水上オートバイを用いたレスキューは、1970年代の終わりごろ、アメリカの水上
オートバイレースにおける落水者の救助として始まりました。30年以上にわたっ
て培われた様々な水上オートバイの操縦技術を体系化し、教育及び救助機関として
K38を成立させたのが、創始者のショーン・アラディオ氏です。
 

※K38の意味は、古代文字からヒントを得た造語で、自然と人間の結びつきを象徴

 しています。

 

新着情報一覧へ