているチーム医療。チーム医療では医師から看護師への指示だけでなく、各医療職種が専門分野を活かして連携しあい、患者さんの治療を行います。

 

ですが、カンボジアではチーム医療というものは、まだ一般的ではありません。

看護師もリハビリスタッフもバラバラで仕事をしており、同じ患者さんを見ているのに全く情報共有が出来ていない。そんな状態でした。

 

そこで、私たち日本医療開発機構は医療教育の一環として職種間の連携について、カンボジア現地のスタッフに教育を行ってきました。

 

はじめは何を伝えたらいいのか分からず、ギクシャクした様子が見られましたが、もともと話好きな彼ら、要領が分かってしまうとギクシャクはなくなりました。

 

職種間の連携をしたくないのではなく、ただ知らないから出来なかっただけ。そんなことがカンボジアにはまだ、たくさんあります。

 

これからもカンボジアの人たちに日本の当たり前を伝えていきたいと思います!!

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・お礼のメッセージカード
・会報最新号

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3000円の引換券に加えて
・団体名刺繍入りクロマー(カンボジア伝統スカーフ)
・NPO法人日本医療開発機構HPへのお名前掲載

支援者
14人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10000円の引換券に加えて
・トゥクトゥクの団体看板に氏名記載(プノンペン市内を3ヶ月走ります)

支援者
3人
在庫数
7

50,000

alt

30000円の引換券に加えて
・当団体理事長 北原茂実のサイン入り著書

支援者
2人
在庫数
1

プロジェクトの相談をする