READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

    マリンスポーツで知られる水上オートバイを、レスキュー器材として活用したい~K38JAPAN~

    梅田秀幸

    梅田秀幸

    マリンスポーツで知られる水上オートバイを、レスキュー器材として活用したい~K38JAPAN~

    支援総額

    51,000

    目標金額 300,000円

    支援者
    8人
    残り
    終了しました
    募集は終了しました
    2お気に入り登録2人がお気に入りしています
    このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

      2お気に入り登録2人がお気に入りしています

      プロジェクト本文

      マリンスポーツのイメージが強い「水上オートバイ」ですが、
      実は人の命を救うレスキュー道具としての活躍が期待されています。

       

      はじめまして、K38JAPANリードインストラクターの梅田秀幸です。私たちは、マリンスポーツのイメージが強い水上オートバイで、ルールやマナー、操船並びに整備方法の教育指導を行っています。水上オートバイが災害時や緊急時のレスキュー活動に有効であることを広めるため、講習会や社会貢献活動等にも力を入れて取り組んでいます。

       

      ただ、今まで使用してきたライフジャケットやレスキューボード(フロート担架)が老朽化してきてしまいました。
      どうか皆さま、機動性に優れる水上オートバイによるレスキュー活動の普及活動に継続をお手伝いいただけないでしょうか。

       

      (水上オートバイによる救助訓練中の様子。)

      (大阪府貝塚市二色の浜公園海浜緑地でのインストラクター講習会の様子。右から2番目が実行者の梅田です。)

       

       

      社会からのイメージが悪いために、誤解されている水上オートバイ

       

      私はもともと水上オートバイが好きで、19歳で船舶免許を取得しました。マリンスポーツ財団入社後、マリンスポーツが安く、わかりやすく、手軽に遊べるよう活動してきました。しかし日本では、こんなにも四方海に囲まれていながらもマリンスポーツをする環境が整備されていないこと、遊びにくい、社会からのイメージが悪い、楽しめないことなどからも、苛まれました。日本各地でもこのような思いの方々がいらっしゃると思います。しかし、これは水上オートバイをレジャーで楽しむごく一部のマナーの悪い人たちによるものです。


      本来水上オートバイは機動性や構造上の特性に優れ、マリンスポーツや災害時のレスキュー活動に用いることができます。そこで、K38JAPANのメンバーとして、水上オートバイのイメージの向上、遊びの分野から仕事(レスキュー)という分野に従事していくことにしました。

       

      (ルールやマナーを守らなければ、社会からも排除され、楽しむどころか乗る場所さえ無くなってしまいます)

       

      水上オートバイをレスキューの利用に~K38JAPAN~

       

      私たちK38JAPANは、水上オートバイの水上安全について調査研究している団体です。このK38は、水上における法律やマナーをはじめ、安全対策や事故防止に取り組んでいく中で、水上オートバイの利用方法とレスキュー方法を教育やボートショーなどでのデモンストレーション・トライアスロン大会でのレスキュー活動を実施しています。法律からローカルルール、水上オートバイの特性から構造、操船方法まで教育は多岐にわたります。また、レスキューの心構えから救助方法(平水時、波、夜間、川など)、装備品をメインに、コンディションやロケーションが違う場合でのレスキュー方法についても指導しています。昨年は全国の海水浴場やポートなど18か所以上で開催することが出来ました。

       

      (講習中の様子。レスキュアー(救助者)である前にオペレーター(操縦者)としての育成が必要です。)

       

      (水上オートバイの運航特性を十分に理解した、安全な操縦を実践で教えています。)

       

      水上オートバイの更なる可能性


      K38JAPAN自体の活動を実施していく中で、運営体制が確立し、水上オートバイの有効性が周知してくれば、必ずや日本の水上オートバイに対する環境がよくなり、皆様に楽しいマリンライフが提供できると思います。マリンスポーツを通じて、一人でも多くの方々に安全に楽しんでもらいたいです。しかし、このようなレスキュー器材は年々進化しており、それに対応をしていかなければならないのですが、器材の購入がままならない中では、古いものを使用していかなければならない状況です。

      K38JAPANは、2008年の発足以来、(公財)マリンスポーツ財団の内部組織として活動してきましたが、K38JAPANの予算は、日本におけるシステム作りや講習会の実施等の経費だけで、器材の購入費まで行きつかない状況です。
       

      マリンスポーツを通じて、一人でも多くの方々に安全に楽しんで頂くため、どうか皆様、温かいご支援をどうぞよろしくお願いします。

       

      (K38JAPANのメンバー)

       

      K38JAPANの活動を紹介した動画です、ぜひご覧ください。

       

       

      目標金額使用用途

      講習等で使用する装備品購入費に大切に使わせていただきます。
      ①ライフジャケット ②ヘルメット ③ウェットスーツ ④レスキューボード

       

      引換券詳細

      ・ K38JAPANオリジナルステッカー

      (※ロゴイメージ)

       

      ・ 協賛者としてバナーへのお名前掲載

      下記のバナー見本に支援者様のお名前を入れさせていただきます。

       

      ・K38JAPANオリジナルTシャツ

      (※写真はイメージです。)

       

      ・ K38JAPAN水上オートバイ講習会に受講いただけます。

      日程:要相談
      場所:神奈川県平塚市リバーポートマリーナ或いは大阪府貝塚市二色の浜海浜公園
      (交通費は支援者様のご負担になります。ご了承くださいませ。)
      プログラム:基本コース(通常1日間で2万円)
        免許は持っているが、経験が浅い方のための講習
       

      ・ マリスジェットスクール(特殊小型船舶免許講習会)

       ※通常2 日間の講習で7万円

       日程:応相談

       場所:大阪府貝塚市二色の浜海浜公園
       (交通費は支援者様のご負担になります。ご了承くださいませ。)

       

      K38JAPAN HP (http://www.k38japan.com/

       

      もっとみる
      プロフィール
      梅田秀幸
      梅田秀幸
      もともと水上オートバイが好きで、現在はK38JAPANリードインストラクターとして水上オートバイの社会貢献としての使い方の普及活動を行ってい

      リターン

      3,000

      *サンクスレター&活動報告書をお贈りします。
      *K38JAPANオリジナルステッカー(1枚)をお贈りします。
      *K38JAPANのHPバナーにお名前をお入れします。

      支援者
      5人
      在庫数
      制限なし

      10,000

      3000円の引換券に加えて、
      *K38JAPANオリジナルTシャツをお贈りします。
      (TシャツはS,M,Lサイズからお選びいただけます。)

      支援者
      3人
      在庫数
      制限なし

      20,000

      3000円の引換券に加えて、
      *K38JAPAN水上オートバイ講習会にご参加いただけます。
      対象:水上オートバイの操縦免許資格保持者の方のみ

      支援者
      0人
      在庫数
      制限なし

      50,000

      10000円の引換券に加えて、
      *マリスジェットスクール(特殊小型船舶免許講習会)にご参加いただけます。
      対象:水上オートバイの操縦免許資格の無い方のみ

      支援者
      0人
      在庫数
      制限なし
      プロフィール
      梅田秀幸
      梅田秀幸
      もともと水上オートバイが好きで、現在はK38JAPANリードインストラクターとして水上オートバイの社会貢献としての使い方の普及活動を行ってい

      あなたにおすすめのプロジェクト

      指宿発!本のある空間を届けるブックカフェ号の運行にご支援を!

      NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」

      #地域文化

      累計支援者数
      66人
      継続会員数
      20人
      NEXTGOAL挑戦中

      48時間以内に被災地へ!心のケアの移動基地「DPATカー」導入を

      太刀川弘和(筑波大学附属病院災害・地域精神医学研究センター部長)太刀川弘和(筑波大学附属病院災害・地域精神...

      #医療・福祉

      128%
      現在
      6,430,000円
      寄附者
      240人
      残り
      6日

      注目のプロジェクト

      新着のプロジェクト

      プロジェクトの相談をする