プロジェクト概要

 

ヴァイオリンを購入し、北海道・上士幌町からジュニアオーケストラの結成がしたい。


はじめまして。「十勝三股楽団」の団長を務める松岡佑昌です。私はこれまで、室内管弦楽団に所属したり、吹奏楽部の顧問を務めるなど、教育現場を中心に9年ほど働いてきました。音楽に関わる生活を送ってきたことで、音楽が「国境をも超えて交流することができる貴重な資源である」と感じた私は、子どもたちに音楽を通じた交流の楽しさを知ってほしいと考え、昨年7月に「十勝三股楽団」を立ち上げました。

 

まずは子どもたちを受け入れる環境を整えるべく、知り合いの音楽経験者2人とスタートした「十勝三股楽団」でしたが、メンバー個々に広げながら参加者を増やし、現在では12名の男女が所属するまでになりました!

 

結成後、計6回ほどのコンサートを開くなどして音楽振興に努め、人口5000人の小さな町・上士幌町(かみしほろちょう)を中心に、120人ほどのお客さんが来てくれるまで、この地域で音楽を受け入れる基盤は整いつつあると実感しています。次はいよいよ子どもたちが音楽に触れる番です!

 

ジュニアオーケストラ設立にあたり、20名分のヴァイオリンを購入し、子どもたちに音楽の楽しさを知ってもらいたいと思います!どうか、スポーツだけではなく、音楽でも子どもたちが輝ける場を生みだすために温かいご支援をお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
「十勝三股楽団」の仲間たちと週1回2時間ほどの練習をしています。
写真の前列中央サンタ帽が私です。

 

 

スポーツだけではなく音楽が出来る場をつくってあげたい!

 

今、子どもたちは「挨拶ができない」など、地域との触れ合いが少ないことから様々な社会問題が指摘されるようになってきました。これは、ひとえに子どもたちだけの問題ではなく、子どもを支える大人がしっかりとケアしていく必要があります。

 

そうした思いから、音楽の楽しさを知ってもらうことで、老若男女だれとでも接しやすい環境を作ってあげたい!と、私を含めておじさん3人で立ち上げたのが「十勝三股楽団」でした。

 

また、スポーツ少年団の数は9団体あるのに対し、青少年が参加できる文化団体は現在1団体のみです。このままだと、生まれつき運動機能が発達しにくい子どもがいることを考えたとき、活躍のできる場がスポーツだけでは、悲しい想いをする子どもも出てくるかもしれません。だからこそ、音楽の世界でも子どもたちが輝ける場として、ジュニアオーケストラの存在は必要ではないかと考えています。

 

当初は、ジュニアオーケストラを設立できる力があるかどうか分からなかったため、支える側の大人の楽団から始めましたが、今では多くの経験や人脈を得ることができ、これなら実施できると確信しています!

 

「十勝三股楽団」による、昨年のクリスマスコンサートの様子①

 

ジュニアオーケストラ設立には、ヴァイオリンが必要です。

 

今回皆さまからいただいたご支援により、ヴァイオリン20台分を購入します。購入するのは通常の3/4サイズのもので、小学校3~6年生が利用しやすい大きさになっています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
こちらは、今回購入するものとは異なります。

 

対象が小学生なので、管楽器は体が出来上がっていない時期に始めても肺活量の違いなどで、効率的ではありません。そこで、合奏のしやすさ、対象年齢、指導者の有無を鑑みヴァイオリンに楽器を絞りました。複数の種類の楽器も考えましたが、指導のしやすさを考えると、まずは一種類に絞って行う予定です。

 

また、購入したヴァイオリンは「貸し出し用」として使用し、今後も長く続ける意思を持った家庭には、マイ楽器を購入していただきます。余ったヴァイオリンを「貸し出し用」として次の子どもの募集に使用する流れです。

 

まずは基盤を整えることが大事なので、「一緒にやりたい!」そう言ってくれた子どもたちのためにもヴァイオリンを購入してから子どもたちに募集をかけます!コンサートを開けるようになるまでは練習が必要ですが、これまで同様にコンサート等を実施し、大人の楽団「十勝三股楽団」とジュニアオーケストラの合奏も行えるようにしたいです!

 

「十勝三股楽団」による、昨年のクリスマスコンサートの様子②

 

子どもが広い視野と温かい心を持てることを願って。

 

これまで開催したコンサートには、小さい子どもからお年寄りまで幅広い世代の方がいらしてくださいました。

 

昨年のクリスマスコンサートでは、集客の部分ではポスターを生涯学習センターに貼った程度でしたが、120人ほどのお客様が演奏を聴きに来てくれたほどです。「団員になりたい」そのように仰ってくださる方もおり、この地域における音楽に対する興味や関心は高まっています。

 

そうした流れの中で、無事にジュニアオーケストラが設立できた暁には、福祉施設での演奏や、JICAなどで国際交流演奏をしてもらいたいと思います。出来るだけ多くの演奏が出来る場をつくる予定です。

 

どうか、小さな町から子どもたちの大きな夢へと繋がるようなジュニアオーケストラの設立に向けて、温かい応援をお願いいたします!

 

「十勝三股楽団」による、昨年のクリスマスコンサートの様子③

 

リターンについて

 

ジュニアオーケストラはこれから結成するので、コンサートなどのご招待はまだできませんが、「十勝三股楽団」よりできる限りのリターンをお送りします。

 

皆さまに見守られながら、コンサートで演奏が出来るようになるまでジュニアオーケストラを成長させますので、応援よろしくお願いいいたします!

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)